「初恋のきた道」(中国/アメリカ 2000年)

少女は町へと続く一本道でその人の帰りを待ち続ける。
来る日も来る日も・・・。
映画レビューはネタバレしません。
初恋のきた道 [DVD]初恋のきた道 [DVD]
チャン・ツィイー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント 2007-05-30
by G-Tools



 中国タイトルは「我的父親母親」(もちろん読みは知りません(^_^; )
 チャン・ツィイーの映画デビュー作です。
 ようやく観ることが出来ました。

華北の美しい村に町から若い教師がやってくる。
18歳の少女は言葉に出来ない想いを料理に込めて
自分の想いを伝えようとする。
教師が少女の気持ちに気づいた頃、
文化大革命の波が教師を飲み込んでいく。


防寒着のはんてんでコロコロしたヒロインがとにかく走る映画。
チャン・ツィイーが若々しいと言うか幼いと言うか。

この映画は父の訃報に実家に駆けつけた息子の視線で語られます。
つまり教師と少女の恋は成就しているわけです。
確かに少女と教師の初恋を描いた映画なのですが、
むしろ娘(若き日のディ)の幸せを願う母(息子には祖母)、
母(老いたディ)の恋を知ることで両親の人生を知る息子。
ディを挟んでの親子の愛情の物語だと思います。

ディが割ってしまったお椀を直してもらう母。
楽ではない暮らしの中で買った方が安いと言われながら。
「使った人が娘の心を持って行った。
椀だけでも残してやりたい。」
恋に走る娘を見えない目で気遣う母の愛。

そして夫を亡くした母を心配する息子。
「だってお父さんがいないんだよ。」
泣きじゃくる母の夫への想い。
息子の知らない父の姿。
母の願いどおり伝統に則って村に連れ帰る時に知る
教え子たちの教師への想い。
息子の知らない・・・。

村を離れる前に息子がしたことは父の夢を叶えること。
そして母に聞かせること・・・。

学校の梁に巻く赤い布。
棺にかける白い布。
機(はた)を織る音が少女と教師を繋ぎ、
妻と夫を繋いでいく・・・。
The Road HomeThe Road Home
Ziyi Zhang Honglei Sun
Sony Pictures 2001-11-27
by G-Tools

コメント

sannkenekoさん、こんばんは!
この映画は、私も推薦されて見たんですけど...
かなり泣きましたねぇ。。
個人的に、ディの片想いには共感できる部分もあって、感情移入しちゃいました。
餃子を持って先生を追いかけるシーンには、ハラハラドキドキして...
最近のチャン・ツイィーは、ちょっとキツイ感じの役柄が多いように思いますが、この映画でのディは、初々しさが溢れててすごく良かったです。^^

makotoさん、
先日は温かい励ましを頂きありがとうございます。
何とか復帰しております。
ところで・・・泣きました?
相思相愛だからいいようなものの、
ほとんどストーカーでしたけど・・・。
>この映画でのディは、初々しさが溢れててすごく良かったです。^^
同感です。
当時の彼女にピッタリのキャラでしたね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

初恋のきた道/チャン・ツィイー、スン・ホンレイ、チョン・ハオ、チャオ・ユエリン

203.131.194.84Innolifeさんとこにチャン・ツィイー、映画「花嫁はギャングスター3」主演という記事が載っててrabiovskyさんのところでも、チャン・ツィイーネタで盛り上がってたのですが、私が知ってる彼女の主演映画ってこの「初恋のきた道」くらいなんですよね。「MUSA」は観たけどアレ....

映画(初恋のきた道)

203.80.26.39BS2で、いつか見た映画を放送していたので思い出しました。教師として赴任してきた20歳のルオ・チャンユー(チョン・ハオ)と村に住む18歳のチャオ・ディ(チャン・ツィイー)の恋の物語だ。息子ユーシェンが父と母の思い出を回想しながら展開する。最

初恋のきた道

202.248.89.108以前から気にはなっていたものの、なかなか見る機会がなかったのですが... 皆さんに薦められて...「これは見なきゃ!」と思い、出かけたついで

初恋のきた道

210.128.67.56思えば、この作品を知ったのは、笑犬の、ミル姉さんのコーナーによって… でした。だって、半ばオシゴトを忘れ、あまりにも熱く熱く語るので興味を感じて…そして、ボロ泣き。のちに、ダンナさんも見て、ボロ泣きおそらく、これまでで1番「泣いた!」大好きな作品のひとつ、ですいいですよね。これほど、恋愛に関して、その情熱を、まっすぐにピュアに表現したものがあったでしょうか?好きな人を見ていたい。美味しいものを食べさせたい… 描かれるのは、その一心なんですもの。映像も音楽も素晴らしいです。原題より

初恋のきた道

180.235.97.45原題「The Road Home」…じつは、この作品。笑犬・ミル姉さんのコーナーの大プッシュで知りました。「好きな人に美味しいものを食べて欲しい。ただ、それだけの映画なのよ。だけど、見て! とにかく見て!」その熱烈口調にほだされてそして、好奇心を覚え、試しに見て、ボロ泣き… ラピュタの「バルス」シーンと同じぐらい問答無用で泣けました。なんといっても、一途で健気。必死な目がいいし、懸命走りがいいですようね。ダサ可愛い服装が大陸の素朴な風土に映えて、じつに輝いてます。この作品で鮮烈デ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア