「マン・オン・ワイヤー」(イギリス 2008年)

ニクソン大統領が辞任に追い込まれる前日のマンハッタン。
『史上、もっとも美しい犯罪』と呼ばれる特別な45分間。
マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]マン・オン・ワイヤー スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
フィリップ・プティ
紀伊國屋書店 2009-12-19
by G-Tools



 腰痛持ちの私にはどうにも座り心地が良くないもので、
 クッション持参での鑑賞。
 2月18日蠍座にて。

1974年8月7日。
フランスの大道芸人・フィリップ・プティは
ニューヨークのワールド・トレード・センターのツインタワーを
命綱なしで綱渡りしようとしていた。
彼はかねてからこの世界一とも言えるツインタワーへの挑戦を夢見、
厳重な警備をかいくぐるために仲間たちと6年かけて
入念な準備をしていた。
そして遂に念願の夢に挑む時が来る。


綱渡り師などという職業があるのを初めて知りました。
フィリップ・プティや仲間たちのインタビューに
再現VTRと当時の映像で淡々と進むので、
油断するとちょっとウトウトしてしまいそう。
ただ、プティが瞳を輝かせ本当に楽しそうに話しているのに対して、
仲間たちは懐かしそうであっても何かが違う。
・・・実際無邪気と言えば無邪気なプティ、
友人知人としてはいて欲しくないタイプですし、
彼を支える周囲は本当に大変だったと思います。

地上からはツインタワーの間のワイヤーは見えるはずも無い。
でも地上から見上げると確かに雲の彼方を渡る人間がいる。
それから27年後の2001年9月11日。
私たちは全く違う形でツインタワーを見上げることになった。
ツインタワーを見上げた映像が世界中に配信された。

それにしてもインタビューの合間に織り込まれる
当時撮られた映像も再現VTRも何故かモノクロ。
不思議に思っていたら最後の最後で現在のプティの姿。
(インタビューではそれほど感じなかったのですが)、
今も練習に励む彼には明らかに老いが見える。
プティの周囲の木々は紅葉が始まっている。
そして建築中でありまた完成直後のワールドトレードセンターは
もう存在しない・・・。
30余年という時間を描き出した鮮やかさと残酷さ。
・・・あまりの見事さに言葉がありませんでした。
出しゃばらず寄り添うようなマイケル・ナイマンに
エリック・サティの「ジムノペディ」。
音楽もため息もので心地好いのです。

「個人的には凄いものを観た。」
映画「マン・オン・ワイヤー」オリジナル・サウンドトラック映画「マン・オン・ワイヤー」オリジナル・サウンドトラック
マイケル・ナイマン
ユニバーサル ミュージック クラシック 2009-05-20
by G-Tools

Man on WireMan on Wire
Magnolia Home Entertainment 2008-12-09

by G-Tools

コメント

TBありがとうございました。私の方からは届かないみたいです。お返しできずすみません。
フィリップ・プティの姿は、天才の無邪気さと勝手さそのものでしたね。一方、振り回されながらも周囲がみんな彼に引き付けられ、けたはずれな魅力もよく表れていたと思いました。

HIROMIさん、
ご訪問ありがとうございます。
トラバが反映しない件ですが、
多分ネットラピュタブログの迷惑トラバ&コメントのブロックに
巻き込まれてしまったのではないかと思います。
時間帯によって重い時も多いですし・・・。
ご面倒をお掛けしましたm(--)m
>フィリップ・プティの姿は、天才の無邪気さと勝手さそのものでしたね。
あれでは危なっかしくて周囲も放って置けなかったのかもしれません。
ツインタワーの綱渡りの彼らの"その後"は
ある意味では皮肉なのかも知れませんね。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

マン・オン・ワイヤー

203.80.25.1101974年8月7日に、ニューヨークにあったワールド・トレード・センターのツインタワーの間に張ったワイヤーの上を渡った伝説の"綱渡り師"フィリップ・プティを追ったドキュメンタリー。綱渡りでの逮捕歴が500回以上にもなるフィリップ・プティが、仲間たちと入念に準備を

「マン・オン・ワイヤー」

210.165.9.64崇高な感じすらしたし、美しかった・・

「マン・オン・ワイヤー」:堀江団地入口バス停付近の会話

210.165.9.64{/hiyo_en2/}犬・猫禁止とはなかなか厳しいわね。{/kaeru_en4/}綱でつないだ犬でもダメなのかな。{/hiyo_en2/}綱でつないだワンちゃん?{/kaeru_en4/}ああ、綱でつないだワンちゃん・・・ワン・オン・ワイヤー。{/hiyo_en2/}あーあ、あなたの発想って、いつもながら、おもしろすぎてついていけない・・・。{/kaeru_en4/}「マン・オン・ワイヤー」だって、おもしろすぎてついていけない話だったぜ。{/hiyo_en2/}1974年、崩壊す

『マン・オン・ワイヤー』 (2008)/イギリス

202.72.52.10原題:MANONWIRE監督:ジェームズ・マーシュ出演:フィリップ・プティ、ジャン=ルイ・ブロンデュー、アニー・アリックス、ジム・ムーア、マーク・ルイス鑑賞劇場 : テアトルタイムズスクエア公式サイトはこちら。<Story>1974年8月7日、朝。23歳のフランス人フ...

MAN ON WIRE

210.165.9.64不可能なことを可能にしたフィリップ・プティ・・・・・。京都みなみ会館にて鑑賞。2008年度、アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門受賞作品だったんだ。知らなかった・・・・。オスカー像でパフォーマンス!予告編を観て気になっていました。ワールドトレード・センターといえば、9,11でTEROにより崩壊されたビルですね。もう今はそのビルもないんですよね。そのニューヨーク、いや世界で一番高いツインタワーのビルの間に綱をかけてその上を渡ったというフィリップ・プティ。観るまではあの風貌から、何か凄

マン・オン・ワイヤー

210.165.9.64本作をテアトルで見るために、10年振り?ぐらいで新宿へ。東京といっても、渋谷や銀座、上野とは随分雰囲気が違います。いやぁ〜、めちゃくちゃ変貌を遂げているやないか〜い。駅前の網目の巨大な花瓶のようなビルにビックリするとともに、「私はどこ?どっちに向かっていったらいいのでしょう?{/hiyo_oro/}」状態。小田急で行ったので、高島屋タイムズスクエアへはぐるっと回って駅の反対側へ。こちら側には「エンパイアーステートビル」のようなとんがったビルが視界に飛び込んできました。「はぁ〜、新宿
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア