「あるいは裏切りという名の犬」(フランス 2004年)

オルフェーヴル河岸36・・・パリ警察のふたりの刑事。
全てに対照的な男たちが人生の折り返し点を迎えて歩む道。
あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]あるいは裏切りという名の犬 DTSスペシャル・エディション [DVD]
ダニエル・オートゥイユ ジェラール・ドパルデュー ヴァレリア・ゴリノ
アスミック 2007-06-08
by G-Tools



 警察を舞台にした人間の生き様(とそれ故の悲劇)を描いた作品でした。
 札幌ではユナイテッド(?)で公開、
 その後蠍座でも上映されたと思いますが、
 どちらもタイミングが合わずにDVDで。

パリ警視庁の警視で正義感の強いレオ・ヴリンクス(レオ)と
同じく警視で権力志向の強いドニ・クラン(ドニ)。
ふたりは互いにライバル心を抱き次期長官の座を争っていた。
市内で多発する現金輸送車強奪事件でドニが犯したミスで、
レオの親友で退職間近のエディは
主犯格の男によって命を落としてしまう。
この一件でふたりはますます対立の様相を深めていく。

 
冒頭での"標識泥棒"に呆気に取られ、
エディの送別会での余興と飛び入り参加のネズミへの"ご挨拶"に
半分呆れながら笑うしかなかったのですが。

家庭を大事にし仲間を大切にしいつも人に囲まれているレオ。
野心家で権力志向が強いドニは仕事仲間にも距離を置かれ
妻との間も冷え切っている。
パリ警視庁次期長官の地位を争う対照的なふたりですが
でも単純な善悪では描かれない。
愛と憎しみ、尊敬と嫉妬、軽蔑、欲、悲しみ、哀れみ、優しさを
淡々と抑え目な演出が織り上げていく。

主人公の刑事ふたりはフランスを代表する名優なのだそうですが、
どちらも存じ上げなくて。
・・・と思ったらドニ役のジェラール・ドパルデューは
「パリ、ジュテーム」6区『カルチェラタン』
(初老のご夫婦の離婚調停のお話)の
レストランのオーナー役の方なのですね。

そしてこの映画は女たちの物語でもあります。
突然夫を奪われたレオの妻カミーユの想い。
レオに助けられ、レオを慕い手を貸すマヌー。
(女性陣ではこのミレーヌ・ドモンジョがピカイチ)。
ドニの行為を警察官として認められずに去っていくエヴ。
そしてふたりの娘。
冒頭近くに出てきた武器商人の娘が窓から見下ろした瞳。
レオの娘ローラが父の乗せられた車を見送る姿。
そして成長し母と同じ雰囲気を漂わせていたローラの父への想い。
女たちの嘆きと悲しみと祈りとしなやかな強さ。

序盤のエピソードが巡り巡ってという作りは
ありがちですがでも上手いと思います。
でもレオの妻カミーユとドニの間に"過去"があったことはわかるものの
予告編に出てきた『かつて親友だった』レオとドニの間柄については
一切描かれていません。
ナレーションもなければ回想シーンを織り込むわけでなく、
そのあたりがわかり辛いのですがマイナス点なのですが、
それ以上に重厚な見応えのある映画でした。

ビジュアル的には全く好みではないのですが
ティティが貫き通したまっすぐな思いに涙が出そうでした。
あのナイフが・・・。
36 Quai des Orfevres (Original French Version with English Subtitles)36 Quai des Orfevres (Original French Version with English Subtitles)
Daniel Auteuil

by G-Tools

コメント

こんばんは!
TBどうもありがとうございました!
二人の名優の演技が渋かった。
すっきりとしたラストもよかったです。
うまく話がつながっていて、見応えありました
妻が二人にどう絡んだのか、そこが知りたかったです。
ハリウッドでリメイクされるそうですが、それも楽しみですね!

こんばんわ。
この映画すごく観たくて、今順番待ちしてるところなんです。
『インファナル・アフェア』以来、フィルム・ノワールに開眼してしまったので。
それぞれの生き様に運命が絡み合い、苦悩したり決断を迫られる姿に痺れてしまうんですよ^^;
ドパルデューなら、『終電車』、
ダニエル・オートゥイユなら『王妃マルゴ』『橋の上の娘』がよかったです。
どちらもコテコテのフランス映画ですが・・・。

アイマックさん、
手堅い作りだと思いますがでも見入ってしまいました。
レオ父娘の関係も良かったです。
>妻が二人にどう絡んだのか、そこが知りたかったです。
過去がもう少し描かれていれば言うことナシなんですが。

コーラさん、
フランス映画はこれが3本目かな?
大体が私、人の顔を覚えられない人なので、
ご多聞にもれず全然わかりません(汗)。
ジェラール・ドパルデューもこれを書いていて
やっと「パリ、ジュテーム」と結びついたくらいで(大汗)。
>それぞれの生き様に運命が絡み合い、苦悩したり決断を迫られる姿に痺れてしまうんですよ^^;
思いっきりそういう映画です、これ♪
コーラさんの感想お待ちしていますo(^▽^)o
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

あるいは裏切りという名の犬

203.80.26.39警察内部のドロドロとした暗部が、二人の長官候補の警察官を中心に描かれます。考えようによっては、警察官というのは、社会において、もっとも、犯罪者に近い位置にいる人々でもあります。時には、事件の解決のために、手を汚さなければならない場面も出てくることでしょう。

あるいは裏切りという名の犬

210.172.140.254「あるいは裏切りという名の犬」 2007年 仏★★★★★私の好きなフィルムノワールだ!フランスの刑事達の「野心・友情・裏切り・葛藤・復讐」・・・・もうこれは私の大好きなジャンルでございます!好きなんですよ。男達のこうしたドラマが。...

あるいは裏切りという名の犬

203.131.194.84【36 QUAIDESORFEVRES:2006/12/16】製作国:フランス監督:オリヴィエ・マルシャル出演:ダニエル・オートゥイユ、ジェラール・ドパルデュー、アンドレ・デュソリエ、ヴァレリア・ゴリノ、ロシュディ・ゼムパリ警視庁の2人の警視、BRI(探索出動班)所属の正義感あふれ....

あるいは裏切りという名の犬

203.80.26.39かつては親友、今では袂を分かった刑事二人。意地のぶつかり合いの果てにあったものは?という重厚な男たちのドラマです。先ごろ、ハリウッドでのリメイクも決まったそう。ロバート・デ・ニーロが関わるとの事ですが、どうなるんでしょう。あらすじは・・・

『あるいは裏切りという名の犬』

202.72.52.10引き続き、飯田橋ギンレイホール2本目。これも一部で評判だった「あるいは裏切りという名の犬」。大勢の方から良かったという声で鑑賞。 原題:36QUAIDESORFEVRES(オルフェーブル河岸36番地)監督・脚本・出演:オリビエ・マルシャル 脚本:フランク・マンクーゾ、ジュ...

この物語に結末を・・・

133.205.94.9270「あるいは裏切りという名の犬」(フランス) パリ、シテ島、オルフェーヴル河岸36番地にあるパリ警視庁。ここに二人の警視がいた。一人は仲間の信頼も厚く、正義を信じるレオ・ヴリンクス。もう一人は野心家で利己的、権力を望むドニ・クラン。かつては親友だった二人だが、今や考え方の違いから距離を置いていた。更に二人は次期長官の座も争うこととなる。 二人は多発する現金輸送車強奪事件の捜査で対立する。そしてドニの裏切りによって、レオは逮捕され、投獄されることに。更に悲劇がレオを襲った・・・.

あるいは裏切りという名の犬

210.165.9.64京都みなみ会館にて鑑賞。相反する二人の刑事の物語。パリ警視庁、仲間からの信頼厚い正義漢レオ・ヴリンク(ダニエル・オートゥイユ)と野心家で利己主義なドニ・クラン(ジェラール・ドバルデュー)“裏切り”が狂わせた運命の行方は早くもこの作品のハリウッドリメイクが決定レオ役にロバート・デニーロ、ドニ役にジョージ・クルーニーが決まり、今年撮影開始を目指し、準備中らしい・・・。「俺は罠にハメられたーー」実話に基づく、宿命の物語かってはレオとドニは親友だった。だが、レオの妻カミュー(ヴァレリア・ゴ

あるいは裏切りという名の犬

203.80.26.39満 足 度:★★★★★★★★★       (★×10=満点) 監  督:オリヴィエ・マルシャル キャスト:ダニエル・オートゥイユ       ジェラール・ドパルデュー       アンドレ・デュソリエ       ヴァレリア・ゴリノ       

あるいは裏切りという名の犬

210.172.140.254シテ島オルフェーヴル河岸36番地のパリ警視庁。パリでは1年半で7件の現金輸送車強奪事件が発生。犯人逮捕のため特別体制がとられ、レオ・ヴリンクス警視(ダニエル・オートゥイユ)が指揮官に任命される。事件をずっと追ってきたドニ・クラン警視(ジェラール・ドパ...

感想/あるいは裏切りという名の犬(試写)

210.150.29.57おフランスから届いたフィルムノワール『あるいは裏切りという名の犬』12月16日公開。元・盟友である2人の刑事、レオとドニ。しかし、いつしか2人は敵対関係に。一度狂ってしまった歯車は決して元には戻らないのであった。『あるいは裏切りという名の犬』試写状のビジュアルからしてシブーい雰囲気漂ってたけど、予想を上回る超〜オトコ臭い映画。人間の内面と、交錯する運命と、警察の裏事情があわさって、結果、話としては救いありませぬ。これが実話ベースってのはなんかイヤな恐怖感あるわ。ダークな映像の中、

あるいは裏切りという名の犬

210.165.9.64”36 Quai des Orfevres”原題「オルフェーヴル河岸36番地」。監督・脚本=オリヴィエ・マルシャル。共同脚本=フランク・マンクーゾ、ジュリアン・ラプノー、ドミニク・ロワゾー。元兼官だった監督の手による、かつて親友だった2人の警視の運命がスリリングに描かれるフランス伝統のフィルム・ノワール。☆☆☆☆★

あるいは裏切りという名の犬 (36 Quai des Orfevres)

59.106.28.133監督 オリヴィエ・マルシャル 主演 ダニエル・オートゥイユ 2004年 フランス映画 110分 ドラマ 採点★★★★ 社会の仕組みをいまいち理解していないのか、仕事は大好きだが出世欲には著しく欠いてるわたくし。正当な評価として出世している分には全く文句はないのですが、や..

あるいは裏切りという名の犬

210.165.9.6436 QUAI DES ORFEVRES (2006/フランス)【DVD】監督 :オリヴィエ・マルシャル 出演:ダニエル・オートゥイユ/ジェラール・ドパルデュー/アンドレ・デュソリエ/ヴァレリア・ゴリノ/ロシュディ・ゼム/ダニエル・デュヴァル 実際に警察官だった監督が、実話をもとに描いた作品。原題はパリ警視庁の住所「オルフェーブル河岸36番地」。フランスムード満点の犯罪もの。ロバート・デニーロ製作によるハリウッドリメイクも決定!フランスの警察について、ほとんど知らなかったので興味深

あるいは裏切りという名の犬

203.131.194.84 『かつて親友だった 同じ女を愛した 今はただ敵と呼ぶのか…』 コチラの「あるいは裏切りという名の犬」は、12/16公開になった"──実話に基づく、激しくも切ない宿命の物語──"なのですが、観てきちゃいましたぁ〜♪ ロバート・デ・ニーロとジョージ・クルーニ...

「あるいは裏切りという名の犬」 フレンチ・ノワールの品格

66.160.206.152よく父親と映画を見に行く。僕はミニシアター系の映画からメジャーどころまで幅広く見るのだけれど、父はベタもの一辺倒でマニアックなものが苦手だ。父「お前のサイト、マニア...

『あるいは裏切りという名の犬』を観たぞ〜!

202.72.52.12『あるいは裏切りという名の犬』を観ましたかつて親友だったふたりの警視の運命の物語を、元警察官のオリヴィエ・マルシャル監督が実話に基づき映画化したハードボイルドアクションです>>『あるいは裏切りという名の犬』関連原題:36QUAIDESORFEVRESジャンル:ドラマ/犯...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア