「緑茶」(中国 2002年)

緑の茶葉が煌く時、愛の行方を占える。
映画レビューはネタバレしません。
緑茶 [DVD]緑茶 [DVD]
ジャン・ウェン ヴィッキー・チャオ
レントラックジャパン
by G-Tools


 中国にもこういう映画があるのね・・・。

大学院に通う内気で地味な性格の女性ウー・ファンは、
理想の男性を求めてお見合いを繰り返している。
その日待ち合わせにやってきたのはチン・ミンリャン。
ファンはいつものように緑茶をオーダーし、
茶葉の揺らめきをじっと見つめる・・・愛の行方を占うために。


中国と聞いていまどき人民服を連想する人はいないでしょうが、
それにしてもファッショナブル。
髪をひっつめにして眼鏡をかけ地味なスーツ姿のファンはともかく、
ランランのドレスは華やかで垢抜けている。
ホテルのラウンジを筆頭に出てくる場所は
北京の最新スポットなのかみんなスタイリッシュ。
その影には無数のチュン父@「北京ヴァイオリン」のような
出稼ぎ労働者がいるんでしょうけれど。

でミンリャンがどうしてファンに惹かれていくのかが
さっぱりわからないのですよ・・・困ったことに。
俺(の頬)を打ったのが付きまとう理由と言われても・・・。
ランランにファンのことを聞かれて親しみやすいタイプと説明するし・・・。
元々ミンリャンの目線で描かれている映画だというのも
ピンと来ない理由のひとつだと思いますが。

ミンリャンとファンの会話、ミンリャンとランランの会話。
基本的に登場人物はこの3人。
ミンリャンは何を生業にしているのか明かされないし
(ほとんどストーカー状態で働いているシーンはなし)、
ファンにもランラン(二役のヴィッキー・チャオは本当に綺麗)にも
生活臭はないし。
ファンに緑茶占い(お湯の入ったガラスのコップに直接葉を入れ、
次第に広がって揺れる茶葉の動きで占うらしい)を教えたという
友人の家族の話も現実味は感じられない。
この映画自体、舞台は北京でなくても東京でもパリでも構わない。
その意味では無国籍なラブストーリー。

グラスの中で少しずつ開いて行くお茶の葉の動きや
鮮やかな緑色に変わる様子がこんなに美しいなんて新発見でした。
そしてラスト。
唐突な展開に呆気に取られながらも
すり硝子のテーブル越しの映像は何だかおしゃれ。
めがねはどこから出てきたんでしょう?
あの時の彼女はバックは持っていなかったんじゃ?

目の前に虹があるのに雨に打たれることはない。

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『緑茶』

210.165.9.64----この監督の映画って、わりと最近観なかった?「『我愛イ尓<ウォ・アイ・ニー>』だね。今回は『太陽の少年』『鬼が来た!』のジャン・ウェンを主演に、どちらかというとヨーロッパが取り上げそうな設定の映画にチャレンジしている」----へぇ〜っ。どんな内容?「どこから話そうかな。観た後、この映画の主人公はいったいだれだったんだろう?という一種不思議な感覚にとらわれる。いまさっき主演をジャン・ウェンと言ったけど、最初はヴィッキー・チャオ演じる大学院生ウー・ファンと、だれもが思ってしまう。

緑茶

202.248.89.962002年 中国 2006年4月公開 評価:★★★★ 監督:チャン・ユアン 撮影

緑茶/Green Tea

125.193.255.131現在公開中の「緑茶」観てきました。「ウォ・アイ・ニー」の監督を務めているチャン・ユアン監督の2003年の中国映画です。主演は「ヘブン・アンド・アース」のジャン・ウェンとヴィッキー・チャオ。「ヘブン・アンド・アース」は個人的にはちょっといまいちで(好きな方ごめんなさい)、二人ともあまり印象が無いのですが、本作「緑茶」では非常に印象的な演技を見せています。

[ 緑茶 ]やり場のない思い

210.172.160.72映画[ 緑茶 ]@恵比寿で鑑賞。コーヒーよりお茶である。お茶であれば、何杯飲んでも飽きない。というと、なんだが地味で、年寄りくさい思えてしまうが本作[ 緑茶 ]は、おしゃれである。さすが、お茶の国、中国である。“緑茶占い”好きの内気な大学院生ファンは、自分にふさわしい男性をもとめて時々見知らぬ相手とデートしていた。ある日、中年男のミンリャンと出会う。やがて彼は彼女に惹かれていくが、2人はケンカ別れしてしまう。そんなとき、ミンリャンはファンにそっくりなランランと知り合うが、彼女は

緑茶

203.131.194.84緑の茶葉がゆらめくときどこでもない孤独な都市のどこかでぬくもりを求める女と男の愛の駆け引き(ゲーム)が始まる・・・。STORY:大学院に通う内気な性格の女性ウー・ファン(ヴィッキー・チャオ)は、自分のふさわしい男性を求めて、ブラインド・デートを...

緑茶

210.172.140.254(香港版VCD)ひっつめ髪にメガネ、カチッとしたスーツを着た地味な大学院生のファン(ヴィッキー・チャオ)は、理想の結婚相手を求めてお見合いを繰り返している。彼女は見合いの席でいつも緑茶をオーダーし、茶葉の揺らぎで愛の行方を占う。その日の相手...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア