「大統領の理髪師」(韓国 2004年)

理髪店の主人が、政争に巻き込まれてしまう悲劇&喜劇。
権力者と庶民の対比、滑稽さと辛辣さ・・・。
映画レビューはネタバレしません。
daitouryounorihatushi.jpg
大統領の理髪師
ソン・ガンホ イム・チャンサン ムン・ソリ
ビデオメーカー 2005-08-05

by G-Tools


1960年代の韓国。
軍事クーデターを経て、新しい政権が誕生する。
大統領官邸のお膝元の町で理髪店を営むソン・ハンモは、
ある日、大統領の理髪師という大役を仰せつかる。
緊張を強いられながらも誠実に務めを果たし、
やがて、町でも一目置かれる存在になるが、
北朝鮮武装ゲリラ侵入事件が起きて、状況は一変。
彼らが下痢をしていたため、同じ症状の国民は「マルクス病」とされ、
スパイ容疑で次々と逮捕される破目に。
運悪く、ハンモの長男・ナガンも下痢を訴えて・・・。


歴史と呼ぶには最近過ぎる30〜40年前のこと。
でも最初の選挙と開票作業(というにはあまりにも問題がありすぎ)が
後に3.15不正選挙と呼ばれるもの。
産気づいたミンジャを乗せたリヤカーがデモ隊の中を右往左往。
ハンモの息子ナガンが生まれた日が4.19革命
無知といえばそれまでですが見終わってから知ったことです。

ハンモが初めて大統領の髪を切るときの緊張感。
警護室長チャン・ヒョクスと中央情報部長パク・チョンマンとの
つば競り合いの中に神経が休まらない。
四捨五入で笑わせて頂きまして(笑)。
政治に無関心でとにかく家族の無事と幸せを願う。
そんな時の北のスパイ侵入とマルクス病。
下痢をすれば、町の人々は互いに疑い告発する状況の中、
ハンモの息子ナガンの下痢。
大統領の理髪師としての忠誠心のために息子を交番に突き出すハンモ。
子供だからと思っていたハンモの考えとは裏腹に
スパイ容疑者として中央情報部に送られてしまう。
ナガンがハンモの息子と知るパク中央情報部長は
幼いナガンを拷問してハンモをマルクス病で検挙しようとする。
チャン警護室長を除去して権力を一人占めしようとして・・・。
拷問されていることもわからないナガンの幼さとあどけなさ。

すごく期待して見たんです。
でも正直なところこれで終わり・・・という呆気なさ。
唖然としてエンディングのクレジットを眺めてました。
出演者の力量に文句はないです。
ソン・ハンモは『この時代最高の俳優』と言われるソン・ガンホ。
国がすることならば常に正しいと信じる素朴で小心な市民。
ハンモの妻キム・ミンジャ役はムン・ソリ。
私は初見ですが、「オアシス」(未見です)の彼女ね・・・。
ナレーションも努めるナガン役のイ・ジェウンも上手い。

でも私には何かが足りない
前半のシリアスな事柄をユーモラス&ブラックに表現する演出。
ナガンを背負って、元の身体に戻すためにあちこち訪ね歩く
大統領の理髪師ではない父としてのハモンの姿・・・。
どっちもストーリーとしては過不足ないんですが、
どちらかに針が振れていた方が私の好みですね。

理髪師見習いのチンギ役でリュ・スンスが出ています。
韓国はベトナム戦争に派兵していたこと、
無知な私はこれさえ私は知りませんでした。
大好きな音楽のあるアメリカ・・・アメリカ人に会える。
兵役を楽しみにしていたチンギを待っていた戦場の現実。
退役してからは口数が少なくなった彼。
仕事の時には左手に手袋をするようになったチンギ。
この手袋をする理由については特に説明はないのですが、
ナガンが戻ってきた時のハモンとミンジャの様子よりも
痛々しい表情でナガンを見つめるチンギの
これまた痛々しい表情が印象に残っています。
「二重スパイ」といい名バイプレーヤーなんですね。

この時代と背景など公式サイトに詳しく出ています。
大統領の理髪師公式サイト
10月3日追記
ネタバレのこんな記事を発見しました。
私はこちらの見方の方がしっくりします。

コメント

222.147.70.4
韓国の映画って、笑っていいのか悪いのか、
ちょっと躊躇しちゃうシーンがけっこうあると思うのですが、
この映画の前半も、私にはそうでした。
全体のトーンはシリアスなので、このユーモラスなシーンは、監督は笑いを要求してるのかな?とか考えてしまって。
そんなこと気にしないで見ておけばいいんですけどね。
『二重スパイ』は劇場で見たんですけど、
リュスンスが何をやっていたのか、、、記憶を探っても出てきません。
もいちど借りて見てみようかな。

220.220.201.42
音樹さん、
本文にも書いたんですが
前半のユーモアをオブラートに包んだ皮肉と風刺か、
後半の父子の愛情か、どちらかに振れていた方が
個人的には好みです。
手堅くまとめすぎている気がして、私はどうもピンと
来なかったです。
前評判が良すぎて期待が大きすぎたかも知れません。
>『二重スパイ』は劇場で見たんですけど、
 リュスンスが何をやっていたのか、、、
私も劇場組です。
ハン・ソッキュに付いていた情報部のお兄ちゃん役。
ホースで水かけていた・・・。
な〜んて、私、帰宅してから気が付いたんですけど(汗)。

222.225.100.38
sannkenekoさま、初めまして。
トラックバックをありがとうございました。
私が観ている映画と、sannkenekoさまのそれとが
非常に多くかぶっていることに気付いて
サイト全体を興味深く拝見いたしました。
ちなみに、最近見たリュ・スンス。
あのヨン様の最新映画で「多数管付き昏睡状態」姿。

220.220.153.121
uraranさん、
こちらこそはじめまして。
TBとコメントをありがとうございます。
チャン・ドンゴン。
「イブ」「恋風恋歌」「ブラザーフッド」しか知らないのですが、
私も好きです。
これからもよろしくお願いします。

61.203.109.212
TBありがとうございました。
ソン・ガンホって、この時代最高の俳優なんだろうか?・・・としばらく考えこみました。
あ、もちろん好きです。
ほどほどにではありますが。
確か私と同世代といってもおかしくないような歳だったと思います。
ガンホssi。結構ショックです。

219.167.132.149
soonさん、
早速のご訪問ありがとうございます。
>ソン・ガンホって、この時代最高の俳優なんだろうか?
 ・・・としばらく考えこみました。
・・・らしいですよ(笑)。
好みの問題はあるでしょうが(笑)、好みは別として(笑)上手いし。
私もsoonさんと同世代ですね・・・。
ソン・ガンホ・・・う〜ん・・・ショックかも。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

★大統領の理髪師・ソン・ガンホ・ムン・ソリを観ました。★

★大統領の理髪師・ソン・ガンホ・ムン・ソリを観ました。★どんな映画なのかな〜と何の予備知識もなくDVDで観ました。ほのぼのしている映画のようで、理髪師と同じような鋭いハサミのような風刺が効いている映画だなと感じました。重〜いドキュメンタリーのような映画ではなく、純真なお父さん、家族のためにがんばるお父さんの暖かい映画なんだけど結構ズシリと心の中に残る映画だと感じました。演技派の二人が主演ということで、演技は本当にうまいです。ソン・ガンホは「殺人の追憶」という映画の中とはまた違った、学はそんなにないけれど家

大統領の理髪師

ソンガンホの父親の演技がとても印象的だ前半はちょっとしたギ

『大統領の理髪師』(37/100)

さて、本命。ソンガンホ、ムンソリ、リュスンス(冬ソナのヨングク)、そして個人的にえらく期待してたソンビョンホ。期待に違わずの作品。あー、旭川まで来て観てよかった。って、これ観るために来たわけじゃないけど。歴史って、その時代に生きていなければ、たとえば教科書や研究書で学ぶわけですが、そこには喜怒哀楽とか嫉みとか苦悩とか、ばっさり省かれちゃってる。でもその時代の一日一日を生きた人は確かにいたわけで、うえのほうでやれ国家だ国際政治だ経済だと争ってるごくごく一部の人たちとは一見無縁でありながら、それでも人生を振り

映画「大統領の理髪師」

?中村 祐介, イム チャンサン大統領の理髪師ビデオメーカー大統領の理髪師   この映画は、1960年代から70年代。李承晩大統領、朴正熙大統領、そして全斗煥大統領登場までの韓国の現代史を舞台としています。    大統領官邸「青瓦台(チョン

大統領の理髪師

主人公の息子ナガンの語りでつむがれる、心に染み入る物語である。 1960年代韓

大統領の理髪師(孝子洞理髪師)

この映画は面白い。私の笑いツボにハマル。ハマル。面白すぎて、のた打ち回ってしまった。

「大統領の理髪師」

学も政治的な思想も無い町の平凡な理髪師。彼が思いもかけずに大統領の理髪師になることになる。その彼の周りで(国全体で)起こっていく出来事。この作品には、韓国の暗い歴史が描かれている。不正選挙、クーデター、ベトナム戦争、北のゲリラ、そして民主主義の弾圧。彼の息子もその被害者になる。でも、少しも暗く描かれてはいない。それは、物語の底に流れているのが家族を守ろうとする父親の話だからだろう。時代に揉まれながら、誰を恨むことなく、息子を治そうと東奔西走する姿には、心をうたれる。ソン・ガンホはお人好しで気のいい父親を見

「大統領の理髪師」

今までタブーだった韓国1960??70年代の軍事独裁政権時代を暴く、衝撃の問題作!ではなく、1人の小市民の立場から見た時代の流れを、深刻になりすぎることなく、ユーモアを交えてシニカルに描いた作品です。公式サイトに時代背景が記されていて、後で気付いたのですが、ここは鑑賞する前に見ておいたほうが、より楽しめる思います。ソン・ガンホの魅力満載、彼のファンもそうじゃない人も一見の価値あり。【ネタバレです】自分が望んだわけでもないのに、大統領の理髪師になってしまった、ソン・ハンモ(ソン・ガンホ)。大統領の側にいるこ

大統領の理髪師

大統領の理髪師ソン・ガンホ イム・チャンサン ムン・ソリ ビデオメーカー 2005-08-05売り上げランキング

『大統領の理髪師』

今日は先日観たこの韓国映画について。

大統領の理髪師

大統領の理髪師出版社/メーカー発売日メディア制作年度ソンガンホ主演の映画。最近みている韓国映画は重たいものがおおいのでソンガンホの映画に期待した。 期待通り。庶民の映画って感じ。寅さんぽいかな。はじめから笑いまくり。頼りないお父さんをソンガンホがうまく演じています。ちょっとバカっぽいけど。1960年代の韓国での実際の出来事とかなりシンクロしているらしい。大統領の不正選挙や、北の暗殺部隊の話や、マルクス病のところなどは実際にあったようだ。韓国の歴史をあんまり知らないので「へぇ、へぇ」と新しい発見もあり。欲を

「大統領の理髪師」

極々一般庶民の理髪師のお父さんとお母さんと息子の3人の生きた、60年代から70年代の韓国現代史を描いた人間ドラマ。事実ではないフィクションを描いているけれど、韓国の現代史を学ぶにはなかなか興味深かった。大統領の理髪師で息子を持つ父親役のソン・ガンホ。ほ...

「大統領の理髪師」

学も政治的な思想も無い町の平凡な理髪師。彼が思いもかけずに大統領の理髪師になることになる。その彼の周りで(国全体で)起こっていく出来事。この作品には、韓国の暗い歴史が描かれている。不正選挙、クーデター、ベトナム戦争、北のゲリラ、そして民主主義の弾圧。彼の息子もその被害者になる。でも、少しも暗く描かれてはいない。それは、物語の底に流れているのが家族を守ろうとする父親の話だからだろう。時代に揉まれながら、誰を恨むことなく、息子を治そうと東奔西走する姿には、心をうたれる。ソン・ガンホはお人好しで気のいい父親を見

大統領の理髪師

「これ面白いから観た方がいいよ!」と聞き、DVDで観ました。1960年代から1970年代末までの20年間韓国の独裁者として君臨した朴正煕。ひょんなことから大統領の理髪師に選ばれた男とその家族の物語。到って普通の映画でした。f(^^;)コメディーらしいのですが笑う

映画『大統領の理髪師』

原題:The President's Barber1960年代と1970年代の、主として朴正熙大統領独裁政権下の理髪店、何処にもいるような平凡で小心で優しいお父さんのいる家族の物語・・・。理髪師ソン・ハンモ(ソン・ガンホ)が大統領専属の理髪師となり、光栄に思い自分の店と官邸を
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア