「容疑者Xの献身」(日本 2008年)

数学者と物理学者。
同期の天才ふたりの頭脳合戦の果て。
容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]容疑者Xの献身 スタンダード・エディション [DVD]
福山 雅治 柴咲 コウ 堤 真一
ポニーキャニオン
by G-Tools



 福山雅治主演のフジテレビ月9ドラマ「ガリレオ」の劇場版は
 東野圭吾の直木賞受賞作。
 12月29日フジテレビ系での放映はテレビ地上波初登場。

顔がつぶされ指紋が消された男性の死体が発見された。
程なく身元が判明し貝塚北警察署の内海刑事らは
被害者の別れた妻の泰子を疑うが、
彼女には完ぺきなアリバイがあった。


テレビシリーズは見ていた私が
この映画をパスしたのは原作に全く共感出来なかったから。
石神が自分たち母娘のためにしたこと(!)の重さで
泰子はがんじがらめ。
泰子にとっては元夫の富樫の"支配"が
石神の"束縛"に形を変えただけ。
石神の想いがどんなに純粋なものであっても、
これを献身とは私はどうやっても思えないから。
この小説を読んだ後は東野作品には全く食指が動かない、
原作に思い入れの無い私・・・だからかもしれませんが、
意外なほどすんなりと見られました。

オープニングの大掛かりな実験シーンは
ドラマの「ガリレオ」の世界。
ただこれはドラマ「ガリレオ」の映画版というよりは
あくまでも「容疑者Xの献身」
・・・これなら例の数式も必要ないのですね(苦笑)。
そして本編。

"ダルマの石神"が堤真一というのは
「ジェネラル・ルージュの凱旋」の堺雅人・速水がそうだった様に、
堤・石神は原作とは全く違うキャラクターなのですが、
存在感は抜きん出ていました。
実際この映画は堤真一と松雪泰子の独壇場であり、
福山雅治らドラマのレギュラー陣は脇に追いやられてしまいました。

石神と泰子の最後の電話。
二分割された画面は受話器を置いた石神の側は真っ黒になる。
そして湯川が泰子に真相を明かす前、
川に浮いていた空っぽの弁当箱。

ただ、・・・湯川と内海の会話がドラマのエンディングでしたが、
この映画に関しては完全に蛇足でした。
原作どおり石神の号泣で終えた方が良かったのではないでしょうか。

「この手紙は読み終えたら必ず処分してください。
そうすればおふたりは守られます。」

原作本のレビューです⇒「容疑者Xの献身」【本】東野圭吾
「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック
菅野祐悟 サントラ
UNIVERSAL J(P)(M)
by G-Tools

ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]ジェネラル・ルージュの凱旋 [DVD]
竹内結子 阿部寛 堺雅人 羽田美智子
TCエンタテインメント
by G-Tools

コメント

そう、例の数式も、あのCGも無くて、
テレビシリーズのファンにとっては
「ガリレオ」じゃない「ガリレオ」でした。
福山くんもコウちゃんも全く記憶にないほどで、
まさに堤さんと松雪さんの映画でしたわ。
原作は読んでいなかったのですが、石神と言う人は、
すごく不器用な人なんだなぁ、と思いました。
靖子のためにやった事は、靖子に重石を背負わせるだけ
なんだけれども、恋愛経験も無く孤独な人生を
送ってきたんでしょうね。
それが彼女のためなのだと思いこんでしまう。。。
そんな石神の不器用さを悲しく愛おしく感じました。
ま、堤さんが好きだから贔屓目もあるわけだけど^^;
テレビドラマのファンじゃない方でも、観られる
良い作品でしたね〜。

くうさん、
「ガリレオ」であって「ガリレオ」じゃない。
テレビシリーズのファンは面食らったのかもしれません。
>靖子のためにやった事は、靖子に重石を背負わせるだけ
なんだけれども
そう、それが何より引っかかるんですよね。
本当に靖子が大事ならあの時にすべきことは違うわけですし。
研究者としての夢も絶たれ孤独で絶望の中にいて・・・、
同情はするのですがでもやっぱり共感出来ないわ、私は・・・。
ただそれでも石神は鬼気迫るものがありました。
主役は間違いなく堤真一でしたね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

DVD・容疑者Xの献身(2008)

210.165.9.64年末にテレビ放送してましたね。それを途中から見て、チャンネル変えながら見てたんですけど、結局引き込まれて最後まで見ました。最初から見たいなと思ってたら、すぐにレンタル出来たので良かったです。私は原作は未読ですし、ドラマも全然興味なくて見てないんです。そんな人の感想ですので…。前置きが長くなりましたが、人間ドラマに比重を置いていて、とても面白かったですね。物理学的な謎解きではなくて、普通のミステリーという感じでしたが、湯川VS石神の頭脳戦(でも控えめな感じに仕上がってる)に緊迫感があ

劇場鑑賞「容疑者Xの献身」

202.72.52.71「容疑者Xの献身」を鑑賞してきました変わり者の物理学者、湯川学が難事件を解決する東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズを、福山雅治主演でTVドラマ化した「ガリレオ」の劇場版。今回の原作は、小説シリーズ中、初長編にして、第134回直木賞に輝いた同名小説。TV...

『容疑者xの献身』(2008)

210.128.67.57直木賞受賞のベストセラー小説の映画化、というよりも、素直に<探偵ガリレオ>シリーズ第3弾にして初の長編作品の映画版である。東野圭吾という作家には以前から少なからず興味を持っていたが、なかなか切っ掛けが掴めずにそのまんまになっていたのだけれども、今回の映画化が気になって、先ずは第一短編集の『探偵ガリレオ』を手にとり、そのまま第二短編集『予知夢』に取り掛かり、とうとう勢いでこの原作版『容疑者xの献身』まで読破してしまった。そして映画を観る前に、とTVシリーズ『ガリレオ』(二冊の短編集

容疑者Xの献身(2008年)

210.165.9.64フジテレビで放映され、大ヒットした『ガリレオ』の映画化。って言うより、東野圭吾の探偵ガリレオシリーズの中の長編『容疑者Xの献身』の映画化と言った方が正しいんでしょうかね? テレビの際も(元々原作には居なかった”内海薫”とか、”城ノ内桜子”とかの女性登場人物を除いては)、基本的に大体原作に沿った形での映像化でしたが、映画の場合にも、その方針は踏襲されています。まぁ、本であったなら、湯川・草薙の男と男のコンビでも良いかもしれませんが、映像になるとしたら、やっぱり花があったほうが見栄えは

容疑者Xの献身 (福山雅治さん&堤真一さん)

59.106.28.133 ◆福山雅治さん(のつもり) ◆堤真一さん(のつもり) テレビドラマ『ガリレオ』の劇場版『容疑者Xの献身』に、福山雅治さんは湯川学 役で、堤真一さんは石神哲哉 役で出演しています。 先日、仕事の合間をぬって、ようやく映画館に観に行くことができました。 ●導入部の..

容疑者Xの献身

210.165.9.64容疑者Xの献身 - goo 映画さて、「容疑者Xの献身」、映画の感想です。リニューアルして最初の記事が、この原作小説だったので、ストーリーははぶきます。もう公開されて大分経つので、いろんな感想が出揃った頃ですよね。内容や雰囲気は、原作にかなり忠実であり、テレビドラマの軽妙な部分はずいぶん減って人間ドラマにスポットが当たっていました。そもそも、原作も1部、2部と、この容疑者Xの献身とではえらい違いがあって、ほんとに同じシリーズ?ってな気がしたもんでしたが、製作者の方々も、その辺りかな

『容疑者Xの献身』

210.165.9.64「そうか。そりゃ、そうだよな」----ニャに、ぶつぶつ言ってるの?「いや、この『容疑者Xの献身』って、東野圭吾の原作だったんだなって。なるほど、どんでん返しがあるわけだ」----あっ、観るまで『容疑者Xの献体』と間違えていたヤツね(笑)。「そうそう。主演の福山雅治がまたまた白衣だったからね。ちょっと病院のイメージが重なっちゃって…。でも、観てみたらなるほどこれは『献身』的な愛の物語」----確かこれってテレビの『ガリレオ』の劇場版なんでしょ?帝都大学物理学助教授の湯川学が、その能力

「容疑者Xの献身」

210.165.9.64堤真一が良かったなぁ〜・・。切ない・・。

『容疑者Xの献身』劇場鑑賞

202.72.52.11無料鑑賞券の期限切れ間近の主人が、「午後から有休とって見に行ってくる!!」 と、勢よく言ってたわりには。。。一人で行くんじゃないんだぁ〜 私にも声かけてくれので、お供しました.。゚+..。゚+.  .。゚+..。゚+(C)2008フジテレビジョン/アミューズ/S・D・P/FNS2...

フジテレビ「2夜連続ガリレオスペシャル」 〜容疑者Xの献身[2008年・日本]

203.131.194.84劇場版「ガリレオ」として2008年に公開された映画「容疑者Xの献身」のテレビ地上波初放送。よかった。ロードショーで見ていたら2008年のマイベストに入っていたと思います。

『容疑者Xの献身』

203.80.25.110 その謎を、愛そう。 ■発見された男性の死体は顔をつぶされ、指を焼かれていた。死因は絞殺。身元は富樫慎二であることが判明。貝塚北警察署の刑事・内海薫(柴咲コウ)は捜査に乗り出す。富樫は別れた妻、花岡靖子(松雪泰子)のアリバイを確認していたある日

容疑者Xの献身

210.128.67.56ドラマ版のコミカルで華やかな雰囲気とは、また違う、しっとりとした味わい。堤真一、松雪泰子が存在感からして、うんと雰囲気で、ヨカッタです。このコンビが、むしろレギュラー陣の面々を凌駕してるようにさえ感じました先に、ダンナさんが「あっ、あの人がいない」と気づき「それが何かの伏線かねぇ…」と噂してたら、最後に「そうきたか!」と、どんでん返しに「を????っ」ドラマのお約束。例の音楽にのった、湯川先生「ひらめく!」シーンを期待してたら、それが無かったのと、雪山シーンが、やや長目に感じまし

『容疑者Xの献身』

210.165.9.64 □作品オフィシャルサイト 「容疑者Xの献身」□監督 西谷 弘□脚本 福田 靖 □原作 東野圭吾(「容疑者Xの献身」文藝春秋刊) □キャスト 福山雅治、堤 真一、松雪泰子、金澤美穂、柴咲コウ、北村一輝、渡辺いっけい、真矢みき、ダンカン、長塚圭史、益岡徹、林 泰文 ■鑑賞日 10月5日(日)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  実に興味深い・・・。  映画版『容疑者Xの献身』の公開初日の4日(土)福山演じる天才物理学者・

「容疑者Xの献身」

210.128.67.56「容疑者Xの献身」ユナイテッドシネマ豊洲で鑑賞評判がいいのでみてきました。福山かっこいい??。あえて、表情を変えないでいる無機質な感じが好き。(どの作品もここから入っていくのがどうも情けないんだけど、事実だから仕方ない)いつものようにドラマはみていないので、キャラクターがどんなもんだかもわからないし、俳優福山雅治っていう人も少し気になっていたわけです。とにかく、歌手、DJ、写真家…は知っていても、俳優だけはみたことなかったから。だから、作品のキーマンである堤真一の本気の演技と比較

人の心は計算できない。『容疑者Xの献身』

210.165.9.64第134回直木賞を受賞した東野圭吾の小説を映画化した作品です。

容疑者Xの献身

203.131.194.84献身る(まもる) 

容疑者Xの献身

210.165.9.64東野圭吾さんのガリレオシリーズ『探偵ガリレオ』『予知夢』『容疑者Xの献身』は読みました〜で、、、≪第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞≫を受賞し、『〜運命の数式。命がけの純愛が生んだ犯罪〜』というキャッチコピーの元、涙なくしては読めない―という超人気作『容疑者X〜』ですが、、、私は少数派だったようで(汗)、イマイチ感動出来なかったのですが(滝汗)、映画は観てみようと思っていました〜というのも、TVドラマをほとんど見ない私ですが、フジテレビの『探偵ガリレオ』は4〜5話見たんですぅ

容疑者Xの献身

210.165.9.64その謎を、愛そう。ガリレオが苦悩する、その謎とは?製作年度 2008年映時間 128分脚本 福田靖 監督 西谷弘 原作 東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋社刊)音楽 菅野祐悟/福山雅治 出演 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一/ダンカン/長塚圭史/益岡徹/林泰文/渡辺いっけい東野圭吾の「探偵ガリレオ」シリーズ初の長編で、第134回直木賞に輝いた同名小説を映画化。{/book_mov/}ある日、男性の惨殺死体が発見される。やがて身元は、無職の富樫慎二と判明。死因は絞殺

容疑者Xの献身/福山雅治、柴咲コウ

203.131.194.84TVドラマは最初から全部観てるんだけど、肝心の最終話がイマイチで全体の印象もやや霞んでしまいました。この『容疑者Xの献身』は確か当初から映画版として制作予定されてたものだし、原作は直木賞受賞作品という事でちょっと楽しみにしてました。出演はその他に、北村一...

『容疑者Xの献身』 ('09初鑑賞110・WOWOW)

133.205.94.9☆☆☆☆?? (5段階評価で 4)8月15日(土) WOWOWのHV放送を録画で鑑賞。

容疑者Xの献身

210.165.9.64 原作は東野圭吾の小説。本の方はすでに読んでいるのでストーリーは分かっています。どういう風に映画化されているのか見届けたくて観に行きました。 石神が堤真一が演じる?それを知ったときは、あれっ、ちょっと石神のイメージと、違っているのではないかと、危惧していましたが、映画を見てその不安は払拭されました。うつむき加減の姿勢、人生に疲れたような表情…。とにかく、お見事!と拍手を送りたいほど石神になりきっていました。 ストーカーのようなそぶりまでしての献身的な深い愛。生きるエネルギーを与えて

容疑者Xの献身

203.131.194.84実に面白い!ドラマ版のような軽いタッチの作品かと思っていたら、映画のほうは重厚で、実に面白かった。

映画感想『容疑者Xの献身』 幸せな男

202.72.52.11内容12月3日。河川敷にある大森スポーツ広場にて全裸の死体が発見される。顔は判別できないほど損傷し、手足の指紋は焼かれていた。そして身につけていたと思われる服は近くで焼かれ、身元不明。ただ、、、被害者が乗ってきたと思われる自転車が残されてあった。死亡推...

★「容疑者Xの献身」

210.165.9.64今週の平日休みは、ららぽーと横浜の「TOHOシネマズ横浜」で3本まとめ鑑賞。いよいよ6000マイル達成で、1ケ月無料パスを使いまくります。本日の2本目は、フジテレビの人気ドラマシリーズ「ガリレオ」の映画化。映画主演は確か初めての福山雅治と、ひらりん的にやっとツンデレ演技に慣れた柴崎コウの主演。

容疑者Xの献身

203.131.194.8405年に直木賞を受賞した東野圭吾の人気ミステリー「探偵ガリレオ」シリーズ第3作「容疑者Xの献身」をTVドラマ「ガリレオ」のスタッフ・キャストで映画化。果たしてガリレオの前に立ちはだかる天才数学者・石神哲哉とは一体どんな人物なのか?天才と天才の哀しき闘いが、....

容疑者Xの献身

66.160.206.229すごく良かった!原作も未読でしたから素直にまっさらの状態でぐんぐん引き込まれました。

【容疑者Xの献身】孤独な数学者を生かしたもの

66.160.206.138容疑者Xの献身監督: 西谷弘原作: 東野圭吾出演:  福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一公開: 2008年10月フジテレビ系で2007幮..

容疑者Xの献身

66.160.206.242■ WOWOWにて鑑賞容疑者Xの献身2008年/日本/128分監督: 西谷弘出演: 福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/松雪泰子/堤真一公式サイト弁当宮.

容疑者Xの献身

203.131.194.84顔を潰され、指紋も焼かれた全裸死体が発見された。警察は遺体の男性の身元を特定し、彼の別れた妻を容疑者として捜査するが、彼女には完璧なアリバイがあった。女性刑事・内海は大学教授の湯川にアドバイスを求める。湯川は気まぐれから捜査に協力するが、容疑者の近くに...

容疑者Xの献身:あの答えは美しくない 渋東シネタワー

222.3.140.72 松雪泰子、堤真一ならTV版よりは見ごたえがある? タイトル:容疑者Xの献身 監督:西谷弘 出演:福山雅治/柴咲コウ/北村一輝/ダンカン/松雪泰子/堤真一 原作:東野圭吾「容疑者Xの献身」(文藝春秋刊) 製作:2008年日本 すべての現象には必ず理由がある 最初に湯川(福..

容疑者Xの献身

210.165.9.64第134回直木賞、第6回本格ミステリ大賞に輝いた東野圭吾の同名小説を映画化したもの。この作品に登場する物理学者湯川が謎を解く「探偵ガリレオ」「予知夢」も以前ドラマ化され、高視聴率を取っていましたね。監督は西谷弘、キャストは福山雅治、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子他。<あらすじ>惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが

三周年+容疑者Xの献身・・・・・評価額1300円

66.160.206.159東野圭吾の人気小説からドラマ化された、天才物理学者湯川学が難事件に挑む「探偵ガリレオ」シリーズのザ・ムービー・・・なのだけど、その剮..

260「容疑者Xの献身」(日本)

133.205.94.6最後に計算を狂わせるもの ある日、貝塚北警察署管轄内で男性の死体が発見される。顔は潰され、指も焼かれて指紋が消されていたものの、ほどなく身元は冨樫慎二だと判明する。捜査には本庁も出動し、貝塚北署の刑事・内海は先輩の草薙と共に、被害者の別れた妻・花岡靖子へ聞き込みに向かう。しかし、容疑者と目された彼女には完璧なアリバイがあった。いきなり壁にぶつかった2人は、さっそく“ガリレオ”こと湯川学に相談を持ちかける。そこで偶然にも、靖子のアパートの隣に住む冴えない男・石神哲哉が、湯川の帝都大時

容疑者Xの献身

66.160.206.224貝塚北警察署管轄内で男性惨殺死体が発見される。内海(柴咲コウ)と草薙(北村一輝)は、被害者の元妻花岡靖子(松雪泰子)へ聞き込みに宮.

容疑者Xの献身

210.165.9.64 2008年 日本作品 128分 東宝配給STAFF監督:西谷弘脚本:福田靖原作:東野圭吾『容疑者Xの献身』CAST福山雅治 柴咲コウ 北村一輝 松雪泰子 堤真一 ダンカン 真矢みきかつてファンクラブにも入ってたほど、福山ファンです(*´ェ`*)ポッでもドラマのガリレオシリーズは観てませんそして、東野圭吾さんも大好きな作家さんです。特に最近、小説を買い漁ってます。でもこの「容疑者Xの献身」は未読ガリレオ短編2冊は読みましたけど。ドラマって、続きを1週間待たなくちゃいけないじゃない

容疑者Xの献身(DVD)

210.165.9.64その謎を、愛そう。

【容疑者Xの献身】

203.80.25.110監督:西谷弘出演:福山雅治、柴咲コウ、堤真一、松雪泰子、北村一輝原作は東野圭吾さんの同名小説、直木賞受賞作です。(原作の感想はこちら→☆ )「天才物理学者湯川を頼って捜査協力にやってきた内海。顔をつぶされ手足の指紋を消された男の死体が見つか

容疑者Xの献身 <ネタバレあり>

202.72.52.12...ってなってますが堤真一さんの映画です、後、松雪さんね 考え深い映画ですわ そして非常〜〜にオモシロい 途中まで全然分らんくて後半によーやく見えてくるんですわ 事件の真相が。んで、最後の最後に 石神のやってのけた犯罪の全貌がぁぁぁ と思ったら湯川せ...

『容疑者Xの献身』 2008-No78

66.160.206.136迷って選んで観た映画。空いているかと思ったら、予想以上に人が居て驚きました!コロンボとか古畑とか、犯人が判って始まる??.
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア