「白い鳥(カラス)」(アメリカ 1998年)

戦時下に消えた巨大ダイヤの在処の暗号を託された記者は
ダイヤを巡る陰謀に巻き込まれていく。
映画レビューはネタバレしません。
The White RavenThe White Raven
Michael Slovis David Wurst Eric Wurst
Platinum Disc 2005-06-07

by G-Tools



 オリジナルは「The White Raven」。
 邦題は「鳥」と書いて「カラス」と読ませます。
 (DVDは発売になっているのかどうか)Amazonでの取り扱いはビデオのみ。
 ロン・シルヴァー、ジョアンナ・パクラ、ロイ・シャイダー、
 ハンネス・イーニッケ、ジャン・ルーブス、エリザベス・シェパード
 1998年製作劇場未公開作品・・・GyaOでやっていました。

シカゴのベテラン記者タリー・ウィンザーは
ポーランドに収監中のナチスの大物戦犯ストラウドに指名され、
『白い烏』というダイヤの在処の暗号を託される。
そして彼は『白い鳥』を狙うさまざまな組織から追われることに。


かなりオープニングからショッキング。
・・・R指定にしなくていいんでしょうか、これ。

一応サスペンスなんですが『世界で2番目に大きいダイヤモンド』とか
B級感が漂います(苦笑)。
で、とにかく出演者(捨てキャラ)が多くて、
誰が誰やら判らないうちに話は進みます。
ピューリッツア賞を受賞したこともある主役タリーは
元妻とのことが原因で無気力な生活を送っているらしいのですが、
それについての説明はないし実際本編には全く絡まない。

タリーはストラウドに指名されたことで否応なく陰謀に巻き込まれていく。
・・・タリーにとってはある意味災難で気の毒なのですが
指名されたのには実は理由があってと話は展開していきます。
因縁はナチス時代まで遡っていくのですが
・・・ユダヤ人は収容所に入る時に貴金属は没収されたんじゃ?

あっさり素人に出し抜かれる組織の方々の詰めの甘さ(苦笑)に、
肝心の『白い鳥』の在処は・・・というとこれがまたグロテスク。
・・・R指定にしなくていいんでしょうか。

ラストも(’▽‘;;アラ??・・・劇場未公開で良かったかも。

「だから鳥はまだ巣の中にいる」

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア