「パンズ・ラビリンス」(メキシコ/スペイン/アメリカ 2006年)

少女は理想郷の存在を信じた。
目を背けたくなる現実からここではない何処かへ。
パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]パンズ・ラビリンス 通常版 [DVD]
イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ ダグ・ジョーンズ
アミューズソフトエンタテインメント 2008-03-26
by G-Tools



 ダークファンタジーという予備知識しかありませんでしたが、
 観終えた後の心にのしかかっているこの感触は・・・。
 10月6日スガイシネプレックス札幌劇場にて。

1944年、スペイン暗黒時代。
内戦で父を亡くしたオフェリアは、
身重の母と共に母の再婚相手のビダル大尉の元に身を寄せ
レジスタンスが潜む山奥の砦で暮らし始める。
ビダルは生まれてくる"息子"にしか関心を示さず、
臨月の母は体調を崩しオフェリアは孤独と不安に苛まれる。
そんな彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。


1936年7月のスペイン内戦勃発と共に従軍したロバート・キャパが
9月にコルドバで撮影した『崩れ落ちる兵士』。
翌1937年、ゲルニカへのドイツ空軍(ナチス)の無差別爆撃に
ピカソが抗議して描いたと言われる『ゲルニカ』。
これしか思い浮かばないほどスペイン内戦とその後の時代について
全く知りませんでした。
フランコ独裁政権下のスペインは内戦での疲弊などを理由に
第二次世界大戦へは参加していなかったことは
『胸を焦がす文化・芸術 スペインの鼓動に触れる時間』なる
朝日新聞の広告特集(見開きで片面が「パンズ・ラビリンス」、
もう一方が「サルバドールの朝」の特集)で初めて知りました。
そして「パンズ・ラビリンス」の舞台は1944年。
フランコ将軍の独裁体制の中での物語です。

パンがオフェリアをどこに導きたいのかは容易に想像がつきました。
そこは"悲しみや苦しみの一切ない王国"ですし、
キリスト教がバックボーンにあるのですから。
そういう意味でラストに意外性はなかったこの映画が
それでも強烈な印象を残すのは現実の残酷さと過酷な空想の世界。
森の中の映像の重厚な色使いの美しさと対極にある容赦ない描写。
ダークファンタジーと呼ぶにはハード過ぎ。
(PG-12指定じゃ足りなかったような気が・・・)。

オフェリアの継父であるビダル大尉の役回りが効いていました。
戦争の非人道性と残虐さの象徴のような存在で
妻にも義理の娘にも愛情をかけなかった大尉は
同じく軍人だった父親の遺品の時計を手放さなかった。
憧れにも似たトラウマが"息子"への執着になるのでしょう。
ただこの人、冷徹なサドキャラなのですが、
・・・無理というか無茶というか無謀というか器用というかf(^_^;

そしてもうひとりの母のようにオフェリアを守ろうとするメルセデスは
無垢な存在を胸に抱いて言い放つ。

「いいえ、名前すら教えないわ。」

フランコ独裁政権時代は彼が亡くなる1970年中盤まで続きます。
パンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラックパンズ・ラビリンス オリジナル・サウンドトラック
サントラ
ビクターエンタテインメント 2007-09-27
by G-Tools

Pan's LabyrinthPan's Labyrinth
Javier Navarrete
Milan Records 2006-12-19
by G-Tools

ロバート・キャパ スペイン内戦ロバート・キャパ スペイン内戦
リチャード・ウェーラン Robert Capa
岩波書店 2000-01
by G-Tools

ピカソの戦争 《ゲルニカ》の真実ピカソの戦争 《ゲルニカ》の真実
ラッセル・マーティン
白水社 2003-12-11
by G-Tools

コメント

本当にダークで・・かなりズシリと重い後味でした。
スペイン内戦について全然無知ですが、この独裁政権は本当につい最近までの出来事なのですよね〜
観てよかったと思える映画ですが、たくさんのキーワードがあちこちに散りばめられていて、きっと私は全然すくい取れていないいないだろうと思うと、ハッキリ誰か教えて〜という気にさせられます(泣)

hitoさん、
ラストの解釈は人によってかなり分かれるようです。
>たくさんのキーワードがあちこちに散りばめられていて
キリスト教やギリシャ神話のテイストがかなりあるのだと思います。
映像の美しさと子守唄の物悲しいメロディと。
印象に残る作品ですね。

sannkenekoさん、こんにちは〜
私もやっと観たのでTBさせて頂きました。
こんなファンタジーもあるのですね。
なんとも意味深長なファンタジーでしたね。
劇場でご覧になったのですね。
美しさも気味悪さも迫力あったでしょうね(笑)
私は自宅で観ましたが、やはり心に残る作品になりました。

fizz♪さん、
日本人には可愛らしい感じのあるファンタジーですが、
元々は神話や伝説、キリスト教の世界観の物語なので
決して子ども向けのものではないんですよね。
>美しさも気味悪さも迫力あったでしょうね(笑)
大嫌いな虫が大写しになったことを除いても
私にとっては昨年のベストの映画です。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

パンズ・ラビリンス

210.172.160.154パンズ・ラビリンス(2006 メキシコ・スペイン・アメリカ)原題   EL LABERINTO DEL FAUNO   監督   ギレルモ・デル・トロ  脚本   ギレルモ・デル・トロ      撮影   ギレルモ・ナヴァロ                  音楽   ハビエル・ナバレテ               出演   イバナ・バケロ セルジ・ロペス マリベル・ベルドゥ      ダグ・ジョーンズ アリアドナ・ヒル「人には誰でも物語が必要なんです」ある著名な作家が語って

Pan's Labyrinth 「パンズ・ラビリンス」

210.150.29.57大人向けのフェアリーテールなんでしょうかPan's Labyrinth(パンズ・ラビリンス)は40年代のスペインを舞台にした女の子と「パンの迷宮」の物語。 現実の世界では主人公の母親がファシストの将軍と再婚しレジスタンスと戦う拠点に移動、妖精と知り合いになった彼女(名前がオフェーリアでわざとらしい)は悲惨な環境下で幻想的な世界に引込まれて行くという物語。妊婦の母親の状態が良くなかったり、屋敷内にレジスタンスのスパイがいたり、将軍が冷徹で野蛮だったりかなり酷い環境ですがラビリンスで

「パンズ・ラビリンス」人生はおとぎ話じゃないけれど

202.72.52.12「人生はおとぎ話じゃないのよ。現実は残酷なものなの。」内戦終結後もフランコ軍への抵抗運動が続く1944年スペインの山岳地帯。少女オフェリアは、臨月の母と共に再婚相手のフランコ軍大尉の駐屯地にやってくる。大尉は非情で残酷、罪無き者を平気で殺し、母を子供を...

パンズ・ラビリンス /EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH

210.165.9.64                                        {/hearts_pink/}人気blogランキング{/hearts_pink/}ずっと気になってた作品だったので、初日に観てきました〜{/kirakira/}アカデミー賞では 撮影賞、美術賞、メイクアップ賞の3部門で受賞{/hakushu/}脚

パンズ・ラビリンス

210.165.9.64Laberinto del fauno, El/Pan's Labyrinth(2006/スペイン=メキシコ)【劇場公開】監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ /アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロだから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。異色といってもいいファンタジーとヒューマンドラマが合体した映画。PG12、お子さま向きではないです。海外ではもっと年齢制限が高いとか。目をそむけてしまうグロいシーンがバンバン出て

感想/パンズ・ラビリンス(試写)

210.150.29.56ダークファンタジー。いや、ダークリアル?? 『パンズ・ラビリンス』10月6日公開。1944年スペイン。オフェリアは、臨月を迎えた母の再婚相手である大尉の元に越してくる。内戦と独裁的な大尉、そして日に日に体調が悪化する母。辛い日々の中オフェリアは妖精の姿を見つけ、不思議な迷宮へ。そこで"あなたは地底の魔法の国の王女である"と告げられ、それを証明するための3つの試練を与えられる。現実とファンタジーが交錯する中でオフェリアが観たものは。PAN'S LABYRINTH パンズ・ラビリンス

『パンズ・ラビリンス』

210.165.9.64(原題:El laberito del Frauno)----これってずいぶん前に観たんじゃなかった?「映画のポイントをどこにおいて、フォーンに喋るか、ちょっとそこを決めかねていたんだ」----イメージとしてはダークファンタジーだよね…。「うん。舞台は1944年のスペイン。内戦で父を亡くした少女オフェリアは母カルメンの再婚相手、独裁者フランコに心酔するビダル大尉の元に身を寄せる。大尉の子供を宿した母は日に日に衰弱。一方、その義父は残忍な本性をちらつかせる。孤独と不安に苛まれ、森をさ

映画〜パンズ・ラビリンス

210.165.9.64  ☆公式サイト☆本年度アカデミー賞3部門受賞作品1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジー。1944年、フランコ独裁政権下のスペイン。冷酷で残忍な義父から逃れたいと願う少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、昆虫に姿を変えた妖精に導かれ、謎めいた迷宮へと足を踏み入れる。すると迷宮の守護神パンが現われ、オフェリアこそが魔法の王国のプリンセスに違いないと告げる。彼女は王国に帰るための3つの試練を受けることになり……。 "

『パンズ・ラビリンス』

66.160.206.202監督:ギレルモ・デル・トロ CAST:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス 他アカデミー賞美術賞、メイクアップ賞、撮影賞 他受賞1944年、内戦終結後も荒れるスペイン。父...

パンズ・ラビリンス

203.131.194.84 メキシコ&スペイン&アメリカ ファンタジー&ドラマ&ホラー 監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ     セルジ・ロペス     マリベル・ベルドゥ     ダグ・ジョーンズ【物語】 1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政権....

パンズ・ラビリンス

210.165.9.64”Pan’s Labyrinth”脚本・監督=ギレルモ・デル・トロ。撮影=ギレルモ・ナバロ。美術=エウヘニオ・カバレロ。音楽=ハビエル・ナバレテ。今春のアカデミー賞では、6部門にノミネートされて、撮影・美術・メイクアップの3部門で受賞したダーク・ファンタジー。☆☆☆☆☆

パンズ・ラビリンス  称号:良作

210.131.5.9 1944年、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、母の再婚相手である大尉

パンズ・ラビリンス

210.172.182.52○EL LABERINTO DEL FAUNO ○PAN'S LABYRINTH ○2006メキシコ/スペイン/アメリカ/119min○公開(CKエンタテインメント) 2007/10/06・映倫 PG-12 ○ジャンル ファンタジー/ドラマ/ホラー[◆◆◆◆◇◇]4/6スペイン内戦の最中、ヒロインのオフェリア(イバナ・バケロ)の母は、スペインのフランコ政権下のビダル大尉の後妻として彼の元へ嫁いだ。ファシズムの象徴のような大尉のもとでは、親子とも幸福な生活とはいい難く、追い詰めら

パンズ・ラビリンス

210.165.9.64今年のアカデミー賞中継を見ていて、ひときわ目を引いたのが、この『パンズ・ラビリンス』。何が面白そうって、独特な造形が目立つファンタジーの世界。鬼才ギレルモ・デル・トロ監督作なんて代名詞が付くこの映画、この監督に鬼才なんていつから付いたんだろう?半年経ってようやく公開されたので、早速観てきました。★★★★★内戦終結直後のスペインを舞台に、余りに過酷で狂気に満ちた現実世界と、少女にしか見えないファンタジーの世界が、彼女の目を通して交錯していく。三つの試練に対し、命を賭して二つの世界を冒

パンズ・ラビリンス

210.131.5.9「パンズ・ラビリンス」 PAN'S LABYRINTH/製作:2006年、メキシ

パンズ・ラビリンス

210.165.9.64監督、脚本:ギレルモ・デル・トロ  出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ほか最近よくあるファンタジー映画とはだいぶ趣の異なる作品でした。少女の悪夢(=ファンタジー世界)1割、悪夢よりも酷い現実が9割くらいの構成。ファンタジー世界はデーモニッシュな要素が強く、暗くて恐ろしい。現実世界の少女の義父は残虐な悪魔的存在。ファンタジー世界も現実世界も目を背けたくなるくらいグロテスクな場面があります。現実世界では少女の目の前で残酷行為が繰り広げられることはあまりないのだけれど、それでもい

パンズ・ラビリンス/イバナ・バケロ

203.131.194.8410/5に公開された作品の中では文句なしの本命映画です。内容よくわかんなくてもあの予告編の印象、その映像美だけでドキドキさせられちゃうものがありましたね。各映画賞受賞うんぬんの肩書きなんてのはともかくとして、期待のダークファンタジーです。出演はその他に、....

パンズ・ラビリンス

59.106.28.133臨月で体調を崩している母カルメン(アリアドナ・ヒル)と共に、母の再婚相手ビダル大尉(セルジ・ロペス)のいる山の駐屯地にオフェリア(イバナ・バケロ)はやって来た。 どうしても好きになれない冷酷非道なビダル大尉、次第に体調が悪くなりベッドから離れられない母。

度肝を抜かれた!『パンズ・ラビリンス』

210.165.9.64第76回アカデミー賞で撮影賞・美術賞・メイクアップ賞を受賞し、脚本賞・外国語映画賞など6部門でノミネートされた作品です。

『パンズ・ラビリンス』

66.160.206.136第79回アカデミー賞で撮影・美術・メイクアップの3部門を受賞。そこで見た短い映像にかなり惹きつけられた。そんなワケですごく観たいと思っていた作品。さてさて「ダークフギ..

「パンズ・ラビリンス」:表参道バス停付近の会話

210.165.9.64{/hiyo_en2/}表参道とか原宿とかって、個性的なお店がいっぱいあるんだけど、どこに何があるのかよくわからないのよね。{/kaeru_en4/}まったく、迷宮みたいな町だもんな、このあたりは。東京人でも、なんか、おのぼりさんになった気分になるぜ。{/hiyo_en2/}迷宮、すなわちラビリンスよね。{/kaeru_en4/}「パンズ・ラビリンス」なんていう映画もあったな。てっきり表参道みたいな迷宮の町でパン屋さんを探し求める話かと思ったぜ。{/hiyo_en2/}まあ、このあ

「パンズ・ラビリンス」観てきました♪

210.165.9.64☆「パンズ・ラビリンス」監督:ギレルモ・デル・トロ 出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ 1944年の激しい内戦下のスペイン。この内戦で優しかった父を亡くしたオフェリアは、妊娠中の母の再婚相手・ヴィダル大尉に引き取られ森の中にある軍の砦に住む事になる。砦に向かう途中オフェリアは不思議な虫を発見。彼女はそれを妖精だと思い込む。ヴィダルは独裁政権軍でレジスタンス掃討を指揮する冷酷で残忍な男で、もうすぐ生ま

パンズ・ラビリンス

210.131.5.9 きわめて前評判の高い作品で、日本で紹介されることが未だにめずらしいスペイン映画ということもあって、かなりの期待をしていました。  しかし、自分の好みかといわれれば首をかしげざるを得ませんでした。  

パンズ・ラビリンス

203.131.194.84 『だから少女は幻想の国で、 永遠の幸せを探した。』 コチラの「パンズ・ラビリンス」は、フランコ独裁政権下のスペインが舞台のPG-12指定のダーク・ファンタジーで、10/6公開となっていたのですが、観て来ちゃいましたぁ〜♪ 既にご覧になられた方の間では、かな...

パンズ・ラビリンス

203.131.194.84哀しみと希望が交差するダークファンタジー。

『パンズ・ラビリンス』

59.106.28.133 映画の中でビダル大尉は周囲からカピタン(Capitan)と呼ばれていましたね。彼の威厳を示すかのように何度も何度も...。これで思い出したのが行進曲「エル・カピタン」。

パンズ・ラビリンス

202.248.89.108 ずーっと前からむちゃくちゃ楽しみにしていたギレルモ・デル・トロ監督最新作『パン

パンズ・ラビリンス

203.131.194.84第2次大戦下のスペイン。少女オフェリアは身重の母と共に新しい父親である軍の大尉の元に送られる。残忍にレジスタンスを抹殺してゆく大尉に恐怖を感じるオフェリア。彼女はある晩、不思議な妖精の導きによって謎の迷宮に辿り着く。そこに現れた牧神パンは、オフィリアこ...

パンズ・ラビリンス

66.160.206.2241944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人々がゲリラ闘争を繰り広げる山間部。内戦で父を亡くした少女オフェリア(イバナ・バケロ)は、ゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍(セルジ・ロペス)と再婚??n у

【劇場映画】 パンズ・ラビリンス

210.150.29.57≪ストーリー≫1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したフランス軍のビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が現れ、森の中の迷宮へと導く。そこではパン(牧神)が王女の帰還を待っていた。オフェリアは魔法の王国に戻るために3つの試練を与えられるのだった。(goo映画より)すごく楽しみにしていた映画をやっと観てきました。いい意味

パンズ・ラビリンス:残酷な童話 シネカノン有楽町

222.3.140.72 ファンタジーだと思って見に行ったら・・・ すすり泣いている人がいましたよ。 タイトル:パンズ・ラビリンス 監督・脚本:ギレルモ・デル・トロ 出演:セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ 製作:2006年スペイン/メキシコ 昔々地下の国..

パンズ・ラビリンス 観てきました。

133.205.94.9 風邪を引いてしまい、風邪薬を飲みながらパンズ・ラビリンスを観てきました。風邪と薬の影響もあってだいぶ眠かったんですが。

パンズ・ラビリンス

203.131.194.84【PAN'S LABYRINTH】PG-122007/10/06公開(10/16鑑賞)製作国:メキシコ/スペイン/アメリカ監督・製作・脚本:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政...

映画:パンズ・ラビリンス

203.80.26.39パンズ・ラビリンス(有楽町シネカノン一丁目)「次の満月が訪れる前に試練に耐えて王国に戻るのです」大人たちは地上の自由を求め闘い、少女は地底の王国を夢をみた・・・母の再婚で継父とうまくいかない少女のダーク・ファンタジー。というくらいの情報で臨みました。

★パンズ・ラビリンス(2006)★

202.72.52.10ELLABERINTODELFAUNOPAN'SLABYRINTHだから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。上映時間119分製作国メキシコ/スペイン/アメリカ公開情報劇場公開(CKエンタテインメント)初公開年月2007/10/06ジャンルファンタジー/ドラマ/ホラー映倫PG-12【解説】「ブレイド2」...

パンズ・ラビリンス

203.131.194.84無垢で孤独な魂は、地獄に天国を見出そうとして、闇の悪魔を光の天使へと反転する。哀しい瞳をした少女の前に現れたのはパン(牧神)。いたずら好きの彼は戸惑う少女にこう囁いた。「あなたは、長い間捜し続けていた魔法の王国のプリンセスに違いない。それを確かめるた...

『パンズ・ラビリンス』 ('07初鑑賞121・劇場)

133.205.94.4☆☆☆☆?? (5段階評価で 4)10月13日(土) シネ・リーブル神戸 シネマ3にて 15:50の回を鑑賞。

映画「パンズ・ラビリンス」

210.165.9.64予告を観て想像していたのとちょっと違い残虐で悲しいおとぎ話{/hiyo_shock2/}映像は好きだけど、ストーリーがあまりにも悲しく残虐シーンで何度目をつぶってしまった事か。。。{/hiyo_cry2/}でも作品としては見応えある作品だと思います{/star/}{/star/}{/star/}{/shootingstar/}♪プレゼントキャンペーン♪        {/arrow_t/}  HMVプレゼントキャンペーン【TSUTAYA online】最新DVD&レ

”パンズ・ラビリンス”

59.106.28.133”パンズ・ラビリンス”を観た。 よかった。 おとぎ話。切ない、切ないおとぎ話。 1944年、スペイン。おとぎ話が好きなオフェリアはお母さんと一緒に新しいお父さんのもとへ向かう。新しいお父さんは軍隊の”大尉さん”。”大尉さん”には部下がいてゲリラ達と戦っている..

パンズ・ラビリンス

203.80.26.39パンズ・ラビリンス を観てきた。?結局、あの結末を、どの視点で見るかということなんだと思う。?メルセデスたち「大人」の側から見れば、オフェリアは悲惨な運命をたどる不幸な少女だけど、オフェリアの側にしてみれば、決してそうではないわけで。?それを逃避

『パンズ・ラビリンス』

59.106.28.133舞台は、内戦後の混乱の只中にあるスペイン。 軍部の圧制に抵抗する人々は、ゲリラとして山中に潜み、政府軍との戦いを続けていた。 そんな中、おとぎ話が大好きな少女オフィリア(イバナ・パケロ)は、臨月の母カルメン(アリアドナ・ヒル)と共に、ある山村に向かっていた..

スペイン版、ダーク・ファンタジー杜子春●パンズ・ラビリンス

66.160.206.143パンの迷宮を抜け出す鍵の名は心。『Pan's Labyrinth』『パンズ・ラビリンス』 ウィキペディア(Wikipedia)スペイン内戦で父親を亡くした少女オフェリアは、妊娠中の母親と共に母親の再婚相手であるヴィダル大尉

パンズ・ラビリンス

203.80.26.39尾てい骨 頭蓋骨から 心臓へ  なんだか久しぶりです、ナメクジに尾てい骨をむじむじ齧られるような感触の映画を観たのは。しかも、ギリアム監督の「未来世紀ブラジル」のときのような、頭蓋骨の内側から除夜の鐘をくわんくわん鳴らされた驚愕も味わいました。ちょっとぞ

映画「パンズ・ラビリンス」

203.80.26.39原題:Pan's Labyrinthこの映画での"PG-12"の意味は、成人保護者同伴で小学生を映画館に連れて行って、是非観せてあげてくださいという意味に違いない・・教育指導的お伽噺・・オフェリア(イバナ・バケロ)は、身重の母カルメン(アリアドナ・ヒル)に連れられ

パンズ・ラビリンス、或いは、解離性障害

133.205.94.5情けないまでに、いきなりの号泣をしてしまった。

パンズ・ラビリンス

210.165.9.64だから少女は幻想の国で、永遠の幸せを探した。原題 EL LABERINTO DEL FAUNO/PAN'S LABYRINTH 製作年度 2006年 製作国・地域 メキシコ/スペイン/アメリカ 上映時間 119分 監督 ギレルモ・デル・トロ 脚本 ギレルモ・デル・トロ 音楽 ハビエル・ナバレテ 出演 イバナ・バケロ/セルジ・ロペス/マリベル・ベルドゥ/ダグ・ジョーンズ/アリアドナ・ヒル/アレックス・アングロ舞台は1944年のスペイン。内戦終結後もフランコ政権の圧政に反発する人

★「パンズ・ラビリンス」

210.165.9.64今週の週末レイトショウは、オスカー3部門受賞の話題作。といっても、撮影賞・美術賞・メイクアップ賞ですが。ともかく、予告編見る限りは、ダーークなファンタジーな感じがプンプン。

パンズラビリンス

202.248.89.108 「パンズラビリンス」です。 1944年スペイン内乱の最中、現実の世界に嫌気を差した少女オフェリアが幻想の世界へ旅立つに

映画『パンズ・ラビリンス』を観て

202.72.52.1079.パンズ・ラビリンス■原題:Pan'sLabyrinth■製作年・国:2006年、スペイン・メキシコ■上映時間:119分■日本語字幕:松浦美奈■鑑賞日:10月20日、シネカノン有楽町1丁目(有楽町)■公式HP:ここをクリックしてください□監督・脚本・製作:ギレルモ・...

パンズ・ラビリンス (El Laberinto del fauno)

59.106.28.133監督 ギレルモ・デル・トロ 主演 イバナ・バケロ 2006年 メキシコ/スペイン/アメリカ映画 119分 ファンタジー 採点★★★★ もうこの位の歳にもなると、ほとんど見なくなった悪夢。稀に見たとしても途中で「あぁ、夢を見ているんだな」と気付いてしまい、もう興醒め甚だし..

映画「パンズ・ラビリンス」

203.80.26.39監督:ギレルモ・デル・トロ出演:セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、ダグ・ジョーンズ、アリアドナ・ヒル、アレックス・アングロ予告で見た限りだと、間違いなく子供向けのファンタジーだと思っていました。が、たくさんのブログで高評価されていて、気になって

パンズ・ラビリンス

203.80.26.39ある番組で「10年に一度の映画だ!」とベタぼめしていて、あと「この結末は誰にも予想できない!」とかの触れ込みで気になって、気になって。。。全く私は、思う壺型の人間だな。( ^ _ ^;これから年末に向けてちょっと忙しくなりそうでこれを逃すとビデオになってしまう、

パンズ・ラビリンス(T_T)/~~~迷宮へようこそ・・・・。

210.165.9.64ファンタジーの中に、現実を見る 10月26日、「題名のない子守唄」鑑賞後、この映画を鑑賞した。どちらもかなり重たい作品だった。特にラストシーンは、かなり衝撃的だったでも多分主人公自身は幸せだったような感じがするんだけどね。主人公の少女が出会うさまざまな怪物は不気味な雰囲気で、リアルさも感じる。まるで本当に存在するかのように思える。そして観客もその不思議な世界「パンズ・ラビリンス」に一緒に旅に出かけていくような気がしてならない。怖いけど、見てみたいって気持ちでドキドキハラハ

パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」

66.160.206.199カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい...

パンズ・ラビリンス

202.72.52.10公開日 2007/10/6 12/8(大分県)監督:ギレルモ・デル・トロ出演:イバナ・バケロ/ダグ・ジョーンズ/セルジ・ロペス/アリアドナ・ヒル 他【あらすじ】1944年のスペイン内戦で父を亡くしたオフェリア。母はフランコ軍のビダル大尉と再婚するが、オフェリアは残忍な新し...

パンズ・ラビリンス

202.93.82.45[[attached(1,center)]]1944年、スペイン。内戦終結後も、フランコ政権の圧政に反発する人々が、ゲリラ闘争を繰り広げる山間部。 内戦で父を亡くした少女オフェリアは、臨月の母カルメンとともに、この山奥へとやって来る。この地でゲリラの鎮圧にあたるビダル将軍と母が、再婚したのだった。 冷酷で残忍な義父に、恐怖と憎しみを募らせるオフェリア。その夜、彼女は昆虫の姿をした不思議な妖精に導かれ、謎めいた迷宮へと足を踏み入れる・・。{{...

パンズ・ラビリンス

60.43.63.2  (この記事はいつもの様にネタばれしています。ご了承ください。)   ギレルモ・デル・トロ監督は『ブレイド2』しか観たことがなく今作も予告とDVDの解説しか知らず(我慢の賜物)に観たので、思わぬ展開にショックを受けた。そして同時に、この監督の美...

パンズ・ラビリンス

210.131.5.9 シドニー・ポラックが亡くなっていたのですね。結構好きな監督でした。(DVDにて

『パンズ・ラビリンス』'06・メキシコ・西・米

202.72.52.12あらすじ1944年、内戦終決後のスペイン。父を亡くした少女オフェリアは、身重の母と共にゲリラが潜む山奥で暮らし始める。そこは母が再婚したビダル大尉の駐屯地だった。体調の思わしくない母を労りながらも、冷酷な義父にどうしても馴染めないでいた彼女の前に妖精が...

『パンズ・ラビリンス』

210.172.140.254これはホントに見たかった! 見逃していたのでDVDにて鑑賞。これは映画館で見たかった・・・(涙)「1944年フランコ独裁政権下のスペイン。父を亡くしたオフェリアは、身重の母と共に継父ビダル大尉の元へ向かう。息子の誕生にしか興味のない大尉との辛い日々の中、オフェ...

【映画】パンズ・ラビリンス…良作、高評価、オススメ!…然し再鑑賞は躊躇

210.165.9.64さて(個人的に)三連休の真ん中な本日ですが、今日も雨{/kaeru_rain/}&特にすることも無いピロEKです{/face_ase2/}来月(7月)は、職場の引っ越しやらナニやらで実に忙しそうで、週末の休みがあんまり取れそうにない{/face_hekomu/}ので今回の三連休は貴重なんですけどねぇ{/face_ase2/}さて本日もちょっと前に観た映画のご報告です。「パンズ・ラビリンス」(監督:ギレルモ・デル・トロ、出演:イバナ・バケロ、セルジ・ロペス、マリベル・ベルドゥ、200

『パンズ・ラビリンス』

203.80.26.39熱で寝込んでいながらも、だいぶ調子が戻ってきて家にいるだけではつまらないので、DVD観始めました。体調悪い時に選ぶタイトルではないね、これはw。********************「ブレイド2」「ヘルボーイ」のギレルモ・デル・トロ監督が「デビルズ・バックボーン」に続い

『パンズ・ラビリンス』を観たぞ〜!

202.72.52.71『パンズ・ラビリンス』を観ました1944年のスペイン内戦下を舞台に現実と迷宮の狭間で3つの試練を乗り越える少女の成長を描くダーク・ファンタジーです>>『パンズ・ラビリンス』関連原題: ELLABERINTODELFAUNO    PAN'SLABYRINTHジャンル: ファンタジー/ドラマ/...

パンズ・ラビリンス

208.71.105.134パンズ・ラビリンス / EL LABERINTO DEL FAUNO              PAN'S LABYRINTH独裁政権下のスペイン。御伽噺が好きな少女オフェリアの前に牧神パンが現れる。パンによるとオフェリ...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア