〔インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン展〕を見てきました。

ペルー北部の沿岸地域で栄えたシカン文化。
道立近代美術館で開催中の〔インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン展〕を
4月19日に見て参りました。
2011-04-19-02.jpg


歴史にも地理にも疎いのになぜか古代文明とか好きで、
インカ&マチュピチュとかナスカとかマヤとか
あっちの方(・・・なんて大雑把)が好きで。
昔(苦笑)五番館西武(!)の赤レンガホール以来のシカン展。
五番館西武(札幌西武じゃないわよねぇ、まだ)の時は
とにかくすごい混雑でしたが今回は平日。
ゆっくり見学できました。
2011-04-19-01.jpg

今どきの音声ガイドはタッチペン方式なんですね。
渡されたチラシ(?)の番号にタッチすると
音声が聞こえてくる仕組み。

ナスカは日本の弥生時代中期から古墳・飛鳥時代に南海岸で、
そして飛鳥後期から鎌倉時代まで北高地で栄えたのがシカン。

銀金(金銀ではなく)合板で薄い板状に加工されていた胸飾り。
チュニックと呼ばれていましたが・・・重いでしょうねぇ。
黄金の仮面だって半端な重さじゃないはず。
まあ、儀式が何より重要だったのですから、
実用性なんて二の次三の次なのですが。
ところで「アーモンドアイ」と呼ばれる
つりあがった目が特徴の「シカンの神」。
神様に対して失礼かも知れませんが、
ちょっと愛嬌があるお顔にも見えてしまうのです。
でも黄金とトルコ石のコントラストは強烈です。

灌漑技術がありとうもろこしを主食にし、
海の恵みならぬ川の恵みのザリガニなどを食べていたシカンの民。
でも神殿は日干しレンガで作られていたので、
エルニーニョの大雨の時には発掘作業を中断せざるを得なかったらしい。

会場内にはいくつかテレビが置かれ、
発掘時の光景が流れていたのですが、
あちこちから違うナレーションが聞こえてきますし、
音声ガイドとも重なってちょっと耳障りな面も。
展示会場の出口のシアターでは
お墓の中の様子をCGで再現した映像を放映しています。
発掘時のエピソードのダイジェストも兼ねていますし、
こっちの方が落ち着いて見られるかもしれません。

そうそう、逆さ埋葬ってありましたねぇ。

会場の外・・・ロビーでは例によって記念品が色々と販売されていました。
どう見てもペルーのお土産としか思えないものも多かったですが、
驚いたのがハローキティのシリーズヽ(;^o^ヽ))) (((/^o^;)/
メキシコヴァージョンと見えなくもないペルーヴァージョンは
ぬいぐるみやらストラップやらで可愛かったんですが、
トゥミ型キティはちょっと。
そりゃあ、トゥミは儀式用ですけどね、でも本来の用途は・・・。

〔インカ帝国のルーツ 黄金の都シカン展〕
◇会期 4月16日(土)〜5月22日(日)
午前9時30分〜午後5時。入場は同4時30分まで。月曜休館
◇会場 道立近代美術館
◇入場料 一般1200円、高大生900円、小中生500円。10人以上の団体は別料金。

主催 北海道新聞社、北海道放送

Sound.Earth.Nature.Spirit. vol.SPIRITSound.Earth.Nature.Spirit. vol.SPIRIT
「Sican」(〔黄金の都シカン展〕テーマ曲) 収録

S.E.N.S.
BMG JAPAN Inc. 2009-05-27
by G-Tools

黄金の都 シカン [DVD]黄金の都 シカン [DVD]
島田泉(考古学者)
TCエンタテインメント 2009-09-16
by G-Tools

世界遺産 アンデス・インカをゆく (SHOTOR TRAVEL)世界遺産 アンデス・インカをゆく (SHOTOR TRAVEL)
義井 豊
小学館 2002-06
by G-Tools

コメント

sannkenekoさん、こんばんは。
「黄金のシカン展」!上野で見ました。
ちょっと前なので記憶が・・・逆さ埋葬ありました。
そうそう、南米のってひょうきんなお顔立ちなんですよね。
私はガチャポンのお土産を買いましたが、キティの土産?・・・全く気が付きませんでした。

ryokoさん、
シカン展は札幌での開催が最後らしいんですよ。
私は平日だったのでゆっくり見られました。
>そうそう、南米のってひょうきんなお顔立ちなんですよね。
ちょっとデフォルメしてあってなんだか愛嬌があるというか。
キティは・・・ストラップとかハンドタオルとかボールペンとか色々と。
ガチャポンは・・・外れたら悲しいのでチャレンジしませんでした(苦笑)。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「トリノ エジプト展」と「黄金の都 シカン」@上野

210.165.9.648月から「行くぞー!」と気合をいれていたのに・・・気が付いたら後1週間で終わりやないのー!そうです、「トリノ・エジプト展ーイタリアが愛した美の遺産ー」@東京都美術館「門外不出のツタンカーメン、上野で公開中」「世界屈指の古代エジプト・コレクション、日...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア