『アリアドネの弾丸』

病院内での射殺事件に挑む田口・白鳥コンビ。
海堂尊著『アリアドネの弾丸』
アリアドネの弾丸アリアドネの弾丸
海堂 尊
宝島社 2010-09-10
by G-Tools



久しぶりの海堂作品。

死後画像診断センター(エーアイセンター)が
東城大学医学部付属病院に発足することが決定し、
そのセンター長に田口が任命される。
全く専門外の画像診断について
田口がMRIの技術者・友野優一にレクチャーを受けている頃、
エーアイセンター稼動を快く思わない警察は
内部瓦解を目論み不穏な動きを見せ始めていた。
そして搬入された縦型MRI(コロンブスエッグ)で
友野が遺体で発見される。


桜宮サーガの本丸・東城大学病院での話ですので、
田口・白鳥・島津准教授に神田技師長、
藤原さんに高階院長に黒崎教授、
エシックスの沼田に兵頭とお馴染みさんがズラリ。
他にも私が読んでいる範囲でさえ

南雲杏子『螺鈿迷宮』『極北クレーマー』

南雲忠義・西園寺さやか『極北クレイマー』
・・・まあ、西園寺さやかの正体は大方の予想通り"彼女"。
(『極北クレイマー』レビューしていないのねぇ、今気がついた(-"-;))

彦根新吾・桧山シオン『イノセント・ゲリラの祝祭』

城崎・牧村瑞人・玉村警部補『ナイチンゲールの沈黙』

名前だけなら世良雅志に姫宮・桜宮巌雄に加納警視正に
サイレント・マッドドッグこと斑鳩。
そして50代の妊婦も通りかかり・・・とこれでもかのご出演。

コロンブスエッグでの友野の死。
エーアイ(前はAIでしたけど)で調べたけれど
死因は不明だったという話が"つかみ"で出てきます。
各章ごとに日時と場所が明記されているとは言え、
2章と3章は時系列にした方が読みやすかったと思います。

それにしても会議の内容は堂々巡り。
まあ、『イノセント・ゲリラ』よりはまだマシだけれど。
医療と司法の戦いは相も変わらず。

殺人トリックの種明かしは判らない様な解らない様な(←オイ)。
先日実生活でお世話になったMRIはごく普通のMRIなので、
まず縦型と言うのがピンとこないのよ。
・・・画像診断ユニットの見取り図を見比べていても
それでも・・・すみませんねぇ、文系人間ですので(苦笑)。

しかもこれはまだ序盤戦に過ぎないのね。
ところで田口はともかくとして腹黒タヌキは
エーアイセンターの完成予想図とか模型とか見ていなかったのかしら。

「・・・それに確かに彼は人畜無害だし。」
極北クレイマー極北クレイマー
海堂 尊
朝日新聞出版 2009-04-07
by G-Tools

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アリアドネの弾丸/海堂尊

208.71.105.241大活躍だわね、白鳥サン!毒舌も傲岸不遜な態度も相変わらず炸裂していたけれど、以後、東城医大病院の面々はあなたに足を向けては寝られますまい。

【アリアドネの弾丸】(海堂尊)を読了!

210.172.182.80ついに医療と司法の戦いが火蓋を切る  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】東城大学病院で再び殺人事件が!「この事件はすべてが不自然すぎる。絶対にどこかがおかしいんだ」東城大学病院に導入された新型MRIコロンブスエッグを中心に起こる事件の数々。さらには、病院長に収賄と殺人の容疑がかけられてしまう!殺人現場に残されていた弾丸には、巧妙な罠が張り巡らされていた・・・東城大学病院内でメーカーの技術担当者が亡くなっていた。それは事件ではなく、死因不明として

アリアドネの弾丸

210.165.9.64海堂尊著「アリアドネの弾丸」を読了しましたー!こちらは、「チーム・バチスタの栄光」から始まる田口・白鳥シリーズの本編第5弾にあたります。って、本編ではまだ5弾なんですねー。色んな番外小説を読んでるので、だんだん本編だか番外編だかが分からなくなってきてしまってます(^^ゞ今回は、久しぶりにミステリっぽい作品に仕上がっていて、私好みの作品でした。前回の「イノセント・ゲリラ〜」なんかは、ミステリやサスペンスの要素はゼロでしたからね。そのせいか、1冊を読み終わっても、全然話が終わってない感

アリアドネの弾丸 (海堂 尊)

202.217.72.80チーム・バチスタシリーズ第3弾の、テレビドラマを見た後、原作を読みたくなりました。ドラマの放映中、居眠りをしたりしていて分からなくなってしまった部分もあったので…まだ文庫化はされていないので図書館で予約して、借りることができました。原作はド...

海堂尊『アリアドネの弾丸』

202.217.72.80アリアドネの弾丸海堂 尊宝島社このアイテムの詳細を見る今回は、海堂尊『アリアドネの弾丸』を紹介します。前半は、エーアイセンター創設に関し、Ai導入推進派と反対派のAi抗争ですね。まあ、中盤から後半は少しはAiをつかったミステリー(サスペンス)らしい作品にな...

本 「アリアドネの弾丸」

202.248.175.140「このミステリーがすごい!」大賞受賞で注目を集めた「チーム・バチスタの栄光」の田

久々にミステリ感 強!

202.217.72.80小説「アリアドネの弾丸」を読みました。著者は 海堂 尊田口、白鳥シリーズの5作目一応 順番に読み進めていまして今作はどうか・・・久々にミステリーといったタイプの話でバチスタ以来かな楽しめました今作もAI 画像診断の問題、医療側 司法側の攻防など...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア