「すべて彼女のために」(フランス 2008年)

愛するが故に。
助けたいが故に。
守りたいが故に。
すべて彼女のために。
ラスト3デイズ~すべて彼女のために~ [DVD]ラスト3デイズ~すべて彼女のために~ [DVD]
ダイアン・クルーガー ヴァンサン・ランドン ランスロ・ロッシュ
ポニーキャニオン 2010-11-17
by G-Tools



 諸般の事情で今年はスクリーンで観る機会は
 かなり少なくなると思うのですが、
 それにしてもちょっと間が空いたものでプチ禁断症状(苦笑)。
 4月13日スガイシネプレックス札幌劇場改め、
 ディノスシネマズ札幌劇場にて。
 DVD化にあたり「ラスト3デイズ すべて彼女のために」と
 タイトルが変更になっています。


国語教師であるジュリアンと編集者であるリザは、
息子のオスカルと共に平凡で幸せに暮らしていた。
しかし、上司殺害の容疑でリザが突然逮捕されてしまう。
リザは必死に無実を主張し、
ジュリアンは妻の無実を証明しようと奮闘するが、
3年後、リザに20年の禁固刑が宣告されてしまう。


故意や策略ではなく不運な偶然が重なった・・・と言うには
あまりにも気の毒すぎるリザ。
拘束されて判決が出るまでの3年。
無実の身で獄中で過ごすこれからの20年。
リザに希望を持てと言う方が無理でしょう。
ママに会うために出かける場所が他の何処とも違うことを
オスカルも感じていく。
それがママへの視線になっていく。

"駐車場の女"を探し出して無実を証明するには
精神的にも体力的にもとてつもないエネルギーと
気の遠くなるような時間と膨大なお金が必要なのでしょう。
でもリザの気持ちはもう折れてしまっている。
希望も生きる気力も失っている。
もう時間の余裕は無い。

脱獄のプロに接触し脱獄計画を練っていく。
と言っても所詮は素人。
偽造パスポートを手に入れようとしても
目指す相手にめぐり合えるはずもなく、
足元を見られ・・・。
国語の教師であり、息子を公園で遊ばせる良きパパ。
そんな平凡な男が逃走資金を手に入れるために
ピストルを手にしターゲットを銀行から変えた結果・・・。

これが冒頭のシーンに繋がっていく。
殴りつけられているらしい男の呻き声と泣き声。
男が運転しながら後部座席を見やる先の正体・・・。
ジュリアンが車に乗せたのは案外、
病院の入り口にでも運ぶつもりだったんじゃないかしら。
あくまで息があったらの話だけれど。

オスカルの寝顔を前に泣き崩れるジュリアン。
すべてを悟った父とジュリアンの抱擁。
ジュリアンの意思の強さは間違いなくこの父譲り。
そしてリザとの再会に無関心だったオスカルが
彼女をママと呼び抱き付いていく・・・。

脱獄サスペンスなのですが、
"濃密な96分"の根底にあるのは夫婦愛であり親子の愛。
そしてラスト。
・・・私の"2010年の1本"になる映画だと思います。

「ジュリアン、上着だ。」
Pour EllePour Elle
Diane Kruger

by G-Tools

Pour EllePour Elle
Vincent Lindon Klaus Badelt
Colosseum 2009-01-12
by G-Tools

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

すべて彼女のために

59.106.18.131 夜道を疾走する車、若い男のうめき声、ハンドルを握る血まみれの手。運転する男の顔にも血が飛び散っている。冒頭から息詰まる場面だ。そして、これは本当のクライマックスの3日前。 ここから時間は3年前に遡り、国語教師のジュリアン(ヴァンサン・ランドン)と、出版..

『すべて彼女のために』

210.165.9.64(原題:Pour elle)「う〜ん。これは紹介が難しい映画だ。観る前に思っていたのと、実際の映画の幅があまりにも大きい」----えっ。観た通りに話せばいいんじゃニャいの?「そう思って、各国のトレーラーを比べてみたんだけど、日本版だけが、特別な感じになっている。ということは、このポスターから受ける激愛イメージはいわゆる宣伝方針から生まれたもの。それを邪魔しちゃまずいのかなとも…。フォーンは、このタイトルからどんな感じの映画をイメージする」----そうだニャあ。極限の状況下におけるラ

『すべて彼女のために』(2008)/フランス

202.72.52.12原題:POURELLE/ANYTHINGFORHER監督:フレッド・カヴァイエ出演:ダイアン・クルーガー、ヴァンサン・ランドン、ランスロ・ロッシュ鑑賞劇場 : 横浜ニューテアトル公式サイトはこちら。...

「すべて彼女のために」

125.206.124.146JUGEMテーマ:映画 ある朝突然に、警察がやってきて妻を逮捕してしまう。容疑は殺人罪。妻を演じるのはダイアン・クルーガー。妻の無実を信じる夫がとった行動とは…?…という程度の前情報だけで、劇場予告編を観る機会もなかったので、「警察にはできないような大胆な捜査で、真犯人を暴く夫の勇士を描くヒューマンドラマか?」という予想をもって鑑賞していました。ところが、あれよあれよと言う間に話はどんどんサスペンス方向へ…。かなりの緊迫。手に汗握る展開でした。夫がとった驚く

「すべて彼女のために」

210.128.67.56「Pour elle」 ...aka「Anything for Her」2008 フランスジュリアンに「ガスパール/君と過ごした季節(とき)/1990」「女はみんな生きている/2001」「チャーリーとパパの飛行機/2005」のヴァンサン??ランドン。リザに「戦場のアリア/2005」「敬愛なるベートーヴェン/2006」「マンデラの名もなき看守/2007」「ハンティング??パーティ/2009」「イングロリアス??バスターズ/2009」のダイアン??クルーガー。オスカルにランスロ??ロ

すべて彼女のために

59.106.28.133 身に覚えのない無実の罪で投獄されてしまった最愛の妻を取り返すべく 平凡な国語教師の夫が家族や職など全て捨ててでも救い出そうと計画 する様を描いたサスペンス。フランスのパリで国語教師をしているジュリアンは出版社で勤めている 最愛の妻・リザ、幼い息子のオスカル..

ラスト3デイズ ??すべて彼女のために?? (Pour elle)

59.106.28.133監督 フレッド・カヴァイエ 主演 ヴァンサン・ランドン 2008年 フランス/スペイン映画 96分 サスペンス 採点★★★★ なにか大それたことをしでかす時って、緻密な計画を練ってから行動を起こすってよりも、ちょっとしたきっかけと勢いで実行してしまうもんなんで…
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア