白い恋人パークに行ってきました。

母が白い恋人パークのからくり時計を見たいというもので
10月13日に出かけてきました。
3月の震災以降、海外特に中国圏の観光客はまだ戻っていないそうで、
逆に言えば今ならゆっくり見られるんじゃない?と。
2011-10-13-26.jpg


札幌からは円山経由小樽行きのバスで西町北20丁目下車。
バスの進行方向に向かって歩くこと3分ではい、見えました。
2011-10-13-02.jpg

まずはチケットカウンターで入館料を。
"白い恋人パーク入館パスポート"を。
2011-10-13-01.jpg

むかーし、来たことがあるので、
デミタスカップやパッケージのコレクションには見覚えがありました。
ただその頃はまだチョコレートファクトリーだけだったので
あんとるぽー館なるところのオーロラの泉はあら、綺麗と素朴に感心。
2011-10-13-03.jpg
グッズショップに隣接した1Fのアンティークコレクションルーム。
デミタスカップもあれだけ並ぶともう壮観。
2011-10-13-13.jpg

で目的のからくり時計塔のアトラクションを見に中庭に。
木になっているりんごはホンモノ?と触れてみると、
"Please Don't Touch。"とかナントカ。
時々聞こえるアニメっぽい声の正体はこれでした。
あと別ヴァージョンもありましたが、
とにかく北海道弁で言うところの"ちょうすな!"ということですね。
でもこのりんご、オブジェにしては妙にリアル。
是非触って確かめてみて下さい。

毎正時にからくり時計で見られる"チョコレートカーニバル"。
2011-10-13-32.jpg
人形たちの一挙手一投足を見つめていると、
何処からかシャボン玉が。
と思うと突然足元にモグラが顔を出し。
2011-10-13-32.jpg
童心に帰りますねぇ・・・ショー自体は10分ないと思いますが。

工場など4Fはパスしましたが、
今回歩いた範囲は何処でも撮影OK。
(手持ちのカメラや携帯で)お撮りしますか?と
スタッフの方が声をかけてくれます。

ところで公式サイトでもパンフでも
公共の交通機関についてはJR札幌駅or地下鉄東西線だけ.
でも西町北20丁目停留所を通るJR琴似行きのバスがあるんですよね。
路線は知らないけれど。
2011-10-13-34.jpg
白い恋人パーク

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア