「重力ピエロ」(日本 2009年)

連続放火事件と謎のグラフィティアート。
映画「重力ピエロ」photo book映画「重力ピエロ」photo book

メディアファクトリー 2009-05-13
by G-Tools



 ・・・伊坂幸太郎は読んだことがありませんが、
 「アヒルと鴨のコインロッカー」の映画は
 私にとって2007年度の印象に残る一作でした。
 6月18日ユナイテッドシネマ札幌にて。

遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ春。
そんな兄弟の住む街では謎の連続放火事件が発生していた。
落書き(グラフィティアート)消しの仕事をしている春は、
放火現場の近くに必ず落書きがあったことに気づき、
泉水を誘って張り込みを開始する。


成長した泉水と春に全く違和感を感じさせない子役たち。
良くここまで顔立ちや雰囲気が似た子役たちを揃えたものです。
そしてストーカーというより心霊写真状態の夏子に大笑い。
このあたりは映像ならではの見せ方でしょうね。

一見放火事件のミステリー映画のようですが、
中心にあるのは不幸な事件を背負ったひとつの家族。
・・・それにしても春が生まれる時に
仙台を離れるという選択肢はなかったのでしょうか。
隠し切れることではないかもしれないし、
いつかは本人の耳に届くのかもしれない。
一家が『最強の家族』であることは間違いではないでしょうけれど、
でも幼い子に向かってその言葉を投げつける大人たちの暴力。
二段ベッドでの幼い兄弟の会話があまりに可哀想で痛々しくて。

それなのに葛城のあの身勝手な言い草ときたら・・・。

遺伝と環境。
ジンジャーエールと嘘をつく時の癖。

「子供の頃から大事な時には兄貴がいたから、
だからいないと不安なんだよ。」
だからこその遺伝子配列。
そして・・・。

ガンジーの非暴力主義は無抵抗とは異なること。
・・・でも浄化したことで兄弟は
別の新しい重力に縛られてしまった気がしてならないのです。
ただこの笑顔が続くことをただ祈るばかり。

「お前以上にこのことを真剣に考えられる奴はいない。」
重力ピエロ (新潮文庫)重力ピエロ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎
新潮社 2006-06
by G-Tools

アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]アヒルと鴨のコインロッカー [DVD]
濱田岳, 瑛太, 関めぐみ, 田村圭生, 中村義洋
アミューズソフトエンタテインメント 2008-01-25
by G-Tools

会員なら300円割引&ポイントで無料鑑賞 ユナイテッド・シネマ

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

重力ピエロ (加瀬亮さん&岡田将生さん)

59.106.28.133◆加瀬亮さん(のつもり) ◆岡田将生さん(のつもり) 映画『重力ピエロ』に加瀬亮さんは奥野泉水 役で、岡田将生さんは奥野春 役で出演しています。 昨日よりついに全国公開されました。 ●導入部のあらすじと感想

『重力ピエロ』

210.165.9.64 □作品オフィシャルサイト 「重力ピエロ」□監督 森淳一 □脚本 相沢友子 □原作 伊坂幸太郎 (「重力ピエロ」新潮社刊)□キャスト 加瀬 亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、岡田義徳、渡部篤郎、鈴木京香■鑑賞日 5月30日(土)■劇場 109CINEMAS川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 原作は100万部を超えたヒットとなっている伊坂作品。 しかしながら未読。彼の作品を何作か読んだが、共通して底辺にある混沌とした、現代社会からやや逸脱し

重力ピエロ

66.160.206.229先日、映画の重力ピエロを見てきました。

重力ピエロ

210.165.9.64伊坂幸太郎原作の同名小説の実写化タイトルは重力ピエロ。重さがのしかかった家族。それでもふんわり楽しく生きていれば地球の重力を感じない。大学院生の兄、泉水(いずみ)(加瀬亮)はごく普通の学生、そして優しい性格。 弟の春(岡田将生)は心の弱さと、加えて、罪悪の遺伝子故の心の暗い闇をもち、そして外見の際だった美しさも備えている。穏やかな父親には小日向文世。彼の語る「二人で遊んできたのか」、このセリフ好きです。 この3人、ぴたりとはまった配役。母親には鈴木京香。そして渡部篤郎も出演。ジンジ

重力ピエロ

210.165.9.64伊坂幸太郎さんの『重力ピエロ』は、私が最初に読んだ伊坂作品です。大好きなお話なので映画化を楽しみにしていました〜【story】遺伝子を研究する泉水(加瀬亮)と芸術的な才能を持つ春(岡田将生)は、一見すると仲の良さそうな普通の兄弟だ。そんな二人の住む街では謎の連続放火事件が発生していた。泉水と春は事件に深く踏み込み、家族を巻き込みながら次第に家族の過去にも近づいていくのだが―     監督 : 森 淳一【comment】      じぃぃぃ〜〜〜んボーボーいや〜〜〜良かったじんじんき

試写会「重力ピエロ」

202.72.52.11「重力ピエロ」の試写会に行ってきました切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッシュな文体で軽やかに綴った人気作家・伊坂幸太郎の同名ミステリーを実写映画化。仙台を舞台に、連続放火事件とその現場で見つかるグラフィティアートの謎を追う兄弟が、やがて家族...

重力ピエロ、ミステリーだったとは知らず・・・・。

210.165.9.64 重力を背負った家族の、“愛”と“謎”「重力ピエロ」公開開始からお客さんが多いそうです。年齢層もぐ〜んと下がって若い人たちが観にやって来るようですね。私は伊坂幸太郎という小説家がいるのは知っていましたが。どんな小説を書いているかを知りませんでした。大ベストセラーの映画化だということもつい最近知りました(汗)まったく時代から取り残されているな(笑)最近は本当に読書することもなく、映画化されたことで原作本があるんだということを知ることばかり・・・・。駄目ですね伊坂ワールドと、この作品へ

重力ピエロ

203.131.194.84本当に深刻なことは、陽気に伝えるべきなんだよ。

重力ピエロ

210.165.9.64「春が二階から落ちてきた」以前から意味深な予告編が気になっていた『重力ピエロ』を観てきました。★★★★賢い兄貴と、クールで正義感の強い弟、そして妻に先立たれた父の家族ドラマかと思って観ていたら、とんでもなく重い運命の鎖に縛られた家族が、鎖を断ち切ろうと懸命に笑って生きる姿を描いていた。予告編も意味深ではあったけど内容については触れていなかったし、この家族の秘密が何なのか、問題の存在すら無いように途中までずっとぼかして描かれていたので、序盤の何気ない伏線の数々が後半になって悲しい秘密

重力ピエロ/加瀬亮、岡田将生

203.131.194.84伊坂幸太郎作品はまだ一度も読んだことはないのに伊坂幸太郎ファンを名乗ってしまう私です。ベストセラー小説で伊坂幸太郎作品の中でも最高傑作と言われる『重力ピエロ』の映画化はとても期待していた一方で映像化は難しいんじゃないかという話もちらほら耳にしていて不安も....

★重力ピエロ★

202.72.52.12家族の愛は、重力を超える。連続放火事件に隠された家族の真実──溢れくる感動のミステリー上映時間119分製作国日本公開情報劇場公開(アスミック・エース)初公開年月2009/05/23ジャンルミステリー/青春/ドラマ【解説】切なくも感動的な一家族の絆を、独特のスタイリッ...

重力ピエロ

203.80.26.39伊坂幸太郎の同名小説を映画化した作品。原作は以前、読んでいます。遺伝子を研究している大学院生、泉水と芸術的な才能がありイケメンな2つ年下の弟、春は仲の良い兄弟。母を亡くしていたものの優しい父と3人で平穏に陽気に暮らしていました。けれど、春の出生については、暗

愛はDNAを超える。『重力ピエロ』

210.165.9.64伊坂幸太郎の小説を映画化した作品。大学院で遺伝子の研究をする兄と落書き消しの仕事をする弟の物語です。

【重力ピエロ】

203.80.26.39監督:森淳一出演:加瀬亮、岡田将生、小日向文世、吉高由里子、渡部篤郎、鈴木京香、岡田義徳     家族の愛は、重力を超える。「遺伝子を勉強する大学院生の兄泉水と絵の才能を持つ弟春は母親を亡くし父親と三人の家族。家族の住む仙台市内で連続放火

重力ピエロ(映画館)

210.165.9.64家族の愛は、重力を超える。

「重力ピエロ」

210.128.67.56「重力ピエロ」試写会 東京厚生年金会館で鑑賞何かと話題のこの作品。「はるが2階から落ちてきた」という印象的なフレーズ。これがすごく深い意味をもっていたんですね。加瀬亮は淡々と兄の役をこなし、岡田将生くんを盛り上げていたという印象。心理的に重いことを上手に描いていたと思いました。人のウワサというのは痛いですね。自分の出生の秘密も厳しい現実をみせつけてくれて、母も子も被害者なんだけど、犯人は何とも思っていないというのがね、気分悪い。それにしても、渡部篤郎、薄っぺらい。そういうキャラク

重力ピエロ・・・・・評価額1500円

66.160.206.159「重力ピエロ」という不思議なタイトルからは、映画の内容がまったく想像できない。実際、掴みどころの無い不思議な映画である。この原作??.

「重力ピエロ」:新宿三丁目バス停付近の会話

210.165.9.64{/kaeru_en4/}ティファニーって、新宿三越に入っているのか・・・。{/hiyo_en2/}仙台にもあるわよね。{/kaeru_en4/}たしか、仙台でも三越の中にあったはずだ。{/hiyo_en2/}仙台にあって、壁に落書きはされていないの?{/kaeru_en4/}そんな、仙台中が落書きされているようなこと、言うなよ。{/hiyo_en2/}ごめん、ごめん。さっき、「重力ピエロ」を観ちゃったもんだから。{/kaeru_en4/}伊坂幸太郎の小説を「Laundry」の森淳

【重力ピエロ】

66.160.206.179【監督】    森淳一【原作】    伊坂幸太郎【脚本】    相沢友子【上映時間】 1時間59分【配給】    アスミック・ギ..

『重力ピエロ』 試写会鑑賞

203.80.26.39遺伝子を研究する大学院生・泉水と芸術的な才能を持つ2つ年下の弟・春は、仲の良い普通の兄弟だ。優しい父と三人で、平穏に、そして陽気に暮らしている。だが、この家族には春の出生に関わる哀しい“過去”があった。その原因をもたらした“ある男”が街に戻ってきた。そして

最強の家族(映画/試写会:重力ピエロ)

210.165.9.64映画『重力ピエロ』の試写会に行って来ました。原作者の伊坂幸太郎氏の作品は未読ですが世間の評価が高いので、楽しみにしていました。

『重力ピエロ』舞台挨拶@新宿バルト9

203.131.194.84基本、キャストが見られないと映画を見ない人w三木聡×麻生久美子の『インスタント沼』も観たかったのだが、今回のそんじょそこらの映画サイトより“無駄に詳しい”舞台挨拶レポートは、 伊坂幸太郎原作の『重力ピエロ』伊坂作品は、今年に入って2作目の鑑....

重力ピエロ

59.106.28.133 伊坂幸太郎の同名小説を映画化。 仙台を舞台に連続放火事件とその現場近くで見つかるグラフィティアート。 ある兄弟が、事件に興味を持ち、その謎を解いていくが、その過程で兄弟の 家族の過去が明らかになっていく。大学院で遺伝子の研究を行っている泉水と芸術的な絵の才..

映画『重力ピエロ』

210.165.9.64映画『重力ピエロ』、見てきました。

重力ピエロ

66.160.206.226家族の愛は、重力を超える。

「重力ピエロ」

210.165.9.64配役が良かったなぁ。子役との流れも完璧でした
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア