「フー・アー・ユー?」(韓国 2002年)

コンピューターゲームとチャットを介したラブストーリー・・・に
なるのでしょうか。
韓国版「ユー・ガット・メール」には首を傾げますが・・・。
映画レビューはネタバレしません。
フー・アー・ユー ?フー・アー・ユー ?
チョ・スンウ チェ・ホ イ・ナヨン


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



2002年ソウル、 63ビルディング。
ゲームプランナーのチ・ヒョンテが2年以上もかけて開発に勤しんできた
チャットゲーム「フー・アー・ユー?」はオープン間近。
掲示板で悪口をいうID「ピョリ」が、実は同じ建物の水族館ダイバー、
ソ・インジュだとわかって、取材を口実に会いに行くヒョンテ。
そして、一目で彼女の魅力に陥ってしまう・・・。


はっきり言ってありがちなストーリー。
ただ、ヒロインが仮想現実に逃げ込みたくなる事情やその背景を
丁寧に描きこんでいます。

「ピョリ」=ソ・インジュと知っていて、
その上で「メルロ」として彼女に接するうちに、好きになり
本気になっていくヒョンテ。
「メルロ」=ヒョンテとは知らずに、
自分をわかってくれる存在の「メルロ」には心を開き、
好意を持つインジュ。
彼女のためにPC越しに歌った歌は「メルロ」ではないヒョンテが、
「ピョリ」ではないインジュへの励ましであり、彼の本心だったわけで。
好きなシーンのひとつです。
傍から見ればナンでしょうねぇ(笑)の光景ですけど。

私は(* '-')ノ はじめまして☆のチョ・スンウ。
ミュージカルの舞台も踏んでいるそうで、はっきり言って上手い!
目いっぱいで全力でというのは、見る側は疲れてしまうし
下手をすると押し付けられる印象をもってしまうのですが、
この人はそういう部分がなかったです。
手を抜いているのとは違う余裕が感じられました。
『マラソン』も気になりますが、多分私は『H』の方が好みかなと。
こちらもはじめましてのイ・ナヨンは繊細な表情が良かったです。

好きか嫌いかと言えば好きな映画です。
ただ、このストーリーの前提に関わることなんですが、
ヒョンテがインジュの素性を調べていたことがどうしても引っ掛かります。
利用者の個人情報を知りうる、調べられる立場のヒョンテ。
それを利用してインジュの信頼を得ていたというのは・・・。
メルロとヒョンテが同一人物だと知らされて、
何も知らないで信じていたインジュが怒るのは至極当然のこと。
「いつまで殻に閉じこもっているんだ」と叫んでいたヒョンテ自身が
インジュにもっと強固な殻を作る可能性も大だったわけですし。
最後にインジュの気持ちを和らげたのが、横断歩道で見た、
『Who Are U?』のコマーシャルというのもある意味皮肉な話のような。
そういう意味での後味の悪さが気になります。

それでも私が好きな映画と答えるのは音楽がとても良かったから。
K-POPは全く疎いのですが、オープニングからカッコイイ!
サントラがあるなら聴いてみたいです。
それから、チョ・スンウの人懐っこい笑顔。
これを差し引きしてやっぱりプラスかなーと(笑)。

コメント

202.141.199.70
TBどうもでした^^
この映画はチョ・スンウのためのものですよね〜
いい演技していました!
「H」は…たぶん駄目だと思いますよ(苦笑)
スンウ云々じゃなくて話が…
「ラブストーリー」の方がこの映画に近くていいかもしれませんね^^
個人情報に関しては確かに若干違和感ありましたね〜
まぁ映画だし…って事で目をつむりましたが(笑)

58.89.40.105
ジャッキーさん、
はじめまして。
こちらこそTB&コメントありがとうございます。
>この映画はチョ・スンウのためのものですよね〜
あの笑顔、ハン・ソッキュを連想してしまいました。
決して2枚目ではないと思うんですが・・・。
>「ラブストーリー」の方がこの映画に近くていいかもしれませんね^^
「ラブストーリー」未見なので観たい1本です。
でも小説でもミステリーもの好きなので、「H」
も観たいです。
>個人情報に関しては確かに若干違和感ありましたね〜
はい、これさえ無ければ何の不満も・・・。
でもこれがないと成立しないストーリーですし・・・。

220.106.238.119
大変遅くなりましたがTBありがとうございました★
ストーリー自体はほんとありがちなものでしたが、それが逆にリアルで気張らず観れました
私もこの映画に使われている音楽には惹かれました!
!!!かっこよかったですねぇ
他の韓国映画では、子猫をお願いの音楽もかっこよかったです☆

219.167.132.8
yukiさん、
はじめまして。
こちらこそTB&コメントありがとうございます。
>ストーリー自体はほんとありがちなものでしたが、それが逆にリアルで
そうですね。韓ドラのそんなバカなという設定ではなかったですね。
音楽良かったです!
「子猫をお願い」・・・未見です。
あら、また見たい映画が・・・。

219.117.7.100
こんにちは。
チョ・スンウのみに注目して観た映画でした。(笑)
>手を抜いているのとは違う余裕が感じられました
まさにそうですね。しっかり演技しているのに凄く自然。普通の青年役のみならず、『H』の殺人鬼を演じても不気味さが自然なので驚かされます。上手い役者だなぁって思います。

220.220.134.187
makibeさん、
>チョ・スンウのみに注目して観た映画でした。(笑)
makibeさん、絶賛ですね(笑)。
私はハン・ソッキュを思い浮かべていました。
決して2枚目ではないと思うんですけど、笑顔が親しみやすくて、
優しそうで、演技者として上手い!
『H』気になります。

219.115.51.59
ほんと音楽がいい映画でしたね〜。
映像も好きでした。イ・ナヨンが人魚になって泳ぐシーンとか、
わざとらしく消える○○の明かりとか(笑)
スンウ出演作品ならベタですが私も『ラブストーリー』がオススメです。
『H』は題材が猟奇殺人なので、ある程度の覚悟が必要ですよ〜 ^_^;
インジュと同一人物とは思えないヤンクミもどきも機会があれば是非(笑)
私も力んでいない自然な演技がチョ・スンウの魅力だと思います〜。

218.224.177.135
blue-ryanさん、
音楽良かったですね。
今でもワンフレーズが鼻歌になっています(笑)。
>イ・ナヨンが人魚になって泳ぐシーンとか、
>わざとらしく消える○○の明かりとか(笑)
人魚は見とれちゃいましたね。
女の目で見ても無条件でキレイでした。
>インジュと同一人物とは思えないヤンクミもどきも
機会があれば是非(笑)
見損なったんですよね、ヤンクミもどき(笑)。猟奇殺人モノもみたいです。
多分大丈夫だと思います(笑)。
と言っても「カル」しか知らないんですが。

222.3.135.8
sannkenekoさん、こんにちは ^^
この作品は主役2人が魅力的でしたね。
イ・ナヨンssi、好きな感じの女優さんです。
今度カン・ドンウォンssiと共演すると聞いて楽しみです ^^
ただ「フー・アー・ユー?」に関しては、わたしも
ヒョンテが個人情報を私用に使っていて、しかもそれが
ないと話が成り立たないという点が引っかかりました。

219.165.138.109
tamayuraxxさん、
いつもありがとうございます。
>イ・ナヨンssi、好きな感じの女優さんです。
 今度カン・ドンウォンssiと共演すると聞いて楽しみです ^^
『私たちの幸せな時間』ですね。
タイトルは決定なのかはわかりませんが、
カン・ドンウォンは3人を殺害した死刑囚役に挑戦するそうですね。
>ヒョンテが個人情報を私用に使っていて、しかもそれが
 ないと話が成り立たないという点が引っかかりました。
出会いのきっかけとしてはわからなくはないんですが、
でもインジュのことを調べ上げていましたからね・・・。

60.46.18.147
sannkeneko さん、こんにちは。
個人情報かーー、さすが目のつけどころが鋭い!
わたしはスルーしてしまいました。
先に『英語完全制服』を見ていたので、
イナヨンの別の魅力発見、という感じでした。
今度『ガン&トークス』のチョンジェヨンと共演した
『小さな恋のステップ』を見ようと思っているのですが、
どんな彼女に会えるかと期待してます。

60.35.236.195
音樹さん、
好きになったら相手のことを知りたいと思う気持ちはわかるんですが、
でも・・・と引っかかっていました。
>先に『英語完全制服』を見ていたので、
 イナヨンの別の魅力発見、という感じでした。
「英語完全制服」は見ていないんですけど、
かなりイメージが違いますよね。
正直なところ「フー・アー・ユー?」では印象が薄かったので、
別の彼女に会ってみたいです。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『フーアーユー?』

210.165.9.64ヒョンテが2年過しで開発に情熱を傾けてきたチャットゲーム「Who Are You?」は、ネット上で恋愛のシミュレーションができる究極のデートゲームだ。一般公開前のベータテストにモニター参加したインジュに興味を抱いたヒョンテは、ゲームのパートナーに彼女を選ぶ。やがて2人はネットと現実の双方でコミュニケーションを取るようになるが・・・毎度のように、主演女優が気になり見た作品です^^で、イ・ナヨンですが、思ったほどは綺麗だとは思いませんでしたが、化粧っ気がなくて、飾らない感じが可愛らしく

Who are U?(フーアーユー?)ネタばれあり!

210.165.9.642002年公開の韓国映画です日本ではDVDのみのようですねゲーム会社で働き“Who are U?(フーアーユー?)”というチャットゲームを製作中のヒョンテ(チャ・スンウ)発売前のテストの状態で、IDピョリという女の子から掲示板にゲームへの批判が寄せられますピョリが同じビルにある水族館で働いている女の子と知り、ヒョンテは参加者インタビューと称して直接会いに行きますインタビューをしに行ったヒョンテの前で、IDピョリを名乗っていたインジュ(イ・ナヨン)は 人魚ショーの練習中に溺れてしまう

『フー・アー・ユー?』(韓国映画)

61.121.100.19若者の恋愛を等身大で描いた、チョ・スンウ(『ラブストーリー』)主演作品。 チョ・

映画「フーアーユー?」

210.165.9.64気になる俳優チョ・スンウが出ているので見てみました。ただのべたな恋愛映画かと思ったらなかなか面白かったです。チョ・スンウ演じるヒョンテとイ・ナヨン演じるインジュがなんか、こう、じれったいというか、2人が早くくっつくように応援していました。チョ・スンウは特別かっこよくないけどなんか俳優として成功しそうなオーラを感じます。ギターを弾きながら熱唱するシーンもよかったな〜 誰か私の為に歌って〜!!あと、チョ・スンウ主演の「マラソン」も早く見た〜い!イ・ナヨンもやっぱりかわいいですね。インジ

『フー・アー・ユー?』

210.150.29.57フー・アー・ユー ? / メディアファクトリー昨日、チョ・スンウに関する記事を書いていたら、久々に動いている彼が見たくなったので(笑)、『フー・アー・ユー?』を見ました。共演はこれまたお気に入り女優のひとり、イ・ナヨン。「テーマはネット恋愛」という思い込みがあったので、『ユー・ガット・メール』みたいな展開かと思っていたんですが、こっちの展開も面白い! 音楽がこれまた効果的で素敵です♪

「フー・アー・ユー?」DVDにて

「DISCAS」から今回送られてきたのは韓国映画二本「フー・アー・ユー ?Who are You?」と「春香伝CHUNHYANG」でした。二本ともこのBlogでもレビューした「ラブストーリー」「H [エイチ]」の「チョ・スンウ」の作品です。まずは「フー・アー・ユー ? Who are You? 原題:후아유 」からネットゲームによるバーチャルな世界を背景にしたラブストーリーです。「イ・ナヨン」演じる「イ・ソンジュ」は「猟奇的な彼女」の「彼女」を髣髴とさせる女性で

「フー・アーユー?」

一言!どっぱまり!! 個人的な私生活上の私情を絡むような・・リアルとバーチャの感覚が混在するくらい惑わされました(爆正直に申しますと、ハン・ソッキュ主演作ネット恋愛映画「接続/ザ・コンタクト」をガツンと上まわりました・・です。鑑賞後は、即座にチャットで

フー・アー・ユー?

2002年韓国映画監  督チェ・ホ出  演イ・ナヨン、チョ・スンウ、チョ・ウンジあらすじゲームプランナーのヒョンテ(チョ・スンウ)が手がけるチャットゲーム「フー・アー・ユー?」はオープン間近。掲示板で悪口をいうID「ピョリ」が、実は同じ建物の水族館ダイバー、インジュ(イ・ナヨン)だとわかると、取材のフリをして会いに行く。ゲーム中で「メルロ」としても彼女に接するうちに、好きになるヒョンテ。 (シネマ韓より)感  想英語完全征服では全然ノーマルじゃなかったイ・ナヨンが、眼鏡をはずしてノーマルに。目が大きくてす

[映画]フー・アー・ユー? 【ネタばれ】

フー・アー・ユー ?出演:チョ・スンウ、イ・ナヨン 他監督:チェ・ホ (2002年 韓国)---Story---インターネットを使ったオンラインゲームの開発に携わるヒョンテ(チョ・スンウ)は、ゲームのテスト版に登録したピョリというIDの女性が、同じマンションに住むインジュ(イ・ナヨン)であることに気づく。2人は現実世界でも度々会うことになるが、ヒョンテはゲーム中では自らの正体をインジュには知らせないまま、チャットを続ける。しかしある日、ヒョンテはインジュについての意外な事実を知る・・・---Impress

『フー・アー・ユー?』(4/100 '06)

大作ではないけれど、プロットに凝った、心温まる佳作、というかんじでした。イナヨンはくりくりとした大きな目で、明るい役の印象が強かったけれど、ここではちょっと影のある、でも芯の強い女性を演じていました。以下、ネタバレ。ヒョンテはネットゲーム「フー・アー・ユー?」の制作会社に勤める男性。2年かけてようやくあと一歩で完成するというこのゲームのパイロット版を配信し、その反応を得て最後の仕上げをしようと考えている。ある日、掲示板にその「フー・アー・ユー?」を批判する書き込みがなされ、ID を確認したところ、それが同
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア