三回忌

「三毛猫の飼い主」が『元』飼い主になって2年経ちました。
彼女がようやく病気の痛みや苦しみから解放された日でもあります。
04-30 003.jpg


彼女は前年に倒れた父の病気を背負うように逝きました。
そして彼女と入れ替わるように
在宅になった父が施設から帰ってきました。
・・・いるはずの家族がひとり欠ける寂しさ。



そして昨年知人のツテでこの仔が家族に加わりました。
2008-07-24.jpg

女の子というふれ込みだったのに、
すぐに彼女には無いものがあることに気付きまして。
ウチに来る前に知人が獣医さんに連れて行ったというのですが、
じゃあその獣医さんの見立ては何?と首を傾げつつ、
避妊手術のためにわが町の獣医さんに診せたところ、


去勢だな。」


正直やっぱり〜!というのとあ〜あ!が半々。
せっかく名付けた女の子らしい名前も
ホッキョクグマ・ツヨシの逆バージョンになってしまいましたが、
猫は元気全開。
とにかくやんちゃで悪戯っ子に手を焼く毎日ですが、
彼女がいなくて寂しがっていた父は
このチビが可愛くて仕方ないようです。

魚やおはぎなど彼女の好物は写真の前にお供えし、
テレビで三毛猫が映るとウチの子の方が美人!!と話し・・・と
この仔が来てからも私や母は相変わらずの日々です。

今日は彼女が眠りについた日。
・・・気が滅入りますし寂しいです。

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア