「私たちの幸せな時間」(韓国 2006年)

『毎週木曜日10時から13時』
会うことのないはずのふたりが出会って過ごす時間。
本当の自分でいられる時間。
・・・私たちの幸せな時間。
私たちの幸せな時間 [DVD]私たちの幸せな時間 [DVD]
カン・ドンウォン イ・ナヨン
アミューズソフトエンタテインメント
by G-Tools



 観客に女性が多いのは想像していたことですが、
 思った以上にご高齢の方やご夫婦連れが多いようにお見受けしました。
 参議院選挙前ということで上映前に某政党のCMが入ったことにも
 ちょっとびっくり。
 7月15日スガイ札幌劇場にて。

元歌手で今は大学で美術を教えているユジョンは
三度目の自殺に失敗してしまう。
シスターの伯母に連れられて刑務所を訪問したユジョンは
彼女のファンだという死刑囚のユンスと出会う。
翌週叔母に代わり刑務所に出向いた彼女とユンスは
いがみ合い冷たい言葉をぶつけ合うことになる。


秘密を打ち明けるユジョンを見つめるユンスの表情が
面会室のふたりを隔てるアクリル板に映り込む。
ユジョンがユンスのために車を走らせ撮ったポラロイド。
それを手に取り覗き込み微笑むユンスとイ刑務官と
そしてユジョンは小さな家族のよう。
生きることすら放棄していたふたりが初めて知った愛の暖かさ。

カン・ドンウォンとイ・ナヨンの役どころしか知らずに観たのですが、
イ刑務官役のカン・シニル、同じく死刑囚の2896役がオ・グァンノク。
このふたりの存在感が光っていました。
ただこの映画はなんと言ってもイ・ナヨンだと思います。
屈辱と絶望の15歳の日から母を憎み責め続けたユジョン。
荒んだ心を抱え苦しみ抜いたユジョンが思いの丈をぶつけ、
泣きながら赦そうとする。
私はクライマックスよりこのシーンの方がグッと来ました。

指の間や鉄格子の間から差し込む陽射しや
海や雪に反射する陽の光の美しさと控えめな音楽も好感が持てました。
ただ、小説や映画ならではの演出の不自然さ(&疑問)は拭えません。
特にラストの設定はあまりに無理があります。
私は感情移入できませんでした。

韓国では何年もの間、死刑執行はないと伺いました。
刑執行後の刑務官の胸中と苦悩を現すシーンに
原作者の死刑制度に対する考え方が現れています。
でもあの場でユンスの罪を赦したお祖母さんも
折につけお嬢さんのことを思い返してまた犯人に憎しみを募らせる。
赦そうとする気持ちと悲しみ・憎悪・痛みに何度も揺れていく。
犯人が処罰されたところで被害者が生き返ることも
被害者の家族が受けた傷が癒えることもない。
理性ではわかっていても・・・。

施設を抜け出し会いに行った母に拒絶された幼い兄弟。
兄が弟の手を引いて施設に戻っていれば悲劇は防げたでしょうか。

身体と心に大きな傷を負ってしまった少女。
母が娘の衝撃を正面から受け止め抱きしめていたら・・・。

『毎週木曜日10時から13時。
私たちの幸せな時間』
私たちの幸せな時間 オリジナル・サウンドトラック私たちの幸せな時間 オリジナル・サウンドトラック
イ・ジェジン サントラ
アミューズソフトエンタテインメント
by G-Tools

私たちの幸せな時間私たちの幸せな時間
孔 枝泳 蓮池 薫
新潮社
by G-Tools

コメント

Sannkenekoさん、はじめまして☆
トラックバックありがとうございます。(*^-^*
私もユジョン〔イ・ナヨン〕が母を赦そうとする場面は印象に残っています。
韓国では何年もの間、死刑が執行されていないのですね。
P.S.
韓国映画を観に来る観客層は年配の方達が多いようですね。
私は大阪の映画館で観たのですが、
若者が集まる街のミニシアターだったので、
カン・ドンウォン目当てと思われる20代ぐらいの若い女性も少し居ました。
でも、若いカップルは居なかったかな?

BCさん、
こちらこそはじめまして。
コメントを頂きありがとうございます<(_ _ )>
コン・ジヨンが原作を書くきっかけになったというニュースは
1997年暮れだと翻訳した蓮池さんのブログにありました。
ただここ何年かは死刑執行はなされていないようです。
>私もユジョン〔イ・ナヨン〕が母を赦そうとする場面は印象に残っています。
あのシーンで泣いてしまって肝心の(?)クライマックスでちょっと・・・。
>韓国映画を観に来る観客層は年配の方達が多いようですね。
主演がカン・ドンウォンですから若い女性が中心だと思っていたので
客層にちょっと驚きました。
ラストですすり泣く声も多くて 「('ヘ`;

sannkeneko さん、
私も泣けなかったうちのひとりです。
それよりもっと切実に、「赦す」ということについて考えさせられました。
ユジョンはこのあとも、キレイさっぱりと過去を忘れ、何事もなかったようには過ごせないでしょう。
それでも、もう自殺を試みることはないだろうと、
そう思ったら、なんだか安心しました。

音樹さん、
「赦す」って何でしょうね。
憎んでも恨んでも元には戻らない。
でもそんな心を抱えて生きていくのは悲しすぎる。
どうして被害者や被害者の家族がまた苦しまなければいけないのか・・・。
無気力だったユジョンが自分の意思で刑務所に行ったり、
兄に直談判したりしていました。
>ユジョンはこのあとも、キレイさっぱりと過去を忘れ、何事もなかったようには過ごせないでしょう。
「大切な時間」を胸に抱いて生きていくでしょうね。

sannkenekoさん、こんばんは!
私は後半、泣きっぱなしでしたが...
どうもこういう類の物語には弱いみたいです。
劇場ではなく、韓国版DVDでの鑑賞だったので、日本語字幕とは若干言葉のニュアンスが違うかもしれません。。
お婆さんがユンスを「赦す」とした部分では、ユンスの突然の変化に疑問がありました。
このシーンが無くても、彼の感情の変化は描けたと思うんですけどねぇ。
自殺未遂を繰り返すユジョン...これはちょっと知ってる女性に似た状況なので、かなりショックを受けました。
まぁ、その分感情移入して見てしまったのかも、、(+_+)

makotoさん、
字幕とオリジナルのニュアンスの違いは当然あるでしょうね。
私はどうあがいても字幕がないと無理ですが(~_~;
ユンスは気の毒としか言いようがない境遇なのですが、
犯罪の全ての原因は貧しさだとでも言うような描かれ方には
最後まで引っかかりました。
お婆さんがユンスを赦すシーンといい、
ラストといいちょっと描き過ぎ、見せ過ぎのように思います。
自殺を図るということでしか周囲に意思表示出来なかったユジョンが
自分から兄の元に押しかけて直談判していました。
本来は行動的な女性だったんですね。
彼女の変化の方が共感できました。

こんばんは★
お邪魔すると約束しておきながら、こんなに遅くなってしまいました…、
すみません;;
私は泣きながらも、頭のなかに『?』マークがしょっちゅう出てました。
そもそも、ユンスがいくら追い詰められていたとはいえ
あのとき何の罪もない人を刺してしまった人物だというのが…。
なのに、その割にユジョンに心を開いてからの彼は少年のようで…。
心がきちんと成熟する・できる環境になかったということなのかもしれないけど、
彼の犯した罪を境遇のせいにするのは間違っていると思うし。
ユジョンがユンスに意外に早く心を許したのも・・・?!
と、疑問はたくさん残りました。
全体に静かなトーンで、あたたかく柔らかな映像や音楽は良かったですね。
ただ、それで上手く紗をかけられてしまった…という気も。
情感豊かなのは韓国映画らしい気もするんですが…、
ラストのほうの描写などは、あまりにもあんまりで
かえってしらけてしまいました。

Makoさん、
この描き方だと彼の生まれ育ちが原因と言っているようで
私は最後まで引っかかりました。
確かにユンスは気の毒としか言いようがない境遇なのですが。
>心がきちんと成熟する・できる環境になかったということなのかもしれないけど、
子どもらしい子ども時代を知らないんでしょうね。
雪合戦での笑顔は少年のようでしたし。
孤独に生きてきたユンスは家族に憧れがあったのではないでしょうか。
そしてやっと手に入れた恋人との愛を守ろうとした結果が・・・。
>情感豊かなのは韓国映画らしい気もするんですが…、
>ラストのほうの描写などは、あまりにもあんまりで
あそこまで見せる必要があったんでしょうか。
母の病室でのユジョンの言葉にもらい泣きしてしまったんですが
・・・涙がどこかに行ってしまいました。
ところでかえってお気を遣わせてしまったでしょうか?
ノープロブレムですよ。
・・・いつの間にか週1位の更新になってしまっているし(-。-;

>ユジョンが思いの丈をぶつけ、泣きながら赦そうとする。
>このシーンの方がグッと来ました。
同じくです〜。
ユンスに話したあと初めてぐっすり眠れた朝の光が
とても暖かそうで。また涙でした。

daoppieさん、
そんなつもりはなかったのですが
途中からはユジョン中心で見ていました。
>ユンスに話したあと初めてぐっすり眠れた朝の光が
 とても暖かそうで。また涙でした。
"あの日"から初めてぐっすりと眠れたのでしょうね。
光を上手く取り入れた映像の美しさと控えめな音楽が印象に残っています。

原作:コン・ジヨン監督:ソン・ヘソン出演:カン・ドンウォン、イ・ナヨン、ユン・ヨジョン、カン・シニル、その他公式:『私たちの幸せな時間...
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

私たちの幸せな時間/イ・ナヨン、カン・ドンウォン

203.131.194.84久々に号泣しちゃいましたァ。ヤバイ、ヤバイです。ラブストーリーとして宣伝されてるこの作品ですが、いわゆるベタベタな韓国ラブストーリーとしてはちょっと異色な作品です。ワタシ的にはこれはラブストーリーではなく愛の物語と言ってあげたいな。どこが違うの?と聞かれ....

感想/私たちの幸せな時間(試写)

210.150.29.57韓国発の静かなる良作『私たちの幸せな時間』7月14日公開。死刑囚ユンスと出会った自殺未遂を繰り返す女性ユジョン。すべてに背を向けていた者同士だからこそ向き合えた時、はじめて罪と罰の日々から解放される。私たちの幸せな時間韓国映画らしからぬ(偏見?)、丁寧で必然性のある感情描写が心に残る。設定自体は非日常だけど、それ頼みじゃなく、過剰に強調することもなく、2人が抱える闇をしっかり切り取るからリアルで自然に引き込まれる。安易に口にできない過去だからこそ、逆にふとした時に赤の他人に打ち明

『私たちの幸せな時間』

210.165.9.64□作品オフィシャルサイト 『私たちの幸せな時間』□監督 ソン・ヘソン□脚本 ジャン・ミンスク □キャスト カン・ドンウォン、イ・ナヨン、ユン・ヨジョン、カン・シンイル、ジョン・ヨンスク■鑑賞日 7月15日(日)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆ (5★満点、☆は0.5) <感想> カン・ドンウォン、どんどん男臭くなってきている。 ちやほやされるところから脱皮した顔は優しいけど、骨太の役者になってきた。 互いに心に傷を持つ男と女が、少しずつ刑務所の中で話をす

★ 『私たちの幸せな時間』

203.80.26.392006年。 &quot;OUR HAPPY TIME&quot;. ソン・へソン監督。コン・ジヨン原作。 イ・ナヨン、カン・ドンウォン、その他出演。 『デッドマン・ウォーキング』のパクリっぽい、と言

『私たちの幸せな時間』・・・ ※ネタバレ有

210.165.9.642006年:韓国映画、ソン・ヘソン監督、カン・ドンウォン&イ・ナヨン主演、原作小説の日本版は蓮池薫さんが翻訳されています。

「私たちの幸せな時間」

210.150.29.56「私たちの幸せな時間」九段会館で鑑賞昨秋ソウルに行ったとき、秋のラブストーリーで断トツに観客動員をいていた作品。あっちにもこっちにもカン・ドンウォンでいっぱいでした。ただのアイドルものではないなと思ってとてもみたい作品でした。笑顔でないアイドルのチラシって言うのもちょっとそそられた感じがあります。そのときは内容も知らなかったし本当に興味本位。日本での公開が決まって内容を知ったときに3人も殺人を犯した死刑囚の役というので驚きました。そして3回自殺未遂を図った女性との心の交流を描いた

私たちの幸せな時間

60.43.63.2 元歌手で今は大学の美術講師をしているムン・ユジョン(イ・ナヨン)は、3度目の自殺未遂を起こす。裕福な家で育ち幸せそうに見えるユジョンだが、家族の中では浮いており、特に母親(『フィーリング』オンマ)のことを嫌っていた。ユジョンは精神科治療を受けさ...

私たちの幸せな時間

203.80.26.39ポラロイド 被写体に重なる 笑顔かな  もちろん殺人はよくない。犯罪でもっとも罪となる行為だ。かたや罪を憎んで人を憎まず、という言葉がある。罪を犯した人を許すなんて並大抵のことではない。 裕福な家庭に育ちながら、今は生きる望みをなくして3度も自殺を図っ

『私たちの幸せな時間』(40/100 '07)

202.248.89.108仕事で外出する用事があったので、途中下車して席を取り、用事が済んだ後に劇場へ。も

『私たちの幸せな時間』

202.72.52.10韓国。だけでは選んでないのですが自殺願望を抱えた女と死刑囚との話ということに惹かれ鑑賞。原題:OURHAPPYTIME監督:ソン・ヘソン 出演:カン・ドンウォン、イ・ナヨン、カン・シニル、ユン・ヨジョン、キム・ジヨン、チョン・ヨンスク上映時間:124分(2006韓国)-Stor...

私たちの幸せな時間

210.131.5.9木曜日 10時から1時までの3時間... それが「私たちの幸せな時間」だった。。 原題  「???????? ?????? ????」  (私たちの幸せな時間

私たちの幸せな時間

66.160.206.203 一分一秒が苦痛で、早く死にたいと思ってた。 けれど、あなたに会って、生きたいと思うようになった。 毎週木曜、10-13時。私たちの幸せな時間。心はすんなりと物語に引き込まれて涙したけれど・・・、頭で?? />aC

私たちの幸せな時間

210.172.160.155オフィシャルサイト2006 韓国監督:ソン・ヘソン出演:カン・ドンウォン/イ・ナヨン/ユン・ヨジョン/カン・シンイルストーリー:3人を殺した死刑囚ユンスと3回自殺未遂をした元歌手ユジョン。人生に絶望し孤独を抱えた二人が、刑務所の面会室で向き合うことになる。お互いの言葉に心を開き、耳を傾けるかけがえのない相手に出会い、ようやくめぐり合えた幸せは長くは続かなかった…。重くて暗いねぇ…( &quot;・ω・゛)ヨボーン

『私たちの幸せな時間』(2006年) ★★★★☆

202.72.52.11『小さな恋のステップ』のイ・ナヨン、『デュエリスト』のカン・ドンウォン。ケチのつけようがない美人二人の共演です。

私たちの幸せな時間(2006年・韓国映画)

210.165.9.643人を殺した死刑囚と、3回自殺に失敗した元歌手。「死」だけを願って生きている二人が出会い、「生」を願うようになり・・・・・・。

私たちの幸せな時間(韓国)

203.80.26.39ご招待いただきまして、「私たちの幸せな時間」を観てきました??!( → 公式HP  )出演:カン・ドンウォン、イ・ナヨン、カン・シニル、ユン・ヨジョン、キム・ジヨン上映時間:124分 三度目の自殺に失敗した元歌手のユジョン(イ・ナヨン)は、精神

No.178 私たちの幸せな時間

203.131.194.84死刑囚の男、ユンス(カン・ドンウォン)と自殺未遂の女、ユジョン(イ・ナヨン)の人生の絶望を味わった男女の心の交流を描いたお話。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア