「その街のこども 劇場版」(日本 2010年)

10才と13才。
あの日の記憶。
その後の記憶。
その街のこども 劇場版 [DVD]その街のこども 劇場版 [DVD]
森山未來 佐藤江梨子
トランスフォーマー
by G-Tools



 NHKのTVドラマがとても印象的だったので
 劇場版として上映するというニュースを知った時には
 ある意味当然という感じでした。
 札幌ではディノスシネマズ札幌での上映でした。

東京で暮らす中田勇治は
10才の時に阪神・淡路大震災を体験している。
建設会社の先輩社員と出張で広島に向かう新幹線内で
"震災のつどい"が開かれるというニュースを見た勇治は
途中の新神戸で下車してしまう。
その新幹線の車内で見かけた女性を
携帯で撮ろうと近づいた勇治は
思いがけずその女性から話しかけられる。
彼女・大村美夏も東京からきた被災者だった。
三宮・東遊園地で明日朝行われる追悼のつどいに参加するために
十数年ぶりに神戸に戻ってきたのだった。


2010年のNHKのドラマは途中から観たもので、
どこをどう加えて再編集したのか正直わからないのですが、
その最たるものがどこに津田寛治が出ていたわけ?ということ。
・・・何せ私が観始めた時、ふたりはもう歩いていたもので

この津田氏は中田勇治(森山未來)の会社の先輩役。
今回観てこのツダカン先輩は、
被災した当事者と被災しなかった人の立場の違い。
震災からの月日の長さ。
この震災との距離感の象徴と感じました。
耐震建築を謳う会社が設計中のビル。
万一の地震の時に割れた窓ガラスが地上に落ちることを防ぐルーフを
コストの問題で施工主がカットしたからと
模型のルーフをツダカン先輩は無造作に取り外す。
ルーフを一心不乱に作っていた勇治が見つめる先には
そこにいて投げ出された格好になっている人形たち。
・・・勇治の何とも言えない表情。

100年の一度起こるかも知れない災害。
大多数の人は100年の一度のことは
自分たちには起こらないと思っている。
でも勇治はそれを経験している。

会社の人々は勇治が神戸に住んでいたことを知っているかもしれない。
でも勇治は先輩にも誰にも震災の記憶を話していないのでしょう。
あの日、神戸に降り立つまでは。
美夏に会うまでは。

ドラマの放映後に知ったのですが、
主演のふたりも脚本の渡辺あや、スタッフの多くは
実際にこの震災を体験しているそうです。
森山未來と佐藤江梨子のネイティブな関西弁(神戸弁?)は
このドラマで初めて聞いたように思いますが、
夜の街をひたすら歩きながら喋っていることは、
脚本に書かれていることなの?リアルじゃないの?と思えるくらい。
そしてふたりに寄り添い歩いているような映像と音楽。

歩くうちに喋るうちにふたりの表情が変わっていく。
大人からこどもに・・・被災した時のこどもの顔に戻っていく。

ゆっちの家のインターフォン。
少年野球のチームメイトの家の前のベビーカー。

バックを置いて身軽になった美夏。
バックを肩に掛けたままの勇治。

おっちゃんとゆっちの話をしている美夏。
夜の公園でシャドーピッチングをしている勇治。

大泣きしたのはおっちゃんではなく美夏。
離れたマンションの窓に手を振る美夏と勇治。

100人いれば100とおりの心の傷がある。
行き帰りのタクシーに乗る乗らないの攻防に笑いながら、
現在進行形の災害に襲われている中で
私たちに何ができるのか考えてしかいました。
それにしても大半がふたりっきりの会話劇。
これを見事に演じた森山未來と佐藤江梨子に改めて拍手です。
・・・あたしゃ、サトエリは苦手だったんですけどね、
見直したよ、ウン(苦笑)。

勇治を抱きしめた美夏。
表情はこどものまま、無防備なままなのだけれど、
ひとつ乗り越えた彼女は少しだけ大きく見える。
・・・勇治が横断歩道を渡れるようになるのは何時かしら。

「行かなだめなんです。」
「御影まで行って、荷物置いて、戻ってくる。」
大友良英サウンドトラック Vol.0大友良英サウンドトラック Vol.0
「その街のこども」エンディングテーマ
/ 歩く(「その街のこども」挿入曲)収録

大友良英 阿部芙蓉美
F.M.N.SoundFactory
by G-Tools

災害と心のケア―ハンドブック災害と心のケア―ハンドブック
デビッド・ロモ
アスク・ヒューマン・ケア
by G-Tools

「その街のこども」ドラマのレビューです(別館に移ります)。
「その街のこども」

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

その街のこども 劇場版/森山未來、佐藤江梨子

203.131.194.84昨年、NHKでこのドラマが放送されたとき惜しくも見逃してしまいとても悔やんだのですが、世間でもよっぽど反響があったのか未収録分を加えて再編集し映画化に至りこうして劇場版と ...

その街のこども 劇場版・・・・・評価額1650円

208.71.105.1591995年1月17日、午前5時46分、神戸。あの運命の日に、その街にいた子供たちの、15年後の邂逅を描く異色のドキュメンタリー風ロードムービー。元々は、阪神・淡路大震災から15年目を迎えた、昨年の1月17日...

その街のこども 劇場版

203.80.25.110この作品は、元々NHKで、阪神大震災から15年目の2010年に放送されたドキュメンタリー作品を映画用に再編集したものです。映画を観る会で私が提案した時にメンバーは既にテレビ版を観ていて却下されたのですが、ドキュメンタリーに興味がない私はその時に知りました。f

映画:その街のこども 劇場版

49.129.4.225 1/17にあれから17年を迎えた。あれとは、そう1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災。そんな震災を経験した2人が主演するその街のこども 劇場版を見てきました。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア