「ヴェロニカ・ゲリン」(アメリカ 2003年)

アイルランドの犯罪史を塗り替えたひとりの女性ジャーナリスト。
非業の死を遂げたヴェロニカ・ゲリンの人生最後の二年間の物語。
ヴェロニカ・ゲリン 特別版 [DVD]ヴェロニカ・ゲリン 特別版 [DVD]
キャロル・ドイル ジェリー・ブラッカイマー
ブエナ・ビスタ・ホーム・エンターテイメント 2006-01-25
by G-Tools



 実在の方ということで(⇒ウィキペディア)、
 ドキュメンタリータッチの作品だと思い込んでいたのですが・・・。

1994年。
アイルランド最大の発行部数を誇るサンデー・インディペンデント紙の
記者ヴェロニカ・ゲリン。
子どもたちにまで麻薬が蔓延していることに憤った彼女は
様々な情報源を駆使して麻薬売買組織の取材を続ける。
そしてヴェロニカの取材は首謀者ジョン・ギリガンへと迫っていく。


数多くの犯罪者たちが実名で登場しますが、
キャラクターは造形されているそうです。
ヴェロニカ自身も運転が乱暴とか料理は苦手ということはともかく、
フィクションの部分はあるのでしょう。

私がアイルランドで知っているものと言えば
今年2月に観た「once ダブリンの街角で」と
2006年秋に観た「麦の穂をゆらす風」。
そして「麦のー」のレビューで書いたとおり
アイルランドと言って思い浮かぶのはエンヤとU2とJ.F.ケネディと
「リヴィエラを撃て」で読んだIRAとシン・フェインくらい。
ですからDVDの特典の脚本を書いたM・A・ドナヒューナヒューと
原作者で共同脚本のK・ドイルの音声解説で
ようやくこの時代の背景などが少しわかりました。
裏返して言うなら本編だけではイメージが掴み辛い。
まあ私程度の知識なら・・・ですが。

そしてDVDにはもうひとつの特典として
インターナショナル・プレス・フリーダム賞を受賞した際の
ケイト・ブランシェット演じるヴェロニカとヴェロニカ(本人)の
スピーチが収録されています。
本編は100分程度の作品ですし、
カットする必要もなかったと思うのですが。

日本ではランドセルを背負うくらいの子が注射器を手にしている。
衝撃を受けるのは至極当然だと思います。
大学を卒業しても職に就けない多くの若者たちがいる。
貧困ゆえに高校を辞めざるを得ない子どもたちは尚のこと。
そして実名報道は名誉毀損法で訴えられてしまう当時の憲法。
ジャーナリストという鎧を着けて戦うヴェロニカが襲われた時、
仲間が自作自演だと噂するシーンがあるのですが、
実際、中流階級出身でスタンドプレーを続ける彼女が
妬みややっかみを買うことは多かったのではないかと思います。

いつからか彼女の運命は決まっていたのかもしれません。
ただ幼い息子を盾に脅迫された母の恐怖と、
そして自分も危険に身を晒したヴェロニカの内面の苦悩は
残念ながらあまり伝わっては来ませんでした
いくら突撃取材でも無防備でスキが在り過ぎるのは
実像なのかフィクションなのか・・・。
構成的にもオープニングから・・・ではなく
ひとりの家庭人として、ジャーナリストとしての女性の日常を
時系列で描いた方がラストの印象がより強く感じられたと思います。
ノスタルジックなケルト音楽の旋律が耳に残ります。

1996年6月26日。
ダブリンの交差点で信号待ちをしていたヴェロニカ・ゲリンに
6発の凶弾が浴びせられた。
B0001U1LJ8.jpgヴェロニカ・ゲリン・オリジナル・サウンドトラック(CCCD)
サントラ ブライアン・オドネル シンニード・オコナー
カッティング・エッジ 2004-05-12

by G-Tools

ヴェロニカ・ゲリンヴェロニカ・ゲリン
Emily O’Reilly 佐治 多嘉子 小林 薫
ソフトバンククリエイティブ 2004-06-05
by G-Tools

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ヴェロニカ・ゲリン」

210.165.9.64こないだ見た「ダブリン上等」に続いてアイルランドが舞台の映画。主演は「アビエイター」でオスカー取ったケイト・ブランシェット。地元?という事でコリン・ファレルもチョイ役で出演してました。2003年製作のノンフィクション・ドラマ、98分もの。あらすじ以下ネタバレ注意↓(反転モード・・左クリックのままマウスを動かしてね)アイルランドの首都ダブリン。そこで新聞記者をやってるヴェロニカ。街に蔓延する麻薬・麻薬・まやく・・・子供でもすぐ手に入るという惨状。誰も手を出さない社会問題に敢然と立ち向

ヴェロニカ・ゲリン

203.131.194.84赤い車で駆け抜けた女性記者、ヴェロニカ・ゲリン。

ヴェロニカ・ゲリン−(映画:2008年30本目)−

203.131.194.84監督:ジョエル・シュマッカー出演:ケイト・ブランシェット、ジェラルド・マクソーレイ、シアラン・ハインズ、ブレンダ・フリッカー評価:90点こういう映画を見ると背筋が伸びるね。犯罪組織を相手に戦って殺されたアイルランドのジャーナリスト、ヴェロニ....
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア