「幻影師アイゼンハイム」(アメリカ/チェコ 2006年)

愛を賭けて自由を賭けて人生を賭けて。
人生最大で人生最後のイリュージョン。
幻影師 アイゼンハイム [DVD]幻影師 アイゼンハイム [DVD]
エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ ジェシカ・ビール
東宝 2008-11-21
by G-Tools



札幌での所要が思ったより早く終わり
帰る前に映画を観て行こうと思い立ちました。
現在位置(JR札幌駅)と時刻表と相談の上で上映最終日のこの映画を。
11月21日蠍座にて。

19世紀末、ハプスブルク帝国末期の芸術文化の都ウィーン。
大掛かりな奇術=イリュージョンで
絶大な人気を誇っている幻影師アイゼンハイムの評判を聞きつけ、
皇太子レオポルドと婚約者のソフィがショーを観覧する。
それはお互いにほのかな恋心を抱いていながら
身分の違いを原因に引き裂かれたアイゼンハイムとソフィの再会。
しかし彼女は謎の死を遂げてしまう。


オープニングが少々長く退屈に感じられたのですが、
ウール警部の回想と言う形でアイゼンハイムの人生を振り返るあたりから
引き込まれていきました。
キーパーソンの皇太子レオポルドは実在した人物で、
ちょっと暴君的なところは事実が反映されているのだとか。
サスペンスの範疇に入る作品だと思いますが、
ミステリーを見慣れていると物足りない部分も多々。
いくら階級制度から自由になるため、
愛を成就させるためとは言え、
時代背景を考えて見なければ"ソフィ殺害のイリュージョン"も
ありえない!で終わってしまいます(笑)。

イリュージョンという性格上CGが多投されているのですが、
劇中のアイゼンハイムが披露する奇術の多くは、
(死者の魂をこの世に呼び戻すことはわかりませんが)
当時実際にあったものなのだそうです。
あの時代の観客はイリュージョンをどのように見て、
また受け止めていたのかという好奇心も湧いてきます。

建物や石畳、上流階級(特に女性陣)のファッションなど、
19世紀末の雰囲気が良く出ていたと思います。
ただ成長してからのソフィに公爵令嬢の品があまり感じられず、
また音楽がもう少し華やかだったらいいのにと思いました。
ラストの謎解きをあまりに見せ過ぎる部分もありますが、
見終えた後に残るのは不思議な爽快感。
案外ウール警部もこんな気持ちになったのかしら。

「見たものは全て幻影だ。
トリックなのだ。」
The Illusionist (Widescreen Edition)The Illusionist (Widescreen Edition)
Edward Norton, Paul Giamatti, Jessica Biel, Rufus Sewell, Neil Burger
20th Century Fox 2007-01-09
by G-Tools

コメント

突然で申しわけありません。現在2008年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/15(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。

これはないだろう。
もう、それだけでラストが読めてしまう」
----まあまあ押さえて。
で、どんなお話だったの?
「19世紀末ウィーン。
アイゼンハイム(エドワード・ノートン)という名の幻影師が
幼い頃、引き離されたソフィ(ジェシカ・ビール)と再会する。
だが、彼女はいま皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)の婚約者。
アイゼンハイムとソフィの密会に気づいたウール警部(ポール・ジアマッティ)は
皇太子にそれとなく二人の関係を知らせる。
レオポルドは彼にアイゼンハイムを潰すよう命じるが…。
ここまでにしておこうかな」
----あらら。
「この映画、ツッコミどころは多いものの、
人によっては愛すべき作品になりそうな気配。
時代を再現した美術、衣装、撮影。
そして切ない愛の物語。
それだけに、
クドいようだけど
結末を想像させるこのコピーは
止めてほしかったな」
           (byえいwithフォーン)
フォーンの一言「そう言われると、かえって観たくなるニャ」
※知りすぎはよくない度{/hiyoko_cloud/}{/hiyoko_cloud/}
人気blogランキングもよろしく{/kaeru_thank/}
☆「CINEMA INDEX」☆「ラムの大通り」タイトル索引
(他のタイトルはこちらをクリック→)
「キタ顔」キャンペーン参加中!※フォーンを探せ!
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「幻影師アイゼンハイム」:葛西駅前バス停付近の会話

210.165.9.64{/hiyo_en2/}地下鉄博物館って、昔の車両がいろいろ展示されているのよね。{/kaeru_en4/}いまや簡単には見れない幻の車両。電車少年にとっては初恋の人と巡りあうような場所だな。{/hiyo_en2/}幻の恋人と出会うなんていうと、なんか「幻影師アイゼンハイム」みたいね。{/kaeru_en4/}幻影師、つまり魔術師、イリュージョニストになった男アイゼンハイムがかつての初恋の女性と偶然出会う。けれどその人はいまや、ときの皇太子の婚約者になってしまって手の届かない存在。

幻影師 アイゼンハイム

203.80.26.3919世紀末のウィーン。ハプスブルグ定刻末期の芸術文化の都では、大掛かりな奇術(イリュージョン)が一世を風靡していました。そこに、アイゼンハイムという名の幻影師が現われ、絶大な人気を得るようになります。その評判の高さに興味を示した皇太子が舞台を観に訪れた日、アイゼ

★ 『幻影師アイゼンハイム』

203.80.26.392006年、Fox, "THE ILLUSIONIST".ニール・バーガー監督。(なぜこの映画がこんな日付の位置にあるかというと、ある違法な犯罪行為によるためです。自宅のモニターで見ました。劇場公開時にはちゃんと映画館でもう1度見ます。)

エドワード・ノートンの「幻影師アイゼンハイム」を観た!

203.80.26.39日比谷のシネ・シャンテで「幻影師アイゼンハイム」を観てきました。実は同じシネ・シャンテで上映している「イースタン・プロミス」を観る予定でしたが、急転直下、「幻影師アイゼンハイム」を観ることにしました。「ローマの平日@裏話」のyuranoto さんの記事がそのき

幻影師アイゼンハイム

210.165.9.64エドワード・ノートンの顔が、まとわりつく・・・。悪くないかも。

幻影師アイゼンハイム

133.205.94.6すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。

幻影師アイゼンハイム

203.131.194.84 哀しみのイリュージョンの幕が開く

幻影師アイゼンハイム

210.165.9.64すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。原題 THE ILLUSIONIST 原作 スティーヴン・ミルハウザー製作年度 2006年製作国・地域 アメリカ/チェコ 監督 ニール・バーガーピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの同名短編小説をエドワード・ノートン主演で映画化した幻想ミステリー・ロマンス。監督はこれが長編2作目の新鋭ニール・バーガー。 {/book_mov/}魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼

幻影師 アイゼンハイム THE ILLUSIONIST

210.165.9.64 幻影師(Illusionist) 奇術師にはふつうmagicianという言葉が使われるが、凝った幻影を得意とするマジシャンについては、このIllusionistという語を用いる。蛇足ながらこの言葉は哲学の文脈では、物資世界を幻影と考える者の意。 7月4日、新京極シネラリーべで鑑賞。この日が最終日ということで慌てて観に行きました。あのエドワード・ノートン主演ということで、ぜひ鑑賞したかった作品です。彼の作品は多分「ファイト・クラブ」(99)以来だと思います。その

「幻影師アイゼンハイム」

203.80.26.3919世紀末、ハプスブルク帝国末期のウィーンでは、大掛かりなイリュージョンが流行っていました。中でも人気が高いのは、幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者の伯爵令嬢ソフ

幻影師アイゼンハイム

210.165.9.64The Illusionist(2006/アメリカ=チェコ)【劇場公開】監督・脚本: ニール・バーカー出演:エドワード・ノートン/ポール・ジアマッティ/ジェシカ・ビール/ルーファス・シーウェル/エドワード・マーサン/ジェイク・ウッド すべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。楽しみにしていた作品。ピューリッツァー賞受賞作家のスティーブン・ミルハウザー原作。19世紀末のウィーンに現れた幻影師をめぐるミステリーラブロマンス。全米ロングラン大ヒット話題作。story魅惑的なイリュージョ

幻影師アイゼンハイム/エドワード・ノートン

203.131.194.84予告編の印象だとラブサスペンスみたいなお話っぽいんだけど、何でも原作はピューリッツァー賞作家スティーヴン・ミルハウザーの傑作小説という事らしいので、昨年観たイリュージョンものの「プレステージ」のように結末にずっこけるということはたぶんないでしょうと、期待....

映画「幻影師アイゼンハイム」を試写室にて鑑賞

202.72.52.71 「幻影師アイゼンハイム」@映画美学校第2試写室【送料無料選択可!】幻影師アイゼンハイム/洋画 映画の話 魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・...

幻影師アイゼンハイム

59.106.18.131 19世紀末のウィーンで、妖術のような不思議な奇術を見せる幻影師・アイゼンハイム(エドワード・ノートン)は、皇太子の許婚になっていた幼馴染のソフィー(ジェシカ・ピール)と再会する。もともと身分が違うために仲を裂かれた二人は、人目を忍びながら言葉を交わすように..

幻影師アイゼンハイム

220.157.254.130幻影師アイゼンハイムHP http://www.geneishi.jp/光と影を繊細に妖艶に操り、19世紀末の世界都市ウイーンの雰囲気を充分に出していた。「自由」への道を歩みつつある時代を背景にし

「幻影師アイゼンハイム」

210.128.67.57「The Illusionist」2006 USA/チェコ・リパブリック天才イリュージニストと公爵令嬢の禁断の愛を描いたサスペンス・ラヴ・ドラマ。幻影師アイゼンハイムに「ファイト・クラブ/1999」のエドワード・ノートン。ソフィーに「エリザベスタウン」のジェシカ・ビール。警部ウイルに「サイドウエイ/2004」のポール・ジアマッティ。皇太子レオポルドに「ホリデイ/2006」「パリ、ジュテーム/2006」のルーファス・シーウェル。監督、脚本はニール・バーガー。原作はピュリッツァー賞受

「幻影師アイゼンハイム」

210.128.67.57 2006年/アメリカ・チェコ 監督/ニール・バーガー 出演/エドワード・ノートン     ポール・ジアマッティ     ジェシカ・ビール     ルーファス・シーウェル エドワード・ノートン渾身の一作!久しぶりに彼をスクリーンで観ました。やっぱりうまい俳優だなあ、と思いましたね。 19世紀末のウィーンに現れたアイゼンハイムという名の幻影師。ある日彼は舞台で幼馴染のソフィと再会する。皇太子の婚約者として注目されていた彼女だったが、アイゼンハイムと逢瀬を重ねる。しかし、ソフィが何者

★幻影師アイゼンハイム(2006)★

202.72.52.71THEILLUSIONISTすべてを欺いても手に入れたいもの、それは君。映時間109分製作国アメリカ/チェコ公開情報劇場公開(デジタルサイト=デスペラード)初公開年月2008/05/24ジャンルサスペンス/ミステリー/ロマンス【解説】ピュリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウ...

167「幻影師アイゼンハイム」(アメリカ・チェコ)

133.205.94.5目に見えるもの全てが現実とは限らない 19世紀末ウイーン。ハプスブルク帝国末期。奇術に魅せられた少年は、公爵令嬢と恋に落ちる。しかし、二人の仲は引き裂かれ、少年は街を出る。15年後、ウイーンでは一人の男のイリュージョンが人々の絶大な人気を博していた。その男は幻影師アイゼンハイム。かつて公爵令嬢と恋に落ちた男だった。 そしてアイゼンハイムは舞台の上で公爵令嬢ソフィと再会する。彼女は今や皇太子レオポルドの婚約者として注目を集めていた。しかし、この再会がきっかけで、二人の恋は再び燃え上が

幻影師アイゼンハイム

66.160.206.22419世紀末、ハプスブルク帝国末期のウィーン。魅惑的なイリュージョンで天才と評され人気を集める幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノーヮ..

The Illusionist 「幻影師 アイゼンハイム」

210.128.67.57The Illusionist「幻影師 アイゼンハイム」は古いウィーンを舞台にしたマジシャンと貴族の女性のサスペンス・ラブストーリー。 幼少時代に愛を誓った地位の違う男女が舞台で活躍するイリュージニストと皇太子のフィアンセとして偶然に再会します。 女性を警備するのはPaul Giamatti(ポール・ジアマッティ)演じる警官ですが、本人はEdward Norton(エドワード・ノートン)演じるマジシャンの才能を認めながらも命令で彼を追い詰めていきます。繊細で雰囲気のある映像が上手

幻影師アイゼンハイム

203.131.194.84様々なマジックで人の心を捉える幻影師アイゼンハイムは、舞台上で初恋の女性ソフィーと再会する。しかし彼女は皇太子の婚約者となっていた。皇太子と別れ、アイゼンハイムの元に向かいたいソフィーの気持ちを知ったアイゼンハイムは、二人で駆け落ちするためにある計画を...

「幻影師 アイゼンハイム」

210.165.9.6419世紀末、ハプスブルグ帝国終末期のウィーン。天才と評され絶大な人気を集める幻影師、アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)が観覧に訪れる。ショーの途中、皇太子が同伴していた婚約者を舞台に招いたアイゼンハイムは、彼女が幼なじみのソフィ(ジェシカ・ビール)と気づく。かつて2人は互いに愛し合いながらも、階級の壁の前に引き離されてたのだった。そんなアイゼンハイムは王宮に招かれた際、皇太子の前で挑発的な態度に出る。これに逆上

『幻影師、アイゼンハイム』

59.106.28.133 奇遇にも同じ月に続けてマジックもの映画を観ることになるとは思いませんでしたが、『プレステージ』とは時代も似ていたりして、まるで究極のライバル映画2作品!?。日本でも二本立てで上映したくなる映画館が出て来る筈です。

「幻影師アイゼンハイム」実話だと勘違い(^^;)

66.160.206.137どこで勘違いしたのか、これ実話で、実在のイリュージョニストだとずっと思い込んでいた私。

『幻影師アイゼンハイム』

210.165.9.64※カンの鋭い人は注意。これは映画をご覧になってからお読みください。あっ、チラシもお読みにならない方がいいです。(原題:THE ILLUSIONIST)----これってスティーヴン・キングが「繰り返し何度も観たくなる!特別な1本!」と言っている映画だよね。「う〜ん。その気持ちは分かるけどね。アカデミー賞にノミネートされたディック・ポープの撮影といい、ある意味、『ある日どこかで』にも通じるロマンチシズムとリリシズムがある。そうそう、この撮影に関してはモノクロームのイメージを残す19世紀

映画 『幻影師アイゼンハイム』

210.165.9.64  ☆公式サイト☆19世紀末のウィーンを舞台に、見事なイリュージョンで人々を魅了した天才幻影師と、皇太子との結婚を控えた公爵令嬢の禁断の愛を描いたラブストーリー。ピューリッツァー賞受賞作家スティーヴン・ミルハウザーの短編を新鋭監督ニール・バーカーが映画化。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)。ある日、彼の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)が、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観覧。しかし、

『幻影師アイゼンハイム』 (2006) / アメリカ・チェコ

202.72.52.71原題:THEILLUSIONIST監督・脚本:ニール・バーガー原作:スティーヴン・ミルハウザー出演:エドワード・ノートン、ポール・ジアマッティ、ジェシカ・ビール、ルーファス・シーウェル試写会場 : よみうりホール公式サイトはこちら。<Story>19世紀末ウィーン。ハ...

The Illusionist イリュージョニスト(日本未公開DVD)渋いマジシャンもの。

210.165.9.64てっきり日本でも既に公開されていると思い込んで紹介を見送っていたらどうも未公開らしく、追加で。同様の種類の映画に「プレステージ」があったから見送られてしまったのだろうか....リージョンのDVDでの鑑賞です。主演は、エドワード・ノートン。彼が、20世紀初頭ウィーンの街に現れた謎のマジシャンを演ずる。コインをあやつる手さばきもかなりサマになっており、そうとう練習したのだろう。マジシャンはその発する雰囲気がとても大事だと思うのだが、そういう意味で彼は○。そして後半で「思い詰めたマジシャ

「幻影師アイゼンハイム」

210.128.67.57「幻影師アイゼンハイム」試写会 よみうりホールで鑑賞幻影師って?この邦題??でした。もともとそんな言葉ないのに作っちゃった?原題は「THE ILLUSIONIST」単に奇術師とか、手品師とかそんな感じ。幻影ってまぼろしこのと、ってなんてロマンチックにしちゃったんでしょう。題名はともかくエンターテインメントに徹した作品で、かなり見入ってました。もともと手品というのはタネ明かし探したくなるけど、作品として出来上がっているんだからそんなことは一切考えないでだまされることに徹する楽しみ方

幻影師 アイゼンハイム

210.165.9.64目に見えるものだけが全てではない。

幻影師 アイゼンハイム 

210.165.9.64”The Illusionist”原作=スティーヴン・ミルハウザー『幻影師、アイゼンハイム』。脚本・監督=ニール・バーガー。撮影=ディック・ポープ。音楽=フィリップ・グラス。心地よく騙されるラブ・ミステリー。☆☆☆☆★

幻影師アイゼンハイム

203.131.194.8419世紀末のウィーンで、“幻影師=イリュージョニスト”の男と公爵令嬢の“格差愛”を描く「幻影師アイゼンハイム」。観客は物語にしかけられた伏線に、見事だまされるだろう。物語:舞台上の椅子に座り、額からにじむあぶら汗。何かを念じるように、片手をかかげるア...

幻影師アイゼンハイム

66.160.206.242■ シネマート新宿にて鑑賞幻影師アイゼンハイム/THE ILLUSIONIST2006年/アメリカ、チェコ/109分監督: ニール・バーガー出演: エドワードヮ..

幻影師アイゼンハイム

203.131.194.84 目の前で起こっている事は、イリュージョンとしてだがアイゼンハイム(エドワード・ノートン)の目の中ののみ映る愛情の結晶なのだろうか。 観客は席を埋め、舞台に上がった一人の男・アイゼンハイムが繰り出す奇術に虜になる。一体どうしてこのような事が....

幻影師アイゼンハイム

203.80.26.39満 足 度:★★★★★★★★   (★×10=満点) 監  督:ニール・バーガーキャスト:エドワード・ノートン      ポール・ジアマッティ      ジェシカ・ビール      ルーファス・シーウェル、他■ストーリー■ 魅惑的

種も仕掛けも

210.172.140.254エドワード・ノートンとポール・ジアマッティの演技巧者が静かに火花を散らすところも見所だ。「幻影師アイゼンハイム」を観た。近頃、ウィーン市民を熱狂させるひとりの男がいる。アイゼンハイムと名乗るその人物は奇術師だ。その腕前は芸術の域に達している。以前よりその腕前を称える声は高かったが、あるひとりの女性の死が市民に広く知られるようになってから演目が変わり、それを機にアイゼンハイムの名は一気に広まった。死者の魂を呼び出す男として。今宵、アイゼンハイムの劇場は、観客だけでなく警官隊が立

「幻影師アイゼンハイム」

210.165.9.642009年の1本目の作品は、映画レビューブロガーさん達の昨年末のランク付け記事で、結構評価の高かった作品から。

幻影師アイゼンハイム

210.165.9.64レンタルで鑑賞―【story】19世紀末のウィーン。魅惑的なイリュージョンで、大衆の心をつかむ幻影師アイゼンハイム(エドワード・ノートン)の評判を聞きつけた皇太子レオポルド(ルーファス・シーウェル)は、婚約者のソフィ(ジェシカ・ビール)を連れて彼のショーを観覧する。しかし、アイゼンハイムとソフィの間には、幼い日に身分の違いが原因で引き裂かれた過去があった―     監督 : ニール・バーガー【comment】地味に開催していた”ノートン祭り”は終わっていたわけではないのだぁ〜ノート

幻影師アイゼンハイム

66.160.206.138幻影師アイゼンハイムTHE ILLUSIONIST監督 ニール・バーガー出演 エドワード・ノートン ポール・ジアマッティ    ジェシカ・ビーヮ..

【映画】幻影師アイゼンハイム…警部さん惜しくも髭男爵ならず

210.165.9.64奇跡の三連休全部休み{/up/}{/up/}…を満喫しようと思っているけど何の予定もないピロEKです{/face_ase2/}で、今日{/hiyoko_cloud/}{/kaeru_fine/}は…嫁さんと娘に付き合ってデパートとスーパーその他諸々でお買い物(近所にできた行ったこと無かったお店5件をハシゴも含みます{/ase/})。途中トイザらスでの散在誘惑も立ち切り{/ase/}、帰宅後昼寝{/kaeru_night/}(DVD観てたら不本意にも眠くなって…{/face_ase2

「幻影師アイゼンハイム」(The Illusionist)

133.205.94.3ピューリッツアー賞作家スティーヴン・ミルハウザー原作の小説を「クラッシュ」や「サイドウェイ」のアカデミー賞製作スタッフらがつくったミステリー・サスペンス「幻影師アイゼンハイム」(2006年、米、ニール・バーガー監督、110分)。本作は一度はあきらめた初恋の女性をめぐり、1人の天才幻影師が自らの奇術を駆使し、時の皇太子に果敢に立ち向かう様を妖(あや)しく華麗にかつ格調高く描いている。特に驚愕(きょうがく)のラストシーンのトリックは見事であり、だまされた心地よさすら感じさせてくれる。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア