「ジャスミンの花開く」(中国 2004年)

『恋の儚さ、幸せの脆さ、命の尊さ』
激動時代の中国の半世紀を生きた女性たちの物語。
映画レビューはネタバレしません。
B000I6AMTUジャスミンの花開く
チャン・ツィイー スー・トン ホウ・ヨン
バンダイビジュアル 2006-12-22

by G-Tools


 オリジナルタイトルは「茉莉花開」。
 直訳とは言え邦題は音の響きもいいですね。
 英タイトルの「Jasmine Women」では違う作品のようで・・・。

1930年代の上海。
写真館の娘、モー(茉)はスカウトされ母の反対を押し切り
女優の道を歩き始めるがこれからと言うときに妊娠してしまう。
子どもの父親は日本軍の侵攻と同時に香港に逃げてしまい、
モーは失意の中、娘のリー(莉)を産む。
1950年代。
労働者階級の青年と結婚したリーは
子どもに恵まれずホア(花)を養女に迎えるが・・・。


モー(茉)リー(莉)ホア(花)・・・合わせて茉莉花。
その三人を演じるチャン・ツィイーと
モーの母役ジョアン・チェン。
四世代の女性の話なんですが・・・歯がゆくて仕方なかったです。
揃いも揃って同じパターンで・・・。

大体がこの母娘は我が強い。
映画スターに憧れる娘がスカウトに有頂天になるのは
ある意味では仕方がない。
ただその気性、世間知らずを承知していながら傍観する母。
外泊を叱りながらもそれは娘に対してで
相手にはひと言も言えない。
・・・怒鳴り込んでもいい場面だし
何より当の本人も目の前にいるのに。
このモーの母親が一番共感できませんでした。

文革の時代になりリーをチャン・ツィイーが、
そして今度はジョアン・チェンがモー役に
(つまりジョアン・チェンも二役)。
この母(モー)が(リーを)産まなきゃよかったと言う。
言われた側が拠りどころを求めるのも判る気がします。
夢と現実、今の日本人の感覚では考えられない
(でもあれが当たり前だったんでしょうが)夫の家の習慣。
そして残酷な宣告・・・心が病んでいく。

リーの母モーとリー夫婦の養女ホア。
(だからチャン・ツィイーが演じなくてもいいんですが)
愛に暴走するのはこの写真館の家風?(苦笑)
でもタクシーでリハーサルをしたりと
ホアは地に足が着いているような気がします。

・・・1980年代でしょう?
携帯はともかく公衆電話とか
連絡手段はなかったんでしょうか?

ところで○○○(ネタバレになるので伏せます)で付けられた
リーの名前。
日本では出生届は14日以内。
でもモーに抱っこされていたリーは
かなり大きくなっていたと思うんですが。

実家の写真館は古い時代のしがらみや象徴。
家族の幻想に微笑むホアの傍らにはまた(!)
B000IIFGQMJasmine Women
Ziyi Zhang Joan Chen Jian Wen
Kam & Ronson (HK) 2006

by G-Tools

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ジャスミンの花開く/チャン・ツィイー

203.131.194.84チャン・ツィイー主演で1930年の上海を舞台に三世代にわたる三人の女性を描くヒューマンドラマ。チャン・ツィイーが三役を演じてます。物語は写真館の娘・茉、茉の娘・莉、莉の養女・花のそれぞれの物語を三部作で展開し、それに合わせてチャン・ツィイーも役がスライドして....

ジャスミンの花開く

210.172.140.254茉 1930年小さな写真館を営む母と二人暮らしの茉は、映画スターを夢見る18歳。ある日、茉は映画会社のモン社長にスカウトされ、スターになるチャンスをつかむ。しかし、これからという時にモンの子供を身ごもってしまう。その頃、日本軍が中国に侵入し始め、モ...

ジャスミンの花開く

210.172.182.62ジャスミンの花開く茉莉花開(中国語版)(中)茉莉花開監督:ホウ・ヨン出演:チャン・ツィイー/ジョアン・チェンチアン・ウェン/ルー・イー/リィウ・イェ

「ジャスミンの花開く」

210.165.9.64二月に入っての1本目は、チャン・ツィイーの作品。今年1本目は、ニコール・キッドマンだったしーーー。この作品、劇場公開のときに観たかったけど、ちょっと劇場数が少なかったので、見そびれたんだよねっ。念願かなって、DVD(5.1chヘッドホン)にて鑑賞。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア