『グラスホッパー』

妻の復讐。
システムエンジニア。
昆虫のシール。
伊坂幸太郎著『グラスホッパー』
グラスホッパー (角川文庫)グラスホッパー (角川文庫)
伊坂 幸太郎
角川書店 2007-06
by G-Tools



・・・『マリアビートル』を読みまして、
色々と感じるところはあったのですが、
それはそうと塾の先生の鈴木さんって何者?
読み終えてみれば本編の次のページに
『グラスホッパー』の広告がありまして。
ということでまずこちらを読み、
改めて『マリアビートル』を読むことに。

中学校教師の鈴木は妻をひき逃げで死亡させた男に復讐するため、
教師を辞め男の父親が経営する会社に契約社員として入った。
ところが鈴木は目の前の交差点でその男が
車に轢かれる瞬間を目撃してしまう。
「押し屋」と呼ばれる殺し屋の仕業らしく、
命じられるままに後を追った鈴木だが、
「彼」に温かい家庭があることを知り、
居場所を会社に報告できなくなってしまう。
過去を清算するため、手柄を立てるためと
"鯨""蝉"というふたりの殺し屋も「押し屋」を追っていた。


『マリアビートル』に何度も出てくる"令嬢"という会社に
"寺原"、"槿"(あさがお)に"スズメバチ"・・・そして鈴木、
こういう風に繋がっていたんですねぇ。
鈴木・鯨・蝉と代わる代わる語り手を務める章ごとに
認印が捺してあることも。

非合法な薬物を取り扱ったり、
臓器売買紛いのことをしている"フロイライン"(="令嬢")。
面白半分に人の命を奪う寺原の息子。
ビジネスとして人を殺していく殺し屋たち。
殺人を依頼する衆議院議員。
いわゆる普通の市民は鈴木とその妻だけ。
その鈴木が妻の復讐のため、
寺原の息子の命を狙うためにと
後ろめたさに目を瞑ろうとし苦しむ様子は何とも人間臭く。

一家惨殺の"蝉"の話は相当に凄まじいし、
ターゲットにご自分で亡くなって頂く殺し屋の"鯨"が
その亡霊に付きまとわれる話は
かなり陰惨でおどろおどろしい・・・のに何故かユーモラス。
もっとも"槿"のおかげで"轢いてしまったドライバー"にとっては
こんなはた迷惑なことはないですが。

それにしても後半は(・▽・;)(‘ー‘;)(・∀・;)の連続。
何度か会話に出てきた"劇団"が
こういう形で登場する・・・していたんですね。
健太郎と孝次郎が鈴木よりよほどしっかりしているのが
可笑しいというか哀しいというか・・・。
そして最初は運の悪いふたりと思っていた若い男女。
・・・運は悪くはなかったのねぇ、もうビックリ!

「僕は、君のために結構頑張っているんじゃないかな。」

コメント

こんばんは。
とっても面白く読んで、これは是非、と他人様にオススメしながら、
考えたら、随分忘れてるなぁと気がつきました。
再読したいのに、娘の本を借りて読んだ後、さっさと返してしまったので、
わたしも文庫を買って読み直してみたくなりましたわ。
『マリアビートル』も発刊時に買ったのに、昨秋があまりに忙しく、一旦中断してしまったら、
その後どれだけ積読にしてることか…
伊坂作品は、次々と登場人物がリンクしてくるので、
それが、刊行順に読んだほうがより面白い、という理由なのです。

悠雅さん、
印象は強烈なのに案外忘れていたりしますよね。
本や映画を読み返したり観直したりするとそういう発見をしてしまいます。
>伊坂作品は、次々と登場人物がリンクしてくるので、
それが、刊行順に読んだほうがより面白い、という理由なのです。
今更無理(苦笑)。
でも『マリアビートル』のおかげでこれに出会えましたし、
次はその『マリアビートル』をアップする予定・・・予定です(苦笑)。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

グラスホッパー

203.131.194.84  伊坂幸太郎 著 角川書店

「グラスホッパー」 伊坂幸太郎

208.71.105.142まずは、登場人物の恐ろしい職業に驚き。

グラスホッパー  伊坂幸太郎著  角川文庫

210.165.9.64 グラスホッパーって、飛蝗(ばった)だっけ?
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア