再び「バンジージャンプする」(韓国 2001年)

彼の傘に彼女が飛び込んできたあの夏の日から
全ては始まった。
「バンジージャンプする」2度目の視聴。
映画レビューはネタバレしません。
B0007UXUAAバンジージャンプをする (韓国版)
キム・デスン イ・ビョンホン イ・ウンジュ
enterone 2004-12-06

by G-Tools


 2005年3月、札幌での公開時に観ているのですが
 Yahoo!の配信で約2年ぶりに観てみました。

1983年、ある雨の日。
自分の傘に飛び込んできたテウに恋したインウは
彼女を必死に探し、ついに大学のキャンパスでテウを見つける。
純情なインウをテヒが優しくリードして恋は深まっていくが
インウが兵役で旅立つ朝、見送りにくるはずのテヒの姿はなく・・・。


イン・テヒ役イ・ウンジュの衝撃的なニュースから
ひと月あまりでの札幌での公開でした。
正直気が重いまま観に行ったことを思い出します。
2005年時のレビューです→こちら

当時知っていたのはイ・ビョンホン、イ・ウンジュ、
「ホテリアー」に出ていたヨ・ヒョンス、
「サンドゥ、学校に行こう!」のホン・スヒョンの4人だけ。
今見ればキム・ガプス、イ・ボムス、チョン・ミソン、
キム・ジョンハク、イ・ジヨン・・・。
私も少しは韓国の俳優陣を見慣れて来たんですねぇ。    
・・・イ・ウンジュはやっぱり惜しい(涙)。

初見の時はインウとテヒの『運命の愛』に圧倒されたのですが、
今回はヒョンビンに目が行ってしまいました。
随分前(昭和の頃)に近未来SFのドラマか映画か・・・、
とにかくテレビで見たことを思い出しました。
どこかの組織のトップの人が病気だか事故だかで亡くなって、
リーダーを失ってしまった組織は
トップの人のクローンを連れて来るんです。
現れたクローンにトップの人の知識や記憶を植えつけると
見慣れぬ人々に戸惑っていたそのクローンは
あっと言う間にリーダーその人になる。
何事もなかったように組織はまた動き出す・・・メデタシメデタシ。

エッ?(?_?)エッ?゚(∀)゚エッ?

今までのクローンさんの人生はどうなるの?


ヒョンビンにはイム・ヒョンビンとしての十何年の人生があって、
家族がいて友人がいてクローンさんにも何十年かの人生が・・・。
テヒには輪廻転生(にしては随分早いですが)でも、
ヒョンビンの家族にとっては言葉は悪いですが
一種の乗っ取りではないかと。
・・・しかも韓国社会ではタブーの同性同士の愛。

偏見の強さはインウの妻の言葉や
ヒョンビンに対するクラスメートの態度でもわかります。
韓国に生まれ育った彼らが『運命の愛』を貫くためには
現世からのドロップアウトしかなかったのかも。
飛び降りても終わりじゃないのだから。

ただ残された人間にとっては決して愛とは呼べない、
決して認められないもの・・・。

今度は女に生まれなきゃ。
B0007N37UUオリジナル・サウンドトラック「バンジージャンプする」
サントラ キム・ヨヌ
ジェネオン エンタテインメント 2005-03-24

by G-Tools

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画『バンジージャンプする』

203.80.26.39命日は2005年2月22日、クールな美人の印象だった彼女の悲報を聞いて、本当にビックリしたけど、あれからもう1年以上が過ぎたんですね・・。目もくらみ足もすくむ、絶壁の崖の上に立ち、"死ぬことは終わりじゃない"

バンジージャンプをする/イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、イ・ボムス

203.131.194.84この映画に賛否両論あるのも知ってたし、ネタバレ的なレビューもいろいろ目を通してしまっていたのでだいたいの内容も既に把握済み。さらにイ・ビョンホン作品だし間違いなく日本版DVDが出るだろうからレンタルで観ればいいかなと思ってたんだけどなしのつぶて。たぶん劇場公...

バンジージャンプする

210.165.9.64仕事も終わり夕飯も済ませて、ユナイテッドシネマのレイト・ショーで「バンジージャンプする」を見る。近いというのは、ほんとに便利!その上、ど真ん中の席、観客は我々を含めて5人。1983年、ある雨の日に出会い運命的な恋に落ちたソ・インウ(イ・ビョンホン)とテヒ(イ・ウンジュ)。そして兵役に行く夜、インウはヨンサン駅でテヒを待ち続ける。17年後、2000年、セヨン高校の国語教師となったインウの前に待ち続けていたその人がついに現れる・・・。この映画よかった!イ・ビョンホン、イ・ウンジュ(ほん

『バンジージャンプする』

210.165.9.64 ドキドキして落ち着かない出会い。ついに恋ははじまる・・・ 姿の違う混乱の出会い。しかし、愛はつづく “きっと、あなたは私をみつける。”■監督 キム・デスン■脚本 コ・ウンニム■キャスト イ・ビョンホン、イ・ウンジュ、イム・ヒョンボン、オ・ヘジュ(2001年作品) 1983年、ソウル。 平凡な大学生のソ・インウ(イ・ビョンホン)は、ある雨の日、突然傘の中に入ってきた女性、テヒ(イ・ウンジュ)に一目ぼれをした。 緊張しすぎて、名前も聞かぬままバス停まで送り届けるソンウだった。 それか

「バンジージャンプする」

210.150.29.572001年 韓国土砂崩れの雨の日、傘に飛び込んできたテヒに心を動かされたインウ。思いは通じ二人は愛を育むが、兵役に行く夜、やくそくの時間になっても来なかった。17年後、教師となったインウ。彼の前に現れた一人の高校生の言動は、テヒを思い出させるのだが…。「JSA」の成功後、数多くのシナリオから即座に本作を選び取り、自ら好きな作品の1作として必ず紺作を挙げるほど、思い入れの強い不朽のラブストーリー。 (シネマート六本木の作品紹介より)なんと、タイムリーにシネマート六本木でイ・ビョンホ

映画「バンジージャンプする」

210.165.9.64映画「バンジージャンプする」 ★★★☆ミニシアターでの上映。なんかいつもと客層が違うのでビックリ。さすが韓流! さすがビョン様!これは輪廻転生がテーマだったのかな?【愛する男女が死に別れてしまっても、何度でも生まれ変わってお互いを探し出し、また再び愛し合う。例え女同士で生まれ変わっても、男同士でも。】・・・・というテーマはキライじゃないし、好きなマンガにもそういうテーマのものはたくさんあったなぁ。イ・ビョンホンもイ・ウンジュもとてもステキだった!大学生のビョンシーは前髪降ろしてて若
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア