「少女たちの遺言」(韓国 1999年)

韓国では1999年のクリスマス・イブに公開。
女子高生の気持をよく表現しているとして
高校生の共感を得た映画だそうです。
映画レビューはネタバレしません。
B0007R4TLC少女たちの遺言 / Memento Mori(輸入版)
Tartan Video 2005-04-12

by G-Tools


女子高に通うソ・ミナが校庭で見つけた一冊の赤い日記帳は
陸上部のリュ・シウンと合唱部のミン・ヒョシンの交換日記だった。
そこには、二人の恋愛関係が克明に記されていた。
日記帳を読んで、ふたりの関係を知ってしまったミナは、
恐ろしいながらも彼女らを理解するようになる。
しかしヒョシンが学校の屋上から投身自殺し・・・。


オープニングで『女高怪談』の文字を見たとき、
ちょっと覚悟したんですが怪談らしくないんですね、全然。
一応ホラーのジャンルに入ると思うんですが、
前半の女子高生達の学校生活の中での様々な出来事。
イジメ・悩み・葛藤・不安・身体検査を気にするところも
こういうことは万国共通と親近感を覚えました。

ところでこの映画、俳優陣が侮れない。
ソ・ミナを演じるキム・ミンソン。
「ガラスの靴」のウ・スンヒ・・・見ていないからわからない。
「ロストメモリーズ」の幼稚園の先生・・・見たけどわからない。
ミン・ヒョシンはパク・イェジン。
どこかで聞いて・・・「バリでの出来事」のヨンジュ。
年齢より成熟して見えるヒョシンという役なんですが、
撮影当時彼女も現役高校生・・・色っぽい(驚)。
リュ・シウン役のイ・ヨンジン。
ファッションショーや、雑誌・MV・CMなどで活躍しているそうで、
映画デビューのこの作品でも独特の存在感があります。
中性的なエキゾチックなイメージ・・・シウンそのものかも。
「純愛譜」に出ているそうですが、私は未見。 
ハンディカムで教室を撮影しているジウォン役のコン・ヒョジン。
「サンドゥ、学校へ行こう!」のウナン、
「雪だるま」のヨヌク。
この映画では言ってみれば狂言回しのポジションなんですけど。
今は有名人・・・まだいるんでしょうね、きっと。

英題の「メメント・モリ(Memento Mori)」はラテン語で
「死を想え/記憶しろ」という意味だそうです。
そのワリには全然怖くない・・・。
画面ではキャ〜とか悲鳴上げているんだけど、でも全然(笑)。
学園ドラマをホラーでトッピングした感じの映画でした。
拍子抜けと言えば拍子抜け・・・。
でも日記帳を読んで秘密を知っているから苦しい想いをするミナ。
助けようとするミナにも心を閉ざすシウン・・・。
ホラーとして見ない方が楽しめるかもしれません。

ミナが隠れて読む日記の内容と現在のシウンとヒョシンの話。
時間軸がわかりにくいですが、すべての発端のこの日記。
携帯電話王国の韓国でどうして交換日記と思ったら、
この頃韓国の女子高生の間で流行っていたそうです。
このあたりも共感された理由かも・・・。

コメント

219.115.48.130
>画面ではキャ〜とか悲鳴上げているんだけど、でも全然(笑)。
めちゃくちゃ言い得てます〜!(爆笑)
画面(だけ)ではものすごいパニックが起こってますよね。
確かにあの場にいたならパニック間違いなしですが・・・。
実はホラーじゃなくてパニックムービーだったとか(汗)
パク・イェジン、あの色気で高校生ってのは怖ろしいですよね〜。
どう見ても20代後半にしか見えません(汗)

220.220.150.141
blue-ryanさん、
>>画面ではキャ〜とか悲鳴上げているんだけど、
  でも全然(笑)。
>めちゃくちゃ言い得てます〜!(爆笑)
本当?(笑)。
集団心理って言うんでしたか?こういうの・・・。
パニックになっているんだけど、もしかしたら
どうしてこうなっているのかわかっていない人も
いるんじゃないかと(汗)。
やっぱりホラーではないような(笑)。
パク・イェジンはオドロキでした。
「バリ出来」は20代後半だと思っていましたから。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

少女たちの遺言 MEMENTO MORI

女子高に通うソ・ミナ(キム・ミンソン)はある日の朝、一冊の日記帳を見つける。「初めてのキスは血の味がした。舌先に触れたあなたの血」・・盗み読みしたミナは思わず日記を持ち去ってしまう。その日記は同じ11組で陸上部のユ・シウン(イ・ヨンジン)と3組のミン・ヒョシン(パク・エジン)の交換日記だった。コーラス部でピアノ担当のヒョシンは中性的なシウンといつも一緒でいちゃついて、学校でキスをしてレズビアンといわれたり、コ先生と関係があると噂されるいじめられっ子。身体検査が行われている時、ヒョシンが屋上から投身自殺をし

少女たちの遺言

 WOWOWで録画しておいた韓国のホラー映画「少女たちの遺言を見た。 ホラー映画といっても、実はそれほど怖くない。この映画の重要なところは、韓国の女子高生を生き生きと描いている、という点だ。前作の「女高怪談」でもそうだったが、今時(といっても6年前か)の韓国の女子高生がどんな学生生活を送っているのか、を見ることは楽しい。日本人には簡単に知りえない世界だからだ。とはいっても、この映画で描かれるキーワード(同性愛、教師との性関係、いじめ、部活、保健室、身体的コンプレックス、等等)は日本人にもなじみやすいもので

キム・ミンソン -少女たちの遺言-

先日観た「女校怪談」に続く、女校怪談シリーズ第2弾。うっ、どんどんホラーからかけはなれて行く、、、映画解説の専門サイトなどは、コリアン青春ホラー、青春学園ホラー、異色のガーリー・ホラー、と、なんかホラーとしての分類にも苦労している様子。だ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア