「我が心のオルガン」(韓国 1999年)

高度成長期以前韓国の古き良き時代を背景に、
誰もが一度は経験する初恋を切なく描いた作品。
映画レビューはネタバレしません。
我が心のオルガン [DVD]我が心のオルガン [DVD]
イ・ビョンホン, チョン・ドヨン, イ・ミヨン, イ・ヨンジェ
タキコーポレーション 2004-10-08
by G-Tools



高度成長期以前の1960年代。
師範学校を卒業したばかりの若い教師カン・スハが
山奥にある小学校に赴任してきた。
スハは遅れて進級した17歳の小学生ユン・ホンヨンに
小学校への道順を尋ね、ホンヨンはスハに恋をしてしまう。
だがスハは、同じ日に赴任してきた同僚の女教師ヤン・ウニに片思い。
初恋に胸を焦がすホンヨンを尻目にスハはウ二と親しくなっていく。
仲睦まじい2人の姿に、 ホンヨンは嫉妬を覚えるのだが・・・。


見終わってから気が付いたんですが、
「コーラス」と同じようなシチュエーション。
先生がやってきて始まり先生が去って終わるストーリー。
「シュリ」と同じ年(1999年)の作品なのに画像が荒くて、
でも、1960年代という設定を意識的にしているのかも知れません。

イ・ビョンホン、イ・ミヨンの「純愛中毒」コンビには
今更何を・・・というところです。
イ・ビョンホンは「バンジージャンプする」のインウのような
成熟した男性教師ではなく、生徒にナメラレ、ウニに想いを寄せる
純朴な新米先生をまっすぐに演じています。
スハのラブレターのくだりは微笑ましくて・・・(笑)。
室長でも賭博師でもないフツーの人・・・何だか新鮮でした(笑)。
ウニはイ・ミヨン。
登場しただけで美しさと品のよさが光る女優さんです。
ホンヨン役のチョン・ドヨンは初めて見たのですが・・・上手い!
17歳の小学生役なんですが、違和感がありませんでした。
あら、上手くて当然。
韓国ではというか本来はチョン・ドヨンが主演です。

映画全体に広がる懐かしいような時間と風景。
身体検査・・・運動会・・・学芸会・・・日韓で共通しているのが
驚きだし、不思議だし・・・。
昔の日本と言ってもとおりそうな田舎の風景と、
人々の穏やかな心の動きと。

貧しさで学校に行くことが後回しになって、
17歳になって弟だか妹だかをおんぶして授業をうけるホンヨン。
でもホンヨンだけじゃない、村が、時代そのものがまだ・・・。

淡々と予想通りにストーリーが進んでいく中、
いくら何でももう少しひねればいいのにと思っていたら
最後の最後で!!!
驚きました(笑)。
The Harmonium in My MemoryThe Harmonium in My Memory
Byung-hun Lee, Jae-in Kim, Do-yeon Jeon, Mi-yeon Lee, Hye-rin Seo, Young-jae Lee
Tai Seng 2006-02-28
by G-Tools

コメント

221.171.238.202
sannkenekoさん、こんばんは。
この映画、観たいんですよ〜。
でも私が愛用しているネットレンタルでは扱ってなくて…。
sannkenekoさんの記事を読んで、ますます観たくなりました!
韓国映画って、結構、素朴で懐かしい風景や町の描写が
胸に沁みることがありますよね…。
「遠い路」とか「八月のクリスマス」とか。
激しい韓ドラにつかれたら、こういうのを観たいです。

211.13.55.189
こんにちは、sannkenekoさん。
私が韓国のドラマや映画を観始めた頃に母が新作だったのよ。と「我が心のオルガン」のDVDを借りてきてくれました。
まだまだ韓国のドラマについて映画もあまり知らなくて、この作品に着用していた物もイ・ビョンホンの亡くなった父の形見の物を着て演じていた事も知らなく、なんとなく観ていました。
観始めは、素朴で単調に進んでいく映画だな〜と思いました。でも、なるほど〜と納得のいく映画でしたよ☆やはり最後の最後でsannkenekoさんも驚いてしまったんですね(笑)

220.108.7.160
Makoさん、
私もずっと気になっていたんです。
やっと見られました。
>韓国映画って、結構、素朴で懐かしい風景や町の描写が
胸に沁みることがありますよね…。
>「遠い路」とか「八月のクリスマス」とか。
台詞とか人々の心の描き方とか・・・。
地味なんですけど、すごく丁寧に作ってあるようで・・・。
「サンドゥ」「バリ出来」とクタクタなので、ちょうど良かったです。

220.108.7.160
生茶さん、
生茶さんも見ていらしたんですね。
私は撮影中のエピソードには関心がないのですが、
確かにひと昔前のスーツという感じでしたね。
>やはり最後の最後でsannkenekoさんも驚いてしまったんですね(笑)
目を疑いましたよ(笑)。
あのシーンでオープニングの謎がとけました。

220.212.30.168
我が心のオルガン、好きです。
何で、我が心のオルガンが代表作じゃだめなの?ビョンホン シ。
エンドロールで驚きますよね。
許されるんだろうか。
写真はビョンホン パパだそうですよ。

43.244.175.165
はじめまして。TBありがとうございました。
このところ、ビョンホンシ〜ものばかりを立て続けに見ましたが、たしかに新鮮な印象ですね。
「バンジージャンプする」をまだ見ていないので、見てみたいです!

219.164.199.36
poncoさん、
poncoさんもご覧でしたか。
地味ですけどとてもいい映画。
別に主役じゃなくても代表作でいいと思いますけどね。
>エンドロールで驚きますよね。
もう「へぇ?」ってマヌケな声を上げてしまいました(笑)。

219.164.199.36
しばやんさん、
こちらこそコメントありがとうございます。
ビョンホンものは「純愛中毒」「バンジージャンプする」に続いて3本目です。
特にファンというわけではないのですが(笑)。
「バンジージャンプする」おすすめです。
ちょっとわかりづらい部分があるかもしれませんが。

219.117.7.100
こんにちは。
この映画の出演をきっかけにイ・ビョンホンの評価が上がったそうですね。いい映画でした。
チョン・ドヨン、怪演でした(笑)
それにしてもDVDの表紙はひどいです。映画の中のシーンを使うならまだしも、あれは最近の写真。

219.165.141.105
makibaさん、
やっと見られました。
>チョン・ドヨン、怪演でした(笑)
怪演の表現がピッタリです(笑)。
>17歳の小学生の淡い恋物語なんです。
>確か韓国版予告編にはビョンホン氏は登場してないし^^;)
え〜、それがどうしてイ・ビョンホン主演に化けちゃうんでしょう?

61.117.31.92
はじめまして。tamayuraxxと申します。
TBさせていただきました。
確かにこの作品のスハ先生は、「バンジージャンプする」の
インウ先生とは全然違いますよね。
チョン・ドヨンssiはわたしもこの作品で初めて見て、
その後他の出演作を見る機会があったのですが、
やはり作品によって全然雰囲気が違う女優さんだなと感じました。

60.42.32.135
tamayuraxxさん、
こちらこそはじめまして。
TBとコメントをありがとうございます。
>確かにこの作品のスハ先生は、「バンジージャンプする」の
 インウ先生とは全然違いますよね。
片や新任の先生、片や働き盛りですからね。
違って当然ですが。
私はチョン・ドヨンは初見です。
本文中にも書きましたが私はイ・ミヨンの美しさと品のよさに
惹かれました。

221.171.238.87
こんばんは。コメントとTB、ありがとうございました。
やっと観ました。
チョン・ドヨンさんは本当に上手かったですが、
イ・ミヨンさんも良かったですよね。
誤解を恐れずに言えば、役者としてあまり演じ甲斐のない役だと思うんです、
あの美人先生の役は。
でも、ただ美しいだけじゃなくて、
芯の強さとか心の微妙な揺れを感じさせる繊細な演技でした。
素敵な女優さんですよね。

220.108.23.134
Makoさん、
こちらこそありがとうございます。
ずっと観たいとおっしゃっていた「わが心のオルガン」。
ご覧になれてよかったですね。
イ・ミヨンの件ですがおっしゃるとおりだと思います。
極論を言えば(暴論ですが)、誰でも良いわけで・・・。
ただイ・ミヨンの清潔感や透明感はヤン先生そのものでした。
「純愛中毒」といい「黒水仙」といい、
彼女のオーラには惹かれるものがあります。

219.165.129.140
お初です☆
この映画のチョンドヨン最高でした!!!
けどイミヨンに惚れました(^^ゞ

219.165.129.140
くるさん、
はじめまして。
TBとコメントをありがとうございます。
チョン・ドヨンはこの映画の主役です。
(日本ではイ・ビョンホンが前面に出ていますが)。
ただ、個人的にはイ・ミヨンのほうが好きです・・・。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「我が心のオルガン」イ・ビョンホン主演 DVDにて

210.165.9.64DVDで韓国映画『我が心のオルガン』を観ました。主演は『誰にでも秘密がある』の「イ・ビョンホン」、共演に『スキャンダル 』の「チョン・ドヨン」と『純愛中毒』の「イ・ミヨン」。山深い山村の小学校に赴任してきたのは学校を卒業したばかりの『スハ』(イ・ビョンホン)だった。17歳だが事情により小学5年生の『ホンヨン』(チョン・ドヨン)は彼に淡い恋心を抱く。一方『スハ』は一緒に赴任してきた同僚の女性教師『ウニ』(イ・ミヨン)に好意を持った。LPレコードの貸し借りなどで二人の距離は縮まるかに思

『我が心のオルガン』(韓国映画)

61.121.100.51イ・ビョンホンが演技に目覚めるきっかけになった作品。 我が心のオルガンチョン・ド

映画「我が心のオルガン」

210.188.235.154タイトル: 我が心のオルガン  初恋を思い出したい女性、 小学校の先生に特にお勧めしたい映画です☆  師範学校を卒業したばかりのイ・ビョンホンは、江原道の山村にある小学校の5年生担任としてソウルから初任してきた。時代は韓国がまだ貧しいかった1960年代。 監督はイ・ヨンジェ。 生徒たちは元気いっぱいで、いたずら好き。昔の小学生は実際、こんな感じだったのだろうか。先生役のイ・ビョンホンと生徒たちのやり取りが、何気に面白く、また心温まる映画だ。 イ・ビョンホンは、同僚の先生、イ・

『我が心のオルガン』 甘酸っぱい初恋

202.223.107.254高度成長期以前の1960年代。江原道の山奥にある小学校に、師範学校を卒業したばかりの、若い教師カン・スハ(イ・ビョンホン)が赴任してきた。スハは遅れて進級した17歳の小学生ユン・ホンヨンに、小学校への道を尋ね、生まれて初めて「お嬢さん」と呼ばれたホンヨンは、スハに恋をしてしまう。だがスハは、同僚の女教師ヤン・ウニに片思い。ホンヨンは日記に愛の告白を記すようになるが、スハはホンヨンを生

映画「我が心のオルガン」

誰が出演しているかなんて考えないでこの映画を観てました。イ・ビョンホンとイ・ミヨンが出ているのはすぐにわかりました。演技のすごく上手な子役がでているな〜と思って観てて、観終わったあとにネットで調べてびっくり!子役じゃなくてチョン・ドヨンだったんですね〜 いろいろな事情で17歳だけど小学5年生であるという役柄でしたが、普通に小学生に溶け込んでいました。チョン・ドヨンってこんなにすごい女優だったのね。これからが楽しみです。 子供たちが繰り広げるドタバタやチョン・ドヨン演じるホンヨンの日記の内容がとても面白かっ

[映画]我が心のオルガン 【ネタばれ】

ブログを作ってみて、映画感想を書くのは意外と難しいと感じました・・・。もっと簡潔に書けると良いんですが。さて、感想2本目は「我が心のオルガン」にしたいと思います。我が心のオルガン / タキコーポレーションISBN スコア選択出演:イ・ビョンホン、チョン・ドヨン、イ・ミヨン 他監督:イ・ヨンジェ (1999年 韓国)---Story---舞台は1960年代の韓国。農村の小学校に、21歳の新任教師スハ(イ・ビョンホン)がやってきた。彼に恋してしまった17歳の小学5年生、ホンヨン(チョン・ドヨン)。...

「我が心のオルガン」〜ほのぼの系ビョンホン

  1999年韓国監督/イ・ヨンジェ出演/イ・ビョンホン イ・ミヨン チョン・ドヨン1960年代の韓国の山村の小学校に、音楽好きの21歳の教師カン(ビョンホン)が赴任してきた。遅れて進級している17歳(!?)の小学生ホンヨンはこの若い教師に恋心を抱くが、彼は年上...

「我が心のオルガン」

1999年韓国映画。イ・ヨンジェ監督作品。ずっと観たいと言い続けてた映画。やっと観ましたなかなか良かった。チョン・ドヨンはやっぱり上手い!!そしてビョンホニも上手い!!さらに目立たないけどイ・ミヨンさんもイイ!!ドヨンさんの独壇場かと思いきや、そうじゃなかっ....

映画「我が心のオルガン」

映画「我が心のオルガン」一言感想;チョンドヨン最高☆イビョンホン・イミヨンと有名俳優が出てますが、完全にチョンドヨンの映画ですね!!!17歳で小学校に通う学生役を、違和感なく演じてて、田舎の子演じさせたら韓国一の女優かな(褒めてます)この映画でイミヨンって女優さん初めて知りました、めちゃ美人でタイプです・・・(ーー゛)...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア