「頑張れ!グムスン」(韓国 2002年)

元バレーボールの選手の新米ママが赤ちゃんを背負い、
夜の歓楽街を駆け抜ける。
愛する夫を取り戻すために・・・。
映画レビューはネタバレしません。
B000J4P08E頑張れ!グムスン
ペ・ドゥナ ヒョン・ナムソプ キム・テウ
ジェネオン エンタテインメント 2006-12-22

by G-Tools


 続々とDVD化されている『韓流シネマ・フェスティバル2006』の
 上映作品の一本です。
 同名のドラマとは全く別物だそうで。

元バレー代表のスター選手だったグムスン。
家事は大の苦手で娘の夜泣きに悩まされながらも
愛する夫と三人の平凡な日々を送っている。
その日常を悪徳バーからの脅迫電話が打ち砕く。


ドラマ「威風堂々な彼女」のウニが赤ちゃんを背負って
第1話のウニ走り・・・指先をまっすぐに腕を大きく振って
夜の歓楽街を駆け抜ける。
・・・早い話がそういう話(((≪*☆*BOMB*☆*≫)))

愛娘ソンイの夜泣きに振り回される若夫婦の新居に
朝5時(!)に行くからと電話する夫の両親。
下戸に無理強いしてセクハラ連発の上司。

夫を取り返すのがメーンではないんですね。
歓楽街に不釣合いなおんぶ紐で赤ちゃんを背負った女性が
駆け抜けていく・・・あちこちに衝突しながら。

偶然その日は15年前に対立する二つの暴力団のボスが
亡くなった日。
そして一方のボスが釈放された日。
其処に飛び込む形になったグムスン。
・・・自覚のないままに、追われる理由もわからないままに。

家事がダメなことは冒頭からわかるんですが、
オムツ換えをミニストップの床でやったり、
その様子を見ていた店員にお姫様と言われると
どうしてわかったの?と真顔で聞くし・・・とかなり天然。

右も左もわからない歓楽街(あの説明でわかりっこない!)で
グムスンが電話で話すシーンはジーン。
・・・ここだけですね、シリアスなのは。
とはいえやっとお店を見つければネオンは輝く、
花火は上がる、紙ふぶきは舞う。
肝心のジュンテは・・・一滴も飲めないんじゃ(((≪*☆*BOMB*☆*≫)))

前半に出てくる小ネタが後でさりげなく効いて来ます。
唐突なハレルヤには大笑いさせていただきました。

ボクサー(-_-)=〇 ☆ =○ ☆()。o。)!のパンチは凶器だそうですが
バレーボール(/o^)/ °⊥ \(^o\) 選手のアタックもまた凶器。
韓国では人気競技なんですね。

コメント

こんばんは〜、TBありがとうございました!
こちらからもTBさせていただきますね。
この映画、ペ・ドゥナ好きの自分としては地味にツボな作品でありました(笑)
韓国映画好きなので、またお邪魔させていただきます〜(^^)

hiroさん、
ご訪問ありがとうございます。
ペ・ドゥナはさすがの存在感でした。
>地味にツボな作品でありました(笑)
コメディエンヌぶりが見事!
作品自体も楽しかったですね。
こちらこそよろしくお願いします。

sannkenekoさん、こんばんは!
一応、旦那さんを迎えに(助けに)行くストーリーですけど、やっぱり基本はグムスンの奮闘ぶり(天然ぶり?)ですね。
理由も分からずにヤクザに追われるグムスンが気の毒だけど可笑しくて...
でも、赤ん坊を見失って捜しまわるシーンと、母親に電話して泣いてしまうシーンには、なんだか胸が詰まる思いでしたよ。。
個人的には、背の高い謎の男...チャン・セジンがツボでした(^^ゞ
ココログがTBの受付方式を変えたようで、もしかしたらTB出来ない現象が減ると思うのですが...
まだ不具合があるようでしたら、遠慮なく仰ってくださいね。

makotoさん、
2周年おめでとうございます(゜0゜)(。_。)
>一応、旦那さんを迎えに(助けに)行くストーリーですけど
一応はそうなんですが、結果的にジュンテはあんな調子でしたし、
夫婦でズレ方が似ているのかも(^-^)
でも必死で逃げていても背中の子は忘れないで欲しかったと
強〜く思ってしまうのです。
回り回っった結果、背の高い謎の男に繋がるのはユーモラスでしたが。
TBはスッキリと入りました。
いつもお手数をお掛けします。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

頑張れ、グムスン/ペ・ドゥナ、キム・テウ

203.131.194.84ペ・ドゥナ祭りは地道に進行中・・・この作品でのペ・ドゥナの役は、バレーボールの元韓国代表選手で有望なアタッカーだったけど故障で引退して今は結婚し赤ちゃんと夫と三人で仲良く暮らしているちょっぴり育児ストレス気味の新米ママ。キャラ的には「威風堂々な彼女」の....

頑張れ!グムスン

202.93.82.29ドラマでも同名の物がありますが、映画とは全くの別物のようです。映画はまったくバカバカしい展開なのですが、なぜかペ・ドゥナの行動から目を離せない!という感じで映画が終わってしまった感じがあります。『威風堂々な彼女』でも赤ちゃんを背負いながら奮闘したペ・ドゥナがこの映画でも赤ちゃんを背負って夜の街をひたすら走り続ける・・・・まさかこの親子が夜通し走り続ける映画だとは思いませんでした。とってもバカバカしいとは思いながらも、見続けてしまうのはペ・ドゥナの魅力なんでしょうね。威風堂々の時の.

映画レビューその228 「頑張れ!グムスン」

133.205.94.3「頑張れ!グムスン」 (Saving My Hubby)

頑張れ!グムスン

60.43.63.2 あらすじ(韓フェス公式パンフより) 生後6ヶ月になる愛娘ソンイの夜泣きに悩まされた新米ママのグムスン(ペ・ドゥナ)は、寝不足のまま慌しく朝を迎える。夫ジュンテ(キム・テウ)の大事な初出勤の日なのに、朝食も用意していないうえ、事もあろうかアイロン...

頑張れ!グムスン

202.248.89.108去年の韓流シネフェスで上映されたものの、観に行くことがでくなくって...DVDを予約購入しました。 だけど見たのは年が明けてから・・・/(^
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア