「シッコ」(カナダ 2007年)

先進国で唯一公的医療保険制度がないアメリカ。
マイケル・ムーアの今回のターゲットはアメリカの医療システム。
シッコシッコ
マイケル・ムーア
ギャガ・コミュニケーションズ 2008-04-04
by G-Tools



 札幌では2007年8月に上映されていた本作。
 アメリカで病気になると大変!いう話は聞いてはいたのですが・・・。

「ボーリング・フォー・コロンバイン」「華氏911」に続く
マイケル・ムーアのドキュメンタリー。
テーマはアメリカの医療制度の実態と矛盾。


冒頭、部屋のソファで寝そべるネコと同じように
男性(ネコにとってはご主人)が針と糸で
自分の足の傷を縫い付けている様子に?(・´Δ`・)?
でも治療費の自己負担分で家を手放さなければならなくなった夫婦、
金銭面や人種の壁で治療すら受けられずに亡くなってしまう人。

スターウォーズをBGMに華麗に紹介される(?)、
保険加入が認められない既往症のリストの多いことと言ったらもう・・・。
運良く(!)民間の保険に加入出来ても医療が必要な時には
不可解な理由付けで保険金を支払わない⇒治療を受けられないと
結局保険が役に立たない状況下になってしまう。
・・・下手なホラーよりよほど怖い話。

「ボウリング・フォー・コロンバイン」でカナダを例に挙げたように、
今回はイギリスやフランスの医療制度を引き合いに出していました。
直接病院や薬局に払う費用は保険が適用されても交通費は実費。
しかも積もり積もるとバカにならないわけですから、
低所得者の通院の交通費は病院持ちというイギリスの制度は
羨ましい限りです。
フランスのハウスキーパー派遣もいいですね。
もっともじゃあ、この費用は何処から賄うのか?ということについては
一切触れられていないのですが。

911同時多発テロで救助活動に当たった消防隊員たちを
グアンタナモ基地へ連れて行き、
せめて基地内のアルカイダの捕虜たちと
同じ治療を受けさせて欲しいと叫ぶマイケル・ムーア。
予告編ではこのシーンがクライマックスの印象だったのですが。
(ちなみに大問題になった収監者に対する虐待などの事件には
一切触れられていません。
確かに話はぶれてしまいますが・・・。)
当然(!)門前払いの憂き目に合う彼らが向かった先は・・・。

キューバも事前の準備をしていたらしく
インタビューに答えるのはチェ・ゲバラの娘で医師のアレイダ・ゲバラ。
医療費が無料のキューバで必要な検査と適切な治療を施され、
涙を浮かべる消防士たちの姿。
キューバのプロバガンダが90%以上とわかっていても
思わず涙ぐんでしまいました。

「『911』の英雄に敬意を表したかった。」

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

シッコ(2007年)

210.165.9.64『華氏911』のマイケル・ムーアが、またまたアメリカの恥部を暴きました。それは、医療問題。先進国で唯一と言われる国民皆保険システムの無いアメリカの医療に関する問題をまじめに暴きます。”テロより怖い医療問題”と言うのがこの映画の宣伝文句ですが、結構シャレになっていません。アメリカテレビを見ていると、よく「保険が無いので病院にいけない。」とか「私の保険はフルカバーなので大丈夫だ。」とか言うセリフを聞きます。国民皆保険の整っている日本では、理解しがたい言葉ですが、アメリカではそれが普通で

シッコ

203.80.26.39もう、30年以上も前になりますが、アメリカで長期に入院したことがあります。原因は肺炎でしたが、高熱が長く続き、相当に危ない状態にもなったそうです。当時は、まだ、現在のアメリカにある保険制度もありませんでした。医療費が高いため、普通のアメリカ人が、長期に入院するこ

マイケル・ムーア監督の「シッコ」を観た!

203.80.26.39ドキュメンタリー映画では最も有名な監督であるマイケル・ムーア、2002年には「ボウリング・フォー・コロンバイン」、2004年には「華氏911」を製作して、日本でもおなじみの監督です。そして今回、アメリカの医療保険制度に切り込んだ「シッコ」が上映されているというの

シッコ/マイケル・ムーア

203.131.194.84インディーズなイメージだったのに今じゃすっかりドキュメンタリー映画の巨匠のような存在になってるマイケル・ムーア監督。今回、彼が鋭くメスを斬り込んだのはアメリカの医療システム。これまでのアメリカの銃社会や政治をテーマにした作品は、興味は持てても実感しにくい....

9.11の先にあるモノ。『シッコ』

210.165.9.64アメリカの医療システムについての疑問を描いたドキュメンタリー映画です。

シッコ★Sicko マイケル・ムーア最新作!

210.165.9.64  テロより怖い、医療問題。 9月2日、京都シネマにて鑑賞。マイケル・ムーア監督の3年ぶりの最新作だ。私が観たのは、「ボウリング・フォー・コロンバイン」以来である。残念ながら、「華氏911」は未見である。ブッシュ大統領に突撃取材という話題の作品だったのに・・・・。観れなくて残念 さて今回の新たな標的はな・な・な・なんと誰もが関わりをもつ、医療問題だ日本でも、医療費の負担額は、随分厳しい状況3割負担の私とっても、かなりきつい薬を貰うたび、金額の多さに気分。しかしこ

『シッコ』

59.106.28.133国民保険の楽園天国のように映るカナダ、イギリス、フランス、キューバ。特に、フランスの乳母派遣システムに、女性は皆「フランスに住みたい!」と思う筈。私は『シッコ』を観て、本気でフランス移住を考えました(^^) 先進国で唯一、国が運営する国民健康保険が存在しない..

話題の シッコ を観てきました。

133.205.94.6 フリーペーパーR25をはじめテレビでも取り上げられているにもかかわらず、いつも行く映画館では公開1ヶ月で上映終了してしまうと言うことで急いでシッコを観てきました。

シッコ(DVD)

203.131.194.84新たな標的は、テロより怖い、医療問題!!生きるべきか、死ぬべきか__アメリカではそれを決めるのは保険会社。そのウラで医療費が払えないというだけで多くの国民が命を落としている・・・!泣く子も黙る超大国のはずなのに保険充実度は世界37位、なんと先進国中最...

★「シッコ」

210.165.9.64今週の週末レイトショウ鑑賞は・・・本日公開の本作。ジャッキー・チェンの「ラッシュ・アワー3」は、目覚まし時計欲しさに前売り券買っちゃったので、平日に見ることにしたので。

『シッコ』 (2007) / アメリカ

202.72.52.12監督・脚本・製作:マイケル・ムーア公式サイトはこちら。<Story>医療保障の破滅によって崩壊し、粉々にされ、場合によっては絶たれてしまったごく普通のアメリカ人数名のプロファイルで幕をあける本作は、その危機的状況が、4700万人の無保険の市民たちだけでなく...

シッコ

203.131.194.84アメリカ合衆国の医療制度は日本のような国民全員が加入する皆保険制度ではない。国民一人一人が自分にあった保険会社に加入する仕組みになっている。一見自由に見えるこのシステム。しかし実は、アメリカの医療システムは根底から崩壊していたのだ!アメリカ医療の実態に...

『シッコ SiCKO』

59.106.28.133 何だかタイトルのロゴがアメリカでも有名なこの会社のロゴに似ているような気がしましたが...。Sickoとは「こいつらビョ~キだぜ!」てな雰囲気の意味でしょうか?。

シッコ sicko(映画館)

210.165.9.64医療関係者は絶対に、絶対に、観てください。

シッコ

66.160.206.242■ シネ・リーブル池袋にて鑑賞シッコ/SICKO2007年/アメリカ/123分監督: マイケル・ムーア出演: マイケル・ムーア公式サイト先進国の..

シッコ

210.172.160.154シッコ(2007 アメリカ)原題   SICKO   監督・脚本・出演 マイケル・ムーア   (ドキュメンタリー映画) 『ボウリング・フォー・コロンバイン』で銃社会、『華氏911』でブッシュ政権の欺瞞を暴きだし、アメリカ社会の病理を描く作風でありながら、今や世界中が注目し、警戒するドキュメンタリー映画作家となったマイケル・ムーア。その強引な作風は熱烈な支持を得る一方、反ムーア派もそれに負けないくらい多い。その待望の?新作映画が『シッコ』である。Sicko(シッコ)とは、アメリ

シッコ・・・・・評価額1800円

66.160.206.159よくぞ言ってくれた。アメリカの電波少年、マイケル・ムーアの最新作「シッコ」は、「アメリカの医療保険制度の問題」を取り上げた意欲作。...

シッコ

210.165.9.64Sicko(2007/アメリカ)【劇場公開】ムーア先生、急患です。テロより怖い、医療問題。『ボウリング・フォー・コロンバイン』『華氏911』のマイケル・ムーアの新作ドキュメンタリー。Sickoとは、ビョーキ(精神病者)という意味とか。今回はアメリカの保険制度の実態を描いています。監督、13キロ減量(^^;)して突撃取材スタート!!ドキュメンタリーなので、ネタばれというかそのまんま書いてますので要注意。アメリカの実態仕事で指を2本切断してしまったが、1本しか治療できなかった男性。病気

シッコ

210.165.9.64土曜朝の事、「今日何て映画観にいくの?」と甥っ子に聞かれ、「シッコやで」と答えたら「おしっこ!おしっこ!」と大ウケ。小さい子はおしっこと、う○こと、ちん○んだけで笑えて楽しそう。全然関係のない書き出しで失礼。★★★マイケル・ムーア監督のやり過ぎな切り口については毎回どうかと思うところだらけだけど、人の言う事を聞かない人たちにはこの位ショッキングなものを観せて問題視させないとダメと言う事なんでしょう。正直、アメリカの医療制度には驚きの連続。開いた口が塞がらない。こんなに非道な方法が、

映画〜シッコ

210.165.9.64  ☆公式サイト☆『ボウリング・フォー・コロンバイン』がアカデミー賞長編ドキュメンタリー部門に輝き、『華氏911』でカンヌ映画祭パルムドールを受賞したドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている数百人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする。カナダ、イギリス、フランスを訪れ、国民全員が無料医療の恩恵を受ける国の事情を見つめながら、アメリカの混乱した医療制度を浮き彫りにしていく。『ボウリング〜』では、コロ

シッコ

210.165.9.64”SiCKO”監督・脚本・製作=マイケル・ムーア。編集=ダン・スィエトリク、ジェフリー・リッチマン、クリストファー・スワード。音楽=エリン・オハラ。『ボーリング・フォー・コロンバイン』ではアメリカ銃社会、『華氏911』ではブッシュ大統領の戦争政策を取り上げたム−ア監督の今回の標的は、問題だらけの米国の医療保険制度。☆☆☆☆★

SiCKO(アメリカ)

203.80.26.39Amebaブログのクチコミ番付からご招待いただいて、マイケル・ムーア監督の「シッコ」の試写会に参加してきましたー。( → 公式サイト  )出演:マイケル・ムーア上映時間:123分 ドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、保険料を支払っているにも

『シッコ』'07・米

202.72.52.10あらすじドキュメンタリー監督マイケル・ムーアが、4700万人の無保険者だけではなく、保険料を支払っている人にもマイナスの影響を及ぼすアメリカの医療システムの実態を明らかにする・・・。感想対岸の火事と笑ってられない?多くの人が保険未加入で保険に入っていても安...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア