「母なる証明」(韓国 2009年)

息子の無実を信じる母が見た真実は。
母なる証明(マザー) OST母なる証明(マザー) OST
韓国 2009-06-20
by G-Tools



 ウォンビンが兵役後初の5年ぶりの映画に選んだのは
 ポン・ジュノの新作でした。
 11月9日スガイシネプレックス札幌劇場にて。

夫を亡くし漢方薬店で働きながら女手ひとつで息子を育てた母。
その息子トジュンが女子高生惨殺事件の第一容疑者として
警察に連行されてしまう。
知的障害を持つトジュンを犯人と決め付ける警察と
有能と評判の弁護士の態度に見切りをつけた母は、
自分でトジュンの無実を証明しようと動き出す。


息子の無実を信じる母の行動は
傍から見れば滑稽で無茶苦茶でしかないのですが、
愛する人があの状況に置かれたら、
もしあの母の立場に立たされたなら案外・・・、
まあ、あれほどではないにせよ・・・、
似たり寄ったりになるんじゃないかと。
ただ、必死なお母さんには申し訳ないけれど
見ていけば犯人はひとりしかいなかった。
真実を追い続けた母がようやく見つけた目撃者。
・・・正気を取り戻した母が「お母さん!」と叫んだ時、
の存在の大きさというものを見せ付けられ時、
皮肉なことに私の意識は映画の世界から急に離れてしまいました。
・・・追い詰められた母が小屋から手ぶらで出て来た時、
(枯野での踊りは別として)結末はある程度予想出来ました。

トジュンの記憶。
アジュンの祖母の記憶。
どこまでが失われているのか。
どこまでが確かなのか。
そしてふたりの真犯人。

ウォンビンはトジュン役で新境地を開いたとは思いますが、
やはり目が行くのはキム・ヘジャ。
「宮〜Love in Palace〜」での可愛い皇太后と同一人物には思えない。
そしてチン・グが演じたジンテが何とも不気味でした。

「お前が思い出せなくても
他の人はお前を覚えている。」
宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り] [DVD]宮 ~Love in Palace BOX 1 [日本語字幕入り] [DVD]
ユン・ウネ チュ・ジフン ジョンフン ソン・ジヒョ
エスピーオー 2007-02-02
by G-Tools

宮 ‾Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り] [DVD]宮 ‾Love in Palace BOX 2[日本語字幕入り] [DVD]
ユン・ウネ チュ・ジフン ジョンフン ソン・ジヒョ
エスピーオー 2007-02-02
by G-Tools

コメント

母親は、とりあえず自分の子供が悪人だとは
絶対に思えないもんなんですよね。
ましてや、あんな子だし。。。
しかし、トジュンの方は、実際に何も解っていないのか
怪しいもんですよね。
子供は恐い。。。って思ってしまいました。
愛情は逆手に取られます。
キム・ヘジャさんの演技が素晴らしかったですね〜。

くうさん、
私は母じゃないんですが、
でも"はい、そうですか"と信じられることじゃないですよ!
>しかし、トジュンの方は、実際に何も解っていないのか
怪しいもんですよね。
私はわかっていないと思うんですよね。
ただあれは子供の頃の・・・しかも特殊な記憶だからじゃないかと。
>愛情は逆手に取られます。
トジュンもですがジンテには完全に母を飲み込んでいましたね。
トジュンの関係も相変わらずですし、
今度はジンテが母にとって新たな脅威になりそうな・・・。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

狂気は回る〜『母なる証明』

66.160.206.173 MOTHER 韓国の田舎町で小さな漢方薬局を営む母(キム・ヘジャ)は、殺人事件の容疑者となった最愛の一人息子・トジュン(ウォンビ...

母なる証明/キム・ヘジャ、ウォンビン

203.131.194.84映画の世界にお帰りなさいッ、ウォンビン!。しかし復帰作としてかなり重々しそうな作品です。しかも共演は韓国きっての大女優キム・ヘジャさんで監督が『殺人の追憶』のポン・ジュノさんですからね。濃厚も濃厚なサスペンス、期待して観に行ってきました。出演はその他....

母なる証明

210.165.9.64最も"謎"に満ちているのは、人間そのものである―。原題 MOTHER上映時間 129分 映倫 PG12 製作国 韓国 監督 ポン・ジュノ 原案 ポン・ジュノ 脚本 パク・ウンギョ/ポン・ジュノ 出演 キム・ヘジャ/ウォンビン/ チン・グ/ユン・ジェムン/チョン・ミソン 他 「殺人の追憶」「グエムル -漢江の怪物-」のポン・ジュノ監督がとある寒村を舞台に、息子の無実を信じてたった一人で真犯人探しに奔走する母親の執念の姿をスリリングに描き出した衝撃のヒューマン・サスペンス・ミステリ

『母なる証明』

210.165.9.64  □作品オフィシャルサイト 「母なる証明」□監督・脚本 ポン・ジュノ □脚本 パク・ウンキョ □キャスト キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン■鑑賞日 10月31日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> ウォンビンが帰って来た。 おそらく彼をスクリーンで観たのは『マイ・ブラザー』以来だろうか・・・。 彼自身が選んだ復帰第一弾のこの作品、『ブラザー・フッド』もそうだったと記憶するが、 兄弟

【母なる証明】誰にだって人は殺せる

66.160.206.138母なる証明〜MOTHER〜監督: ポン・ジュノ  出演: キム・ヘジャ、ウォンビン、チン・グ、ユン・ジェムン、チョン・ミソン公開: 2009宮.

『母なる証明』

210.165.9.64(英題:mother)----これも、プレスの中に「ご紹介にあたりましてのお願い」が入っていた映画だよね。そういのって逆に身構えるからやめてほしいって言ってなかった? 「そうだね。できれば配るのは映画が終わってからにしてほしいってところはあるけど、まあ、そのことを自分もここで言っちゃっているわけだから、ぼくも同罪か…。さて、今回の“お願い”は大きく分けると次の3つ。(1) ストーリーはここまでに。(2) トジュンの役柄設定は、監督は詳細については言及していない。(3) トジュンの母

「母なる証明」:白山五丁目バス停付近の会話

210.165.9.64{/kaeru_en4/}“こめ”っていえば、母を思い出す。{/hiyo_en2/}おいしいご飯は、母親の代名詞みたいなものだもんね。{/kaeru_en4/}韓国映画の「母なる証明」でも、“こめ”はキーワードのひとつになっていたし、事件を解決する重要な手がかりとなる品が米びつから出てきていた。{/hiyo_en2/}女子高生殺人事件の容疑をかけられた青年を救おうと奮闘する母親の物語。{/kaeru_en4/}そう要約してしまうには、ファーストシーンからただごとじゃない空気がみなぎ

母なる証明(2009)◆MOTHER

210.165.9.64永遠に失われることのない母と子の絆。すべての“謎”の先に“人間の真実”が明かされる。母の子供への無償の愛殺人事件の容疑者となった息子を救うため、真犯人を追う母親の姿を極限まで描く、ヒューマン・ミステリー11月6日、京都シネマにて鑑賞。頭をどつかれたような凄い衝撃を受けた。「チェイサー」といい勝負じゃないかな・・・・?!冒頭から驚き!というより不思議な光景なのだ。母(キム・ヘジャ)が晩秋のすすき野原で突然踊りだすシーンである。何で踊るの?一体これは何を意味するの?唐突なシーンには監督

【母なる証明】

203.80.25.110監督:ポン・ジュノ出演:ウォンビン、キム・ヘジャ、チョン・ミソン永遠に失われることのない母と子の絆。 すべての謎の先に人間の真実が明かされる。「小さな街で漢方の仕事をする母は二人暮しの息子トジュンを溺愛していた。ある日、トジュンが女子

母なる証明

66.160.206.242■ シネスイッチ銀座にて鑑賞母なる証明/마더2009年/韓国/129分監督: ポン・ジュノ出演: キム・ヘジャ/ウォンビン/チン・グ...

■映画『母なる証明』

203.80.25.110あまりの重苦しさに、息が詰まりそうになってしまいそうになる、映画『母なる証明』。閉鎖的な田舎町で起こった殺人事件の真相を追う被害者の母の姿…。真相は藪の中です。いえ、すべては母の記憶の中にあるのでしょう。。。<STORY>記憶力が弱いトジュンは、

母なる証明

203.131.194.84小さな町で起きた少女殺害事件。警察は、少し頭は弱いが純粋な青年・トジュンを容疑者として拘束する。トジュンの母親は必死で息子の無罪を訴えるが、警察は相手にしてくれない。弁護士からも見放された母親は、自分の手で事件の真相を暴こうと奮闘する。そして母親は、被...

母なる証明・・・・・評価額1750円

66.160.206.159凄みのある映画だ。デビュー以来、一作ごとに全く異なったジャンルの作品に挑み続けている、ポン・ジュノ監督の長編第四作はナント「母物」...

「母なる証明」

210.128.67.56「母なる証明」シネマライズで鑑賞カンヌで大絶賛というので、期待していきましたが、確かに内容は重たく、オンマは偉大。しかし、各映画評を読むたびにウォンビンを褒めていたけど、そんなにいいか?たぶん知的障害のある息子を演じているんだけど、そこにいてセリフ言っているだけにすぎす、かなり期待外れ。もっともっと上手い役者使ったら作品としてもっと評価が高くなったはず。兵役後の復帰作なのはいいけど、ウォンビン自身も選ぶ作品を間違えたんじゃないでしょうか?もともと、主演作があるわけでもないし、人気

母なる証明

210.165.9.64ポン・ジュノ監督最新作は、兵役帰りのウォン・ビンを迎えて母子の愛をサスペンス仕立てで描く。今度はどんな風に唸らせてくれるのかすげー楽しみなんですけど!『母なる証明』を観てきました。★★★★★漢方店を営む母と、知的障害を持つその息子の話。母親が店から外を観ていると、息子が警察の車で連行されようとしている。半狂乱で店から飛び出し、走って車を追う母。母が拘置所で息子と面会した時、彼は近所の女子高生を殺害した容疑に関して、理由も理解できないまま警察の作成した供述書に拇印を押してしまっていた

【映画】母なる証明

210.172.140.254<母なる証明 を観ました>原題:Mother製作:2009年韓国ランキング参加中「グエムル」の監督、ポン・ジュノが手がけるサスペンス。韓国の国民的人気女優のキム・ヘジャとウォンビンが親子を演じることでも話題となった作品。ある女子高生が殺害された。その容疑に、貧しく暮らす母子家庭の息子が警察に犯人として拘束されてしまう。息子の無実を信じる母親は、たった一人で事件の真相の探り出すのだが…予告を見た限りだと、サスペンスとは感じにくく、ちょっと暗い雰囲気の映画だなぁという印象を持った
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア