医療費控除の修正申告

昨年夏に体調を崩し検査したところ、
他の病気も見つかるという事態になってしまい、
医療費が思いの他かかってしまいました。
確定申告で医療費控除を申請してから、
家族の分も合わせて請求出来ると後で気付きまして、
修正申告をすることに。
後々への覚え書きです。
byouinn.gif


払った医療費が10万円以上なら医療費控除の対象になります。
でも年収200万円以下の人は年収の5%。
フルタイムのパート(←私)はこれに該当(ため息)。

会社の年末調整では出来ない医療費控除。
でもe-Taxはソフトを国税庁のHPからダウンロードするんですよね。
毎年こんなに医療費を払うようでは困りもの。
私は書面で税務署に送付することにしました。

医療費控除を追加するには、
様は申告書を作り直せば良い訳です。
手元にある申告書を破棄すれば良いだけのことですが、
もう送っちゃったし(^_^;
・・・作り直してもう1回送りましょ。

手順は同じです。
一年分の領収書を

・誰々の分
・医療機関別

で計算。
金額を出しておけば後はラク。
国税庁のHPにフォームに従って入力しておけばいいのですよ。

ところで意外と馬鹿にならないのが、
病院に行くためのJRやバスなどの交通費。
これは手書きのメモで良いそうで、私は

・日付
・かかった病院名
・交通機関名(JRとか△△バスとか市営地下鉄)
・どこからどこまで(□□〜■■)
・○○○円×2(往復)合計○,○○○円。

と書き出しておきました。
ただし、医療費控除の対象は公共の交通機関に限り!です。
ガソリン代や駐車料金は除外。
でも付き添いの人の交通費はOK。
それから薬局で購入した頭痛薬や胃腸薬も医療費扱い。
一応レシートは保存しておきましょうね。

ただ、自分の分は前回提出していますし、
また内訳を入力するのは正直面倒なので、

医療機関等住所『札幌市』
医療機関等名称『○○病院他』
診療内容欄には『○月○日提出分合計』

としました。
フォームの一番下に合計金額を一括で書く欄もありますが、
家族分の場合は個別に記入した方が
後でチェックするときに便利な気がします。

プリントアウトした申告書の上部に目立つように朱書きで
訂正申告
訂正前の申告年月日(前回提出日)を余白に明記。
そして訂正項目・・・私の場合は医療費控除追加と書きました。

後は領収書を個人別に封筒などに入れて、
(・・・eーTAXはこれを省略出来るらしいんですが)、
捺印して申告書と一緒に税務署へ送付・・・で終了。
あとは還付金の振込み案内のハガキが来るのを待つだけ。

・・・面倒と言えば面倒ですが、
これで所得税が8000円近く戻ってくるのです。
嬉しいけれど・・・ちょっと複雑。

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア