〔地上の天宮 北京・故宮博物院〕展を見てきました。

北海道立近代美術館で開催中の〔地上の天宮 北京・故宮博物院〕展。
会期末間際の8月19日、駆け込みで観て参りました。
2011-08-19-01.jpg


ようやく涼しくなった北海道。
近美の前庭の鳩もお疲れ気味のご様子。
2011-08-19-04.jpg

正面前の特設コーナーでチケットを購入。
10時前にも関わらず結構な混雑ぶり。
音声ガイドの使い方の説明がとにかくくどい丁寧過ぎることに
閉口しながら場内へ。

この時代のことは「ラストエンペラー」程度の知識しかないのですが、
中国宮廷内での風俗や生活に的を絞った展示のようでした。

会場の中央に食器の数々を並べて展示したコーナーが設けられていました。
西太后をはじめ后妃たちが用いたものですが、
実際には料理は一品ずつ運ばれてくるので
食卓にズラーと並ぶことは無かったそうです。
ただ・・・音声ガイダンスの説明に(・・?)
様は中央に並んでいる黄色の食器群は
西太后が誂えさせたということなのですが、
食器の説明文は展示コーナーから少し離れたところにあるもので
突然番号を聞いてもどれがどれやら。
ここはちょっと不親切。

それにしても贅を尽くすとはこういうこと。
后妃たちの正装は中国で高貴とされていた黄色。
でも彼女たちの普段着もまた豪華で美しい。
蓮の花が開くというからくり時計にオルゴール。
マッサージローラー(それも水晶製)があったことにも驚きましたが、
もっと驚いたのが犬の洋服。
真紅で光沢のある凝った刺繍が施された美しい服をお召しになったのは
ペキニーズあたりでしょうか。
・・・女官たちよりよっぽど上等な生地だったと思われます。

グッズの販売コーナーもまた大賑わいでしたが、
中国と言えば西太后よりパンダよねぇ。
・・・完全な衝動買いのクリアファイルです。
2011-08-19-06.jpg

何せもう少しゆっくりというかゆったり見たかったという気持ちはありますが、
でも楽しめる展覧会でした。

〔地上の天宮 北京・故宮博物院〕展
◇会期 7月15日(金)〜 8月21日(日)
午前 9時30分〜午後 5時00分。入場は同 4時30分まで。
休館日 月曜日(7月18日を除く)、7月19日(火)
◇会場 北海道立近代美術館
◇入場料 一般1100円、高大生800円、小中生500円。

主催 北海道立近代美術館、STV札幌テレビ放送
特別協力 北京・故宮博物院
ラストエンペラー ディレクターズ・カット (初回生産限定版) [DVD]ラストエンペラー ディレクターズ・カット (初回生産限定版) [DVD]
ジョン・ローン ピーター・オトゥール
東北新社
by G-Tools

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア