「9<ナイン>9番目の奇妙な人形」(アメリカ 2009年)

背中に『9』と書かれた人形が目を覚ます。
9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD]9<ナイン>~9番目の奇妙な人形~ コレクターズ・エディション [DVD]
シェーン・アッカー
Happinet(SB)(D) 2010-11-04
by G-Tools



 公開初日に観たのに上映終了直前にアップって(^_^;
 5月8日札幌シネマフロンティアにて。

古びた研究室で、麻布を縫い合わせた人形が目を覚ました。
腹部に大きなジッパーがあり、背中に『9』と書かれた人形は
自分が誰なのかも判らない。
人形が外を見ると見渡す限りの廃墟が広がっていた。
そして背中に『2』と書かれた自分と似た人形がやってきた。
『2』は壊れていた『9』の発声装置を直し、
自分たちは仲間だと語りかける。


"ファスナー付けは難しいのにこの科学者って器用ねぇ"とか、
"妙に下半身が発達していてこの人形はバランス悪いわぁ"とか
どうでもいいことを思って見ていました。
地上が廃墟と化してからあまり日が経っていないようで、
車の中の赤ちゃんがリアル(観たことはありませんが)で。

目覚めたばかりの『9』が妙に賢いのが気になっていたのですが、
全員揃えばこの人形たちは見事にバラバラのキャラクター。
『1』は長老的な存在で保守的で傲慢なリーダー
『2』は優しく優秀なエンジニア
『3』『4』は双子で好奇心旺盛
『5』は『2』を尊敬する面倒見はいいが臆病なエンジニア
『6』はいつも同じ絵を描く風変わりな画家
『7』は勇敢で美しい女戦士
『8』は人形の中で一番体格のいい用心棒的存在
『9』は好奇心旺盛で勇気も冒険心も持つ

人類が何故滅亡したのか、
そして何故この人形たちが生まれたのか、
これが判ってくるとこの人形たちの性格付けが納得できました。

太古から人間が生活を便利にするために使いこなす"道具"、
時として"武器"として使われました。
"火"や"ナイフ"が"最新科学"や"医学"になっても
結局それをどう使うかはその人間次第。

映画全体を包み込むのはダークさやウェットさ。
ヴィジュアルも世界観も嫌いではないです。
ただ・・・ネタバレなしで書くのは難しいのですが
マシンに捕らわれているのですから
私は"蘇る"と思っていたんですよね。
これではマシンを破壊しても同じだったのでは?と
正直意外でした。
でも確かに"死者"の思いは伝わり"未来"へと引き継がれていく。

廃墟で立ち尽くす彼らがアダムとイブのようにも
また小さな家族にも見えてしまう。
残された"この子たち"がとても愛おしく思えました。

元々は監督のシェーン・アッカーのUCLAの卒業制作の11分の短編に
ティム・バートンが惚れ込んで長編作品(80分)としたのだそうで、
このティム・バートンの名前が
シネコンで公開された大きな要因だと思います。
ただシネフロの172席の6番スクリーンは
五分の一くらいの入りだった気がします。
GWウィーク明けで皆さんお疲れだったのか、
札幌の天気が悪かったからかわかりませんが。

「命を絶やしてはならない。」
「ソース(根源)に答えがあるはず。」
99
Shane Acker
Universal Studios 2009-12-29
by G-Tools

優しい味わい「スイーツ&フラワー」【日比谷花壇】

コメント

こんばんは。
配給・宣伝は、ティム・バートンで売ろうとしていたようですが、
この映画は、監督の個性がよく出ていたと思います。
ティム・バートンから、ブラックさをそぎ落とした分、
切ない方に映画のベクトルが向かったような気がしました。

えいさん、
「アリス」の延長上として公開されたような感じですね。
オリジナルは見ていないので比較のしようがないのですし、
正直「?」のシーンもあるのですが、
「Over the Rainbow」は本当に優しくて懐かしくて印象的でした。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

9〈ナイン〉 9番目の奇妙な人形(2009)

210.165.9.64 原題:9目覚めると、世界は終わっていた。MOVX京都にて鑑賞。観たい作品が次々と上映され、なかなか予定が立たず(汗)ようやくナインを本日鑑賞して来ました。テイム・バートン監督が製作に関わった本作。アニメーションですが、私的にはこの世界観にハマりました。お話もそんなに複雑ではなく、シンプルです。登場する布製の人形たちも何か愛嬌があって、、、、好きです。そういえば、「アリス・イン・ワンダーランド」と被っての上映になりましたね。強いて言えば、私は本作の方が断然良いですね。STORY(ウ

『9&lt;ナイン&gt; 9番目の奇妙な人形 』 世界の終りという恍惚を、麻布の小さな人形たちと共有しよう

203.80.25.110『9&lt;ナイン&gt; ??9番目の奇妙な人形?? 』にほんブログ村(C) 2009 Focus Features LLC. All Rights Reservedこの世界観が、たまらない。冒頭から、引き込まれてしまう。もともとは、たった11分のショートムービー。新鋭シェーン・アッカ

『9<ナイン> ??9番目の奇妙な人形??』・・・Over The Rainbow

133.205.94.7原案となるアッカー監督自身の短編作品に惚れ込んだティム・バートンがプロデューサーを買って出たことにより生まれたという本作。ゆえに強烈なバートンっぽさがあるのかと思ったらそれほどでもなく、バートン好きの私はむしろそこに本作の魅力を感じた。

9〜9番目の奇妙な人形〜

203.131.194.84進化しすぎた科学。根源。虹のむこうに。

『9??9番目の奇妙な人形??』(2009)/アメリカ

202.72.52.10原題:9監督:シェーン・アッカー声の出演:イライジャ・ウッド、ジェニファー・コネリー、クリストファー・プラマー鑑賞劇場 : 横浜ブルク13公式サイトはこちら。<Story>...

『9<ナイン> 9番目の奇妙な人形』

210.165.9.64(原題:9)----あれっ。“ナイン”ってタイトルの映画、他にもニャかった?「うん。あちらはフェリーニの『81/2』を基にしたロブ・マーシャル...

『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』は人形ではない

208.71.105.216 訂正である。 『9<ナイン> 〜9番目の奇妙な人形〜』は副題に「人形」と書かれているが、9は人形ではない。 その体は麻布を裁縫しの..

9 〜9番目の奇妙な人形〜/イライジャ・ウッド

203.131.194.84そもそもは監督のシェーン・アッカーがUCLAの卒業制作として作った11分の短編アニメで2005年アカデミー賞短編アニメ部門にノミネートされた作品でしたが、それを観たティム・バートンが気に入って豪華キャストを結集してこの80分もの長編アニメーションとして再誕生させたの....

9&lt;ナイン&gt; ??9番目の奇妙な人形??

203.80.25.110最近、9にまつわる映画が多いですね。( ^ _ ^;この映画は予告編が面白そうだったのと、声優陣が豪華だったので、観たいと思いました。古びた研究室で、背中に数字の9が描かれた奇妙な人形が目を覚ます。外を見ると、廃虚が広がっていた。外に出て、茫然とし

「9<ナイン> ??9番目の奇妙な人形??」世紀末ボロ布人形伝説!

210.128.67.56 『これまでの人生で見た映像の中で、最高の11分間だった』と、あのティム・バートンに言わしめた短編アニメを、長編アニメ映画化。「9<ナイン> ??9番目の奇妙な人形??」(ギャガ GAGA★)。「NINE」とか「第9地区」とか、今年は“9”の当たり年?? 古びた研究室で、奇妙な人形が目覚めた。麻布を縫い合わせた身体に、大きなジッパー、そして背中に書かれた数字の“9”。自分が誰か?ここはどこか?もわからない人形。外を見ると、見渡す限り廃墟の街が広がっていた。やがて茫然とする“9

映画:9 <ナイン> ??9番目の奇妙な人形??

133.205.94.8 ティム・バートン監督のアリス・イン・ワンダーランドが人気ですが、そんなティム・バートンを驚愕させた短編アニメ『9』を長編アニメ化させた9 <ナイン> ??9番目の奇妙な人形??を上映終了日に観てきました。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア