「クワイエットルームにようこそ」(日本 2007年)

目が覚めたら記憶が覚束ない、
そして身体は動かない。
・・・クワイエットルームのベッドの上で。
クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)クワイエットルームにようこそ 特別版 (初回限定生産2枚組)
内田有紀 りょう 蒼井優
角川エンタテインメント 2008-03-19
by G-Tools



 11月3日に「拍手する時に去れ」と続けて観まして、
 レビューも続けて書くつもりだったのですが
 インフルエンザの予防接種で・・・。
 去年いつまでも注射の痕が痛かったので、
 ・・・だからと言って揉んではいけないんですってね(;゚_・・゚)
 注射跡が腫れて気持ち悪くて中断していました。
 ユナイテッドシネマ札幌にて鑑賞。

仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター佐倉明日香。
締め切りに追われ初めて掴んだ署名入りコラムの仕事に行き詰り、
同棲する鉄雄ともすれ違いの微妙な状態。
そんなある日、目を醒ました明日香は見知らぬ白い部屋にいた。
そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる閉鎖病棟だった。


原作・脚本・監督 松尾スズキ。
内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、中村優子、妻夫木聡、大竹しのぶ。
名前で観ると大体(→o←)ゞとなってしまうのですが、
・・・それでも気になるキャスティングだったのですよ。
エンディングロールの俵万智の名前に
患者の顔を思い浮かべていたら会場外のパネルで発見。
旅館の女将役だったのですね。
コップのアレが笑撃衝撃的過ぎて全く気づきませんでした。

自分の意思とは関係なく精神病院に入院させられたヒロインが
戸惑い反発しながら自分を見つめ直していく・・・。
去年DVDで観た「ベロニカは死ぬことにした」と同じような展開でしたが、
(両作品とも原作は未読ですが映画としては)
「ベロニカ…」よりずっと好きです。

ほぼ出ずっぱりで体当たりの演技の内田有紀。
彼女のコメディエンヌぶりは新発見でした。
そして嬉しいことに期待以上だった共演陣。
ステンレス製の心を持ったのは過去の出来事のせいで
ステンレス星から来たのではなかったナース江口。
私はお初の平岩紙の癒し系ナース山岸。
"見た目はグロテスクですが、
パンとミルクとイチゴという可愛いもので出来ております"とか(笑)。
でも・・・食欲失くす代物でございます(笑)。
嫌悪感と恐怖を感じさせる過食症患者と
痩せこけ目だけが光る拒食症患者。
新旧(と言ったら失礼かしら?)演技派女優、
大竹しのぶと蒼井優の怪演ぶりは言うまでもなく。

ところで前半はマトルーシカの攻防とかのブラックぶりに
でも周囲が静かなので声を出さずに笑っていたのですが、
話が進むに連れて笑えなくなる・・・イタくなってくる。

記憶を取り戻した明日香のバックボーン。
三十代を目前にした不安感と不安定なフリーの立場での仕事、
実家の父の急死、鉄雄と気持ちがすれ違って来ている。
・・・どんどん焦り追い詰められていく明日香と
明日香を見ていることしか出来ない鉄雄。
それでなくても自分で物事を決められない鉄雄が
泣きながら書いた手紙に溢れる辛さと優しさ。
鉄雄は本当にイイ人・・・歯並びが悪くても(爆)。

でも誰よりも私がイタかったのは栗田。
仏壇を巡るあの大騒ぎの下界外界より(苦笑)、
彼女の方がよほど真っ当な存在に思えるのですが、
でもサエちゃんの"エッシャーの無限階段"に呆れていた彼女が、
ここの患者からもらった連絡先のメモは外に出る(退院時)に捨てる
・・・そう言った栗田のドメインの"loop"の皮肉と残酷さ。

こんなに人が集まっているのにこんなに孤独な場所、他にないもの。

クワイエットルームにようこそ シナリオ&アーツBOOKクワイエットルームにようこそ シナリオ&アーツBOOK
松尾スズキ
ぴあ 2007-10-20
by G-Tools

Naked MeNaked Me
松原毅 LOVES. LOVES.×クワイエットルームにようこそ Original Soundtrack
キューンレコード 2007-10-17
by G-Tools

コメント

私が観たのと同じ劇場だったんですね〜。
>エンディングロールの俵万智の名前に
患者の顔を思い浮かべていたら会場外のパネルで発見。
そうそう!これも同じ(笑)
俵さん、こんなこともやる方だったんですね〜。

ミマムさん、
ユナイテッドの単館上映なのですよ、豪華なメンツなのに。
>>エンディングロールの俵万智の名前に
患者の顔を思い浮かべていたら会場外のパネルで発見。
>そうそう!これも同じ(笑)
もう1回見直したくなりませんでした?あのシーン(笑)。

--
“食”に関する患者が多かったな。
同じ“食べない”でもいろんなケースがあるんだね。
まあ、それはさておき、
この映画の何よりの素晴らしさは、
役者の個性を知りつくし、
それを生かしたキャスティングだろうね。
元AV女優、過食症の患者・西野を演じる大竹しのぶは圧巻。
金にうるさいところは少し『魂萌え!』の 加藤治子 とダブルかに見えたけど、
もっと悪魔的。
『黒い家』を彷彿させるモンスターぶり」
---『17歳のカルテ』のアンジェリーナ・ジョリーみたいなも
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

感想/クワイエットルームにようこそ(試写)

210.150.29.57Life is happy? 『クワイエットルームにようこそ』10月20日公開。フリーライターの明日香は目を覚ますと、閉鎖された空間で手足を拘束されていた。そこは「クワイエットルーム」と呼ばれる精神科の隔離病棟。冷徹な看護婦、奇妙な患者たち、そして面会に来ない彼氏。一種異様な世界で自分を見つめ直し……って、あたしなんでここにいんのよ? てか、ここから出られんの??映画「クワイエットルームにようこそ」前フリ・説明が長いなぁと思い始めた中盤、ようやく話が展開し始めたらけっこう引き込ま

【映画】クワイエットルームにようこそ

210.150.29.56■状況109シネマズ佐野にて無料鑑賞券で観賞■動機松尾スズキと平岩紙と主題歌■感想満足。■あらすじ仕事も恋愛も微妙な28歳のフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日目が覚めると見知らぬ白い部屋にいた。そこは“クワイエットルーム”と呼ばれる隔離された閉鎖病棟で、ナースから薬物とアルコールの過剰摂取により運び込まれたと説明される。■コメント満足。本当はもう一本見て行こうと思っていたのだが、これだけで満足してしまった。これ1本でキレイに完結している物語で、鑑賞中は十分に楽しめ、後味も

クワイエットルームにようこそ

66.160.206.220眼が醒めると、隔離病室で5点拘束されていた。ここはどこ?私は何をした?佐倉 明日香さくら あすか(内田有紀)は、800字のコラムを書く締め切りのはずが、気がつくと、仕切りのない便器がある真っ白い部屋に居る。原作

クワイエットルームにようこそ/内田有紀

203.131.194.84ホントなら公開直後に観に行きたかったんだけど、スケジュールの都合とどうせ観るならポイントつけてくれるシネコンのほうが効率がいいので、一週間待った上での鑑賞となりました。出演はその他に、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、中村優子、高橋真唯、馬渕英俚可、筒井真....

「クワイエットルームにようこそ」

210.150.29.57「クワイエットルームにようこそ」ブロガー試写会 ユナイテッドシネマズ豊洲SC4で鑑賞内田有紀復帰第一作。病院の精神病棟というほぼ密室というか広がりのない空間なのに出演者がとても多いと感じました。なのに、内田有紀出ずっぱり。彼女をキャスティングした人もえらいと思うけど、こんなにずーーーっとでていなければならない大変な仕事を引き受けた内田有紀もすごいと思います。精神的にも肉体的にも病んでいる難しい役をしっかりこなしていました。まさしく体当たりとぴう感じ。(ネタバレですが背中ヌードは影

『クワイエットルームにようこそ』

202.72.52.10久しぶりの映画鑑賞です。お友達の試写での評判がよいので映画館へ。監督・原作・脚本:松尾スズキ 歌:LOVES. 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、妻夫木聡、大竹しのぶ、中村優子 制作データ:2007/日本 アスミック・エース上映時間:118分-Story-仕事も...

クワイエットルームにようこそ

210.131.5.9「クワイエットルームにようこそ」製作:2007年、日本 118分 監督、脚本:松

#151.クワイエットルームにようこそ

203.131.194.84“大人計画”の松尾スズキ監督・脚本作品、『恋の門』』以来3年ぶりにあたる。この濃さがハマる人にはハマるし、ダメな人には全くダメってヤツかもしれない。私はというと、面白くて笑ってるうちに、だんだん本気になって見入ってしまった。えぐられた。

『クワイエットルームにようこそ』

210.165.9.64----偶然にも松尾スズキ離婚発表の日に観たんだよね。キャッチコピーの「目醒めたら、『そこ』にいた。」って、どういうこと?「うん。これはね内田有紀演じる28歳のライター佐倉明日香が、ある日目醒めると、白い部屋で拘束されていたというところから話が始まっていくんだ。そこは通称“クワイエットルーム”と呼ばれる、女子だけの閉鎖病棟内にある保護室。明日香はアルコールと睡眠薬の過剰摂取により、自宅で昏睡状態となっているところを同棲相手の焼畑鉄雄(宮藤官九郎)に発見され、ここに運び込まれたわけだ

★ 『クワイエットルームにようこそ』

203.80.26.392007年。「クワイエットルームにようこそ」フィルムパートナーズ。   松尾スズキ監督・脚本・原作。 内田有紀主演による、精神科の女子閉鎖病棟を舞台にしたコメディ。『カッコーの巣の上で』や『

クワイエットルームにようこそ

210.165.9.64今年は俺にとって松尾スズキ元年(謎)。この3週間はそのピークで、『ヒートアイランド』への出演をチェックし、『クワイエットルームへようこそ』を大いに楽しみ、11月4日のミュージカル『キャバレー』観劇に臨む、みたいなワクワクしたテンションの日々。つうことで、芥川賞候補にもなった(らしい)自筆小説を、自ら監督した『クワイエットルームへようこそ』を観てきました。★★★★★完全なる松尾スズキワールドに誘われた感覚。第一回監督作の『恋の門』では作家性と技術力の差、俳優の力量不足が目立ってとっつ

クワイエットルームにようこそ

203.80.26.39静粛に ただいま人間 改造中  とりあえず、内田有紀殿、お久し振りでございます。いろいろおありになったかとは存じますが、素晴らしき世界の中で、もがき楽しみ活躍するよな好抜擢な役柄を思う存分演じなされたこと、惜しみなく拍手を贈らさせて頂きとうございます。

私、鬱陶しい?

133.205.94.4271「クワイエットルームにようこそ」(日本) 佐倉明日香28歳、フリーライター。ある日目覚めたら見知らぬ部屋で5点拘束されて横になっていた。記憶がなく、見知らぬ場所に見知らぬ人々。現れた看護士の江口に告げられる。薬の過剰摂取によって昏睡状態に陥り、丸2日も眠っていたと。そこは緑山精神病院女子閉鎖病棟の拘束部屋。人呼んで??クワイエットルーム?? 閉鎖病棟には過食症や拒食症の人々。個性豊かな患者たちが入院していた。自殺の恐れがあると言われた明日香も入院生活を送る破目に。 非日常な空

クワイエットルームにようこそ

60.43.63.1 バツイチのフリーライター明日香(内田有紀)は、ある日、目が覚めると見知らぬ白い部屋にいた。ベッドに拘束され身動きがとれない明日香に、ナースの内田(りょう)は「アルコールと睡眠薬の過剰摂取で昏睡状態になり、ここへ運ばれ2日間眠り続けていた」と説明...

クワイエットルームにようこそ

203.131.194.84バツイチのフリーライター明日香は行き詰る生活に耐え切れず多量の睡眠薬を飲んで意識不明になってしまう。明日香が目覚めたのは病院内の何も無い個室。そこで完全拘束されていた彼女に一人の少女がこうささやきかけてきた。「クワイエットルームにようこそ。」俳優、脚...

・・・リメイク?『クワイエットルームにようこそ』

210.165.9.64ある日突然、精神科の閉鎖病棟に閉じ込められた、ひとりの女性の物語です。

【映画】クワイエットルームにようこそ

133.205.94.6「シネカノン有楽町2丁目」にようこそ満席の映画館にようこそ最前列にようこそ

映画「クワイエットルームにようこそ」

203.80.26.39監督:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、大竹しのぶ、妻夫木聡「フリーライターの明日香。締め切りに追われるある日、目が覚めたら見知らぬ白い部屋の中にいた。手足を縛られた状態で、何があったか思い出そうとしていると入ってきたのは看護

「クワイエットルームにようこそ」

66.160.206.152松尾スズキ監督作品ならディープな内容と予想していましたがまたこの世界を見てみたくなって、行ってきました。

「クワイエットルームにようこそ」:東京駅八重洲口バス停付近の会話

210.165.9.64{/hiyo_en2/}この白い通路は?{/kaeru_en4/}東京駅の地下にできた「グラン・スタ」っていう駅ナカ飲食店街に続く通路だ。{/hiyo_en2/}この白っぽさは、なんだかクワイエットルームを連想させるわね。{/kaeru_en4/}おいおい、物騒なことを言うなよ。クワイエットルームって、あの「クワイエットルームにようこそ」に出てきた真っ白い女子隔離部屋のことだろ。{/hiyo_en2/}そう、雑誌のフリーライターをしていた内田有紀が、ある日突然強制入院させられちゃう

クワイエットルームにようこそ

210.165.9.64公開中 松尾スズキ監督 内田有紀主演    出演 工藤官九郎、蒼井優、大竹しのぶ、    りょう、高橋真唯、妻夫木聡満足度 5.0宿泊地近くの川崎で鑑賞。他に見たい候補は有ったのですが、地元の劇場はコンサバな作品しか上映しないので、この作品をチョイス。軽い笑いの映画と思っていたのですが、精神病院の結構重い作品でした。主演の内田有紀はよくこの作品を選びましたね。離婚後の彼女の吹っ切れ具合が分かりますし、この年代の女優は貴重なので復帰は嬉しいです。舞台で鍛えられたせいか足の裏は汚いけど

クワイエットルームにようこそ(映画館)

210.165.9.64わたしは ここ で生まれ変わるのだ

映画:クワイエットルームにようこそ 試写会

203.80.26.39クワイエットルームにようこそ ブロガー試写会(ユナイテッド・シネマ豊洲)「life_is_happy@loop.com 」なんというか、観終わったあと呆然。えーっ!と思いありえねー!と笑いながらも、どこかひっかかるというか、心当たりがあったり、もしや、という感覚に捉えられ

「 クワイエットルームにようこそ (2007) 」

66.160.206.181 【 クワイエットルームにようこそ 】10月20日(土)公開 監督・脚本   : 松尾スズキ

クワイエットルームにようこそ

203.80.26.39ブロガー試写会に招待されました。場所は豊洲のシネコン。遠いけれど、綺麗ですよね。お店、沢山あって楽しいし♪でも遠い。(T^T)佐倉明日香、28才、バツイチ。職業フリーライター。締め切りに追われ、仕事に行き詰まる毎日。同棲相手とも、すれ違いの微妙な状態

クワイエットルームにようこそ:私は私のことを知らない 新宿ジョイシネマ

222.3.140.72 タイトル:クワイエットルームにようこそ 監督:松尾スズキ 出演:内田有紀、宮藤官九郎、蒼井優、りょう、高橋真唯、妻夫木聡、大竹しのぶ 製作:2007年日本 朝起きたら私(内田有紀)は真っ白な部屋でベッドに縛られていた。 看護婦(りょう)が入ってきた。 「私、縛..
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア