「公共の敵」(韓国 2002年)

無気力でトラブルメーカーの刑事とエリート証券マンが対決する。
映画レビューはネタバレなしです。
B000GIWP54公共の敵
ソル・ギョング
ビデオメーカー 2006-08-25

by G-Tools


 タイトルからもっとおカタイ映画だと思っていましが
 クライムサスペンス&コメディーのエンターテイメント。
 『韓流シネマ・フェスティバル2006』上映作品です。
 ソル・ギョング、イ・ソンジェ
 
ボクサーあがりの刑事カン・チョルジュンは
破天荒な言動で問題ばかり起こしている。
ある雨の夜、張り込みの最中にポンチョの男とぶつかり
トラブルになりナイフで目の下を切られてしまう。
一週間後、その現場付近である老夫婦が刺殺体で発見された。
夫婦の息子チョ・ギュファンに会ったチョルジュンは、
彼がポンチョの男と直感し・・・。


「ブラック・ダリア」と同じで元ボクサーの刑事というパターン。
汚職に押収品の麻薬の横流しにと見事な(?)悪徳警官ぶりに
チョルジュンが『公共の敵』と思いきや・・・。
(まあ、間違ってはいないんですが・・・)

被害者の老夫婦の息子エリート証券マン・ギュファン。
良き父、良き夫であり、やり手のエリート証券マンの裏の顔、
・・・家庭人、社会人の仮面の下にあるのは冷酷さ。

韓国ではタブーの親殺し。
もちろん日本でも(親でなくとも!)タブーですが、
儒教の影響の強い韓国で尊属殺人を取り上げたのは
かなりセンセーショナルだったでしょう。

瀕死の状態でシャワーを浴びる息子に絶望の目を向けながら
最期の力を振り絞った母の姿・・・酷い。

義父母の様子をギュファン妻が知らないことが「?」でしたが
後のシーンで納得。
でも被害者の身元がわかっているのに
どうして葬儀が出来ないんでしょう?
(この場合はそれではラストに繋がらないけれど)

涙の影の貧乏ゆすりにギュファンの犯行を確信するチョルジュン。
悪徳刑事を自認していた彼が許せなかった『親に手をかける事』。
頭脳的でしたたかなギュファンに
手段を選ばず暴走するチョルジュンの味方はオム班長。
監査に盾突き検察と対立してもチョルジュンを守り抜く。
・・・こういう上司いいですねぇ、上司は大変ですけど(苦笑)。

人の顔が覚えられない私でさえ見知っている
オム班長のカン・シニル、キム・ジョンハク、アン・ネサン、
イ・ムンシク、ユ・ヘジン、ソ・テファ・・・。
豪華で贅沢なサブキャラが繰り出す笑い。

査定と監視役の監査が狂言回しになってマメに笑いを取っていく。
『更正した人』がほらチェーンソーを(笑)。

字幕の担当の方も閉口したのでは?と思う様な
汚い言葉(スラング?)があちこちで連発します。
多分良い子は使ってはいけない言葉なのでしょうね。

最後に肝心要のひと言を。
ソル・ギョングって上手い!

コメント

sannkenekoさん、こんばんは!
「警察は民衆の公僕だ」なんて言っておきながら、一番“公共の敵”らしい言動をしてるのがチョルジュンでしたね。^^;;
でも、「親殺しを許せない」という辺り、彼にも良心があると分かって安心します(苦笑)
イ・ソンジェは...ファンの方にはツライかもしれないですが、やはり演技派俳優だけあってシッカリしてました。
でもやっぱりカン・シニルの班長さんが、迫力も人情味も兼ね合わせていて良いキャラクターだったと思います!
ソル・ギョングは本当に上手いです!^^
カン・チョルジュン刑事のあのキャラを演じられるのは、ソル・ギョング以外あり得ないでしょうね。
暴力、無気力、笑い...絶妙でした☆

makotoさん、
途中まで公共の敵は税金泥棒状態のチョルジュンだと
思っていました。
上には上が・・・しかもとんでもない人がいましたが・・・。
>「親殺しを許せない」という辺り、彼にも良心があると分かって安心します(苦笑)
目上の人を敬う儒教の考え方が根付いている韓国社会では、
理屈じゃなく受け入れられないことだったんでしょうね、
あのチョルジュンでも(爆)。
イ・ソンジュはスマートにハマり過ぎていて驚きました。
でもソル・ギョングと比べるとちょっと弱いような気もします。
>暴力、無気力、笑い...絶妙でした☆
お下品なんですけどねぇ(苦笑)・・・憎めない(笑)。
堅物かと思えば意外に(色々な意味で)臨機応変な班長。
脇役の個性が効いている映画でした。

sannkenekoさん、こんばんは。
>チョルジュンが『公共の敵』と思いきや
すごーく納得です。私も「悪徳刑事」と書きましたよーー
刑事といえば、正義の味方と思いきや、とんでもない!
でも殺しの犯人を追い詰めるために、少しずつ変わって行きましたね。
イ・ソンジェは、今まで見た映画では、どれも好きな役どころだったので、
少々絶句・・・意外とクールな顔立ちだったと気付きました。
親殺しや、警察の汚い部分だけだったら、重苦くなりそうだけど、
妙なユーモラス感が散りばめられていて、バランスが良かったです。

pandaさん、
事件自体はかなり陰湿で救いがないんですが、
でも警察への皮肉(かなりブラック)も織り交ぜて、
コメディタッチのエンターティメント作品に仕上がっていました。
イ・ソンジェはこんな役もこなすんですね。
ファンの方には辛いでしょうし、ショックかもしれませんが。
>>チョルジュンが『公共の敵』と思いきや
>刑事といえば、正義の味方と思いきや、とんでもない!
率先して・・・ねぇ(苦笑)。
スマートなやり方ではなかったですがでも”らしい”気も。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

公共の敵/ソル・ギョング、イ・ソンジェ

203.131.194.84かねてより観たいと思っていたソル・ギョング主演のクライム・ムービー「公共の敵」にやっとありつけました。いわゆるクライム・ムービー<犯罪映画>なんですが、とはいえそこは韓国映画、アクションコメディといったほうが正しいでしょう。サスペンス要素を取り入れながら....

公共の敵

60.43.63.2 あらすじ(韓フェス公式パンフより) チョルジュン刑事(ソル・ギョング)は、いつも問題ばかり起こしてしまうアウトロー刑事。その雨の夜も、張り込み中に黒いレインコートの男と道でぶつかり、喧嘩をした彼は、ナイフで目許を切り裂かれてしまう。相手の男は凶...

韓フェス・その5

210.150.29.56「公共の敵」<STORY>チョルジュン(ソル・ギョング)は、問題ばかり起こすアウトロー刑事。その雨の夜も、張り込み中に黒いレインコートの男と喧嘩し、ナイフで目許を切り裂かれてしまう。一週間後、同じ地区で刃物で滅多刺しにされた老夫婦の腐乱死体が発見された。チョルジュンは、被害者夫婦の息子であるギュファン(イ・ソンジェ)こそがあのレインコートの男であり、親殺しの犯人だと直感。ひとり、捜査を開始する。 コメディの形式をとってはいるものの、実はかなり真面目な社会派ドラマ。そのバランスが絶

公共の敵

202.248.237.137警察は民衆の公僕!そして犯罪者は公共の敵!! ソル・ギョングの、賄賂あり暴力ありの刑事物語。。 原題「?????? ??/公共敵」     (公共の

公共の敵なのは誰?

210.150.29.57 あと3日で日本版が発売になる(8月25日)。そちらを先に見ようと思ったのだが、どうしても見たくなって韓国版の英語字幕で流し見を。ストーリー:カン・チョルジュン(ソル・ギョング)はボクシングでアジア大会銀メダリストにまでなった男。今は二人の娘と母を養う警察官だ。しかし彼は決して市民のために身を粉にするようなタイプの警官ではなく、汚職にも平気で手を染めるアウトローだった。 ある雨の晩、張り込み途中だったチョルジュンは黒いレインコートの男とぶつかって転ぶ。黙って立ち去る男を追いかけて

映画 『公共の敵』(2002年/韓国)

133.205.94.7監督は、「シルミド/SILMIDO」のカン・ウソク。ソル・ギョングといえば、「シルミド」や「力道山」の予告編でしか知らない私、寡黙で、あまり表情を崩さないというイメージでしたが、この映画では、喜怒哀楽が激しいし、口は悪い暴力刑事。刑事で主人公といえば、正義の味方が常だけど、この刑事は違います(笑)そしてイ・ソンジェは、「エンジェル・スノー」「シン・ソッキブルース」「氷雨」を見ましたが、それぞれに違う役どころで、それでも「優しい笑顔」というイメージ。今回は、「悪」です! ...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア