「不都合な真実」(アメリカ 2006年)

アメリカ元副大統領アル・ゴアの
地球温暖化レクチャーのドキュメンタリー。
映画レビューはネタバレしません。
不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
アル・ゴア デイビス・グッゲンハイム
パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン 2007-07-06
by G-Tools



 レンタルしようか考えていたところ
 蠍座で上映するというので出かけてきました。
 8月12日蠍座にて鑑賞・・・というか拝聴。

二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることで
地球の気温が上がる『地球温暖化現象』。
アメリカ元副大統領アル・ゴアは、
環境問題に関するスライド講演を世界各地で行う。
彼が話す地球の今と人類が滅亡するまでの真実のシナリオは・・・。


アメリカ元副大統領アル・ゴアが各地で開催している
地球温暖化についてのスライド講座のドキュメンタリー。
写真やグラフ、ちょっとブラックなアニメーションも折り込み、
自虐的なジョークも交えて地球規模の環境問題を説明していく。
北極南極の氷が解けることによる影響や、
アルプスなどの山々から氷河が目に見えて減っているという実態。
環境の変化が作り出すハリケーンや竜巻や洪水、干ばつ。
西ナイル熱やSARSや鳥インフルエンザの出現もこの延長上にある。
・・・と、かなり噛み砕いて説明されているのですが、
でもやっぱり難しい話なのは確かで。
とは言え上映開始直後に前の席で寝息が聞こえたのは論外ですが(苦笑)。

この講義は今中国にこそ必要なんじゃ?と思っていたら
もう中国でやっていたんですね。
ただゴア氏の講義を聞くことが出来たのは
当然ながら中国政府に選ばれた人間のはず。
政府関係者にゴア氏の危機感が届いたとは思えない。

京都議定書のサインを拒否したアメリカですが、
実際環境問題は政治のツールのひとつでしかないんですね。
有権者が興味を持たない話題には触れない政治家たち。
(どこかの国の年金問題も政府の反応は鈍かったのに、
国民の反響で手のひらを返すように急に動き出したんですよね・・・。)

正直な話、途中で入るアル・ゴア本人のエピソードの方が
興味深かったです。
お子さんの交通事故で人生観が変ったこと、
自身の子ども時代、たった一人のお姉さんの死・・・。
そんな本人の姿と"ほんの一瞬大統領になった"過去と、
ライフワークとして地球温暖化問題を世界中に説いて回る姿は、
何だか新手の政見放送のようで。
でも"不都合な真実"は紛れもない現実。

地球のバランスを崩したのは人間。
世界の問題はテロだけではない。
そして現政権のスローガンは『テロとの戦い』・・・。

温暖化に急ブレーキがかけられるとは思わない。
でも自分が出来ること・・・公共の交通機関を利用することや
水を節約することは今すぐでも出来ますね。
それにしても蠍座はやけに冷房が効いていましたが(苦笑)。

SFのように人類は地球を離れて、
地球を見つめて暮らすようになるのでしょうか、
遠くない未来に。

「生活スタイルを変える用意は出来ましたか?」
An Inconvenient TruthAn Inconvenient Truth
Al Gore
High Wire Music 2006-09-26
by G-Tools

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

不都合な真実

203.80.26.39勉強したなぁと思わされる作品でした。映画を観るというよりは、元米国副大統領、現ブッシュ大統領を獲得票数で上回りながら選挙に負けたゴア氏の地球温暖化についての講演会に参加するという感じ。映像にも、ゴア氏の講演の聴衆の姿がありますが、自分もその一部になっている印象

不都合な真実/アル・ゴア

203.131.194.84なんかね、映画を観に行ったというよりは講演を見に行ったような気分になる作品なんですが、でもその内容は「それでもボクはやってない」に匹敵するような重要な国際的な環境問題について提起しています。作品としてはドキュメンタリー映画に分類されるんでしょうけど、ほと....

不都合な真実

210.172.160.154不都合な真実(2006 アメリカ)原題   AN INCONVENIENT TRUTH     監督   デイヴィス・グッゲンハイム        音楽   マイケル・ブルック       出演   アル・ゴア「あのときゴアが勝っていれば…」if もしも話はむなしいだけであることは百も承知ですが、これを無念に思う人は多いでしょう。クリントン政権で副大統領を務め、2000年の大統領選挙に民主党より出馬。最後の決め手となったフロリダ州の開票で混乱を極めた結果(一度はゴアの勝利が伝

『不都合な真実』

59.106.28.133この映画の中で目の当りにするのは、今まで目を背けてきた本当に恐ろしい真実の地球の未来。でも安心して下さい。見終わってから自分がすべき事と出来る事、そして未来への希望までをもこの映画はきちんと用意してくれています。 不都合な真実 スペシャル・コレクターズ・..

不都合な真実☆独り言

61.195.190.68地球温暖化について、アル・ゴア氏がスライドを使ってとてもわかり易く解説してくれているのに見入ってしまいました。『不都合な真実』というドキュメンタリー映画が公開中です。TOHOシネマズで今週金曜日まで公開中の模様ドキュメンタリーって地味ですよねぇ、、、集客

「不都合な真実」を観てきました

133.205.94.4 地球温暖化を描いた映画(なのか?)不都合な真実を見てきました。

不都合な真実

210.172.140.254ゴア元副大統領の講演会を中心に構成されたドキュメンタリー映画。「地球温暖化」について、わかりやすく教えてくれます。ヘタなC級映画よりずっと面白かったです。最近の異常気象や生態系の変化は地球温暖化が原因だということは前から言われていて、わかって...

不都合な真実

203.131.194.84地球は青い方がいい。

不都合な真実

203.131.194.84【AN INCONVENIENT TRUTH:2007/01/20】製作国:アメリカ監督:デイヴィス・グッゲンハイム出演:アル・ゴアアメリカ元副大統領でもあり、一瞬だけ?大統領だったアル・ゴア氏による、温暖化対策の緊急性を訴える講演活動の模様を映したドキュメント映画。  ↑環境問題の前....

不都合な真実

220.157.254.130人類への警告。ゴア元副大統領が、地球温暖化の現実を、ていねいにわかりやすく教えてくれます。物事には必ず、始まりがあり、終わりがある。人類の終末へ,アクセルを踏み続け

不都合な真実

203.131.194.84不都合な真実’06:米◆監督:デイビス・グッゲンハイム「ゴシップ」「トレーニング・デイ」(製作総指揮)◆出演:アル・ゴア ◆STORY◆二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることで地球の気温が上がる「地球温暖化現象」。これにより海水面の上昇や異常気象、巨大ハリケ....

【2007-29】不都合な真実(AN INCONVENIENT TRUTH)

203.131.194.84地球の裏切りか?人類が地球を裏切ったのか?地球を愛し、子供達を愛する全ての人へ──。アル・ゴアが半生を捧げて伝える人類への警告。

温暖化とビジネス

125.53.25.10アル・ゴア元副大統領による書籍、またはドキュメンタリー映画のタイトル。新聞記者経験のあるゴア氏らしく、科学者への取材で得た事実を過去との比較で淡々と伝えている。書籍の売り上げは米国国内だけでも異例と...

不都合な真実

203.80.26.39満 足 度:★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:デイヴィス・グッゲンハイム 出  演:アル・ゴア 、他■解説■ 二酸化炭素などの温室効果ガスが増えることで地球の気温が上がる「地球温暖化現象」。これにより

映画鑑賞感想文『不都合な真実』

59.106.28.133さるおです。 『AN INCONVENIENT TRUTH/不都合な真実』を観たよ。 監督・脚本は『TRAINING DAY/トレーニング デイ』のデイヴィス・グッゲンハイム(Davis Guggenheim)。 出演は、アル・ゴア(Al Gore)。 賛否両論あると思います。 地球温暖化は本当。わたしも何かできることを..

映画『不都合な真実』

203.80.26.39原題:An Inconvenient Truth確かに凄い、これは誰もが感銘を受けるドキュメンタリーといっていいかもね・・自らの生い立ち、不都合な政治家達、驚愕の地球温暖化がもたらす脅威・・カエルの例はとても分かりやすくて、その愚かなカエルの習性と、なんら変わることのない

『不都合な真実』映画レビュー

59.106.28.133この映画は、ドキュメンタリー映画だと思ってたんですけど、観てみたら全然違いました。 ドキュメンタリーだと言えばドキュメンタリーですけど、イメージしてるのとは違います。 アル・ゴアによる大学の講義を記録して、いくつかの映像やコメント、伝記的要素を追加したよう..
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア