「オーケストラ!」(フランス 2009年)

30年前の悲劇。
あの時の赤ちゃん。
ヴァイオリン協奏曲ニ長調。
オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]オーケストラ! スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
アレクセイ・グシュコブ メラニー・ロラン
Happinet(SB)(D)
by G-Tools



札幌では2010年4月にディノスシネマズ札幌劇場での公開でした。
DVDにて。

かつてはロシア・ボリショイ交響楽団で主席を務め、
天才指揮者と謳われたアンドレイ・フィリポフ。
共産時代にユダヤ系の演奏家たちの排斥を拒絶、
名声の絶頂期に解雇された彼は現在、
ロシア・ボリショイ交響楽団の劇場清掃員として働いている。
ある日、支配人室を清掃中に
演奏を取りやめたサンフランシスコ交響楽団の代わりに、
パリのシャトレ劇場に出演するオーケストラを
2週間以内に見つけたいというFAXを見たアンドレイは
とんでもない計画を思いつく。


予告編は観ていたのでハッピーエンドなのは知っていました。
ただ30年。
違う職について楽器に触っていないメンバーさえ多いのに。
第一これって嘘を通り越して詐欺でしょ?犯罪でしょ?
それでもパスポートもビザも楽器も全部揃っちゃう(苦笑)。
御伽噺でありながらある意味ではシンデレラストーリーなんですね。

元チェロ奏者で今は救急車の運転手・サーシャが
元共産党員(というかKGB)のイヴァンに
いちいち突っ掛かるのもまた当然で。
マフィアの結婚式にサッカーチームのオーナーと
現代の豊かなロシア事情とメンバーたちの現状の落差。
一方でそして妙な条件に面食らいながらも必死で交渉する
シャトレ座支配人の悪戦苦闘ぶりも可笑しかったです。
でもアンドレイにとっては単なるリベンジではないのですね。
だからこそのチャイコフスキーの「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」。
だからこそのソリスト、アンヌ=マリー・ジャケ。

ただパリでアンヌ=マリーに会ってから人が変わったように
(というかまたお酒に走ってしまった)アンドレイと
リハーサルにさえ出てこない楽団員たち。
このパリパートになってから話が進まなくなったというか、
テンポが悪くなってちょっとイライラしてしまいました。

そして公演。
クラシックに馴染みのない私でさえ大丈夫?という代物。
でもアンドレイもサーシャも他の楽団員たちも
表情が生き生きしてくる。
アンドオレイに失望し一度はキャンセルを口にしたアンヌ=マリー。
不安げにアンドレイを見ていた彼女の瞳が輝いてくる。
そして明かされる30年前の悲劇と赤ちゃんのその後。

1970〜80年代のブレジネフ政権下のユダヤ人弾圧政策と
まあ、法治国家ではない三代世襲のかの国では
政権批判は4親等だか5親等まで収容所送りだそうですが。

ヴァイオリンの音色に聴き入り、
いつの間にか演奏に涙ぐみ、
ラストは客席と一緒にブラボー♪
魔法のような奇跡の12分。
・・・何故か気持ちが晴れ晴れする作品でした。

「レアのために戻れ。」
オーケストラ!オーケストラ!
サントラ
SMJ
by G-Tools

コメント

そう、30年も楽器に触っていないメンバーも、リハなしで成功しちゃうという奇跡(⌒▽⌒)
もう、コメディとしか言いようがないのに、なぜか泣けちゃうラストのコンサート…が全ての映画なんですよね〜。
私も泣きながら拍手しましたよ。
音楽の力って、ほんとに凄いと思いました^^

くうさん、
ロシアパートが完全にコメディですよね。
ただパリでのグダグダがテンポが悪くて気に入らないのですが、
>なぜか泣けちゃうラストのコンサート…が全ての映画なんですよね〜。
>音楽の力って、ほんとに凄いと思いました^^
涙線は緩むし鳥肌は立つし。
ラスト12分は圧巻でした。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【オーケストラ!】この12分間のクライマックスのための120分!

208.71.105.138オーケストラ!〜 LE CONCERT 〜監督: ラデュ・ミヘイレアニュ  出演: アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、ミュウ・ミュウ、フランソワ・ベルレアン、ドミトリー・ナザロフ、ヴァレリ...

オーケストラ!

202.217.72.80以前行って満席で見られなかった映画、やっと見ることができました。この映画、チケットが、当たっているんです。監督はラデュ・ミヘイレアニュ。主人公の名はアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)。かつては指揮者をしていました。それもロシア・ボリショイ交響...

「オーケストラ」

180.235.97.44「Le Concert」 2009 フランス/イタリア/ルーマニア/ベルギーアンドレイ・フィリポフにアレクセイ・グシュコフ。アンヌ・マリー・ジャケに「パリ/2007」「イングロリアス・バスターズ/2009」のメラニー・ロラン。劇場支配人オリヴィエ・デュプレシスに「ナルコ/2004」「コーラス/2004」「オーロラ/2006」「トランスポーター3 アンリミテッド/2008」のフランソワ・ベルレアン。アンヌ・マリーのマネージャー、ギレーヌに「恋愛睡眠のすすめ/2005」「輝ける女たち

「オーケストラ」

180.235.97.45「Le Concert」 2009 フランス/イタリア/ルーマニア/ベルギーアンドレイ・フィリポフにアレクセイ・グシュコフ。アンヌ・マリー・ジャケに「パリ/2007」「イングロリアス・バスターズ/2009」のメラニー・ロラン。劇場支配人オリヴィエ・デュプレシスに「ナルコ/2004」「コーラス/2004」「オーロラ/2006」「トランスポーター3 アンリミテッド/2008」のフランソワ・ベルレアン。アンヌ・マリーのマネージャー、ギレーヌに「恋愛睡眠のすすめ/2005」「輝ける女たち

オーケストラ!

180.235.97.45 これは、ほんとにステキな映画でした。 音楽の力って、演奏によっては体調すら崩しかねないほど凄いものであるだけに、それがプラスに機能すれば、ドラマでは描ききれない感動の高みまで連れていかれてしまいます。ラストのチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲では、滂沱の涙でした。 かつて天才指揮者と賞賛されたアンドレイ(アレクセイ・グシュコフ)は、30年前、ユダヤ人弾圧を行ったブレジネフ政権に楯突いたために、ボリショイ交響楽団を解雇され、劇場清掃員として働くはめに。そんなある日、清掃作業中に

オーケストラ!

210.172.160.154オーケストラ!(2009 フランス)原題   LE CONCERT監督   ラデュ・ミヘイレアニュ原案   エクトル・カベロ・レイエス ティエリー・デグランディ脚本   ラデュ・ミヘイレアニュ      アラン=ミシェル・ブラン マシュー・ロビンス撮影   ローラン・ダイヤン音楽   アルマン・アマール出演   アレクセイ・グシュコフ メラニー・ロラン      フランソワ・ベルレアン ミュウ=ミュウ      ドミトリー・ナザロフ ヴァレリー・バリノフ      アンナ・カ

オーケストラ!

202.217.72.80LE CONCERT/09年/仏/124分/音楽コメディ・ドラマ/劇場公開監督:ラデュ・ミヘイレアニュ出演:アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン<ストーリー>1枚のFAXを目にしたアンドレイはかつての仲間を集め、ボリショイ交響楽団代...

オーケストラ!  Le Concert

202.217.72.80平均寿命はその国の健康状態、経済発展、社会病理の状況を集約して示す指標だそうです。ロシア人の平均寿命ってどれくらいか御存知ですか?10年ほど前、何かで読んで驚いた記憶があります。OECDの平均が1960年頃から順調に右肩上がりで、2006年度女性82.5歳、男性7...

『オーケストラ!』

202.217.72.80□作品オフィシャルサイト 「オーケストラ!」□監督・脚本 ラデュ・ミヘイレアニュ □キャスト アレクセイ・グシュコフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ■鑑賞日 4月22日(木)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0...

オーケストラ

202.217.72.80                2009年/フランス/124分原題:Le Concert監督:ラデュ・ミヘイレアニュ音楽:アルマン・アマール出演:アレクセイ・グシュコブ、ドミトリー・ナザロフ、メラニー・ロラン、フランソワ・ベルレアン、ミュウ=ミュウ、バレリー・バリノ...

『オーケストラ!』

202.217.72.80(原題:Le concert)「これは観る前に想像していたのとはまったく違ったね。本当に映画は観てみなくては分からない」----そうニャの?タイトルからして、だれもが心打たれる感動作って気がするけど…。「もちろん。それはそうだよ。でも一言で“感動”って言っても...

映画「オーケストラ!」

203.80.25.110オーケストラ!監督 ラデュ・ミヘイレアニュ出演 アレクセイ・グシュコブ, メラニー・ロラン, フランソワ・ベルレアン, ドミトリー・ナザロフ, ミュウ=ミュウオーケストラ! スペシャル・

オーケストラ!

208.71.105.224かつてボリショイ交響楽団の天才指揮者だったアンドレ(アレクセイ・グシュコフ)は、今は劇場清掃員として働く日々。ある日、出演できなくなった楽団の代わりのオーケストラを探しているというFAXを目に...

オーケストラ!(2009)LE CONCERT

202.217.72.80 さあ、人生を奏でよう。5月1日、最終上映での鑑賞となりました。この手の作品なら、ミニシアター系なのですが、シネコン上映なんですね。キャストで知っているのは、メラニー・ロラン、フランソア・ベルレアンくらいかしら、、、、。ミュウ=ミュウは知っていました...

「オーケストラ!」ラスト以外は・・・

208.71.105.137冒頭は、すごい!これは凄く面白そう!ってワクワクしたのだけれど、前半のコメディな部分が私は楽しめなくて、ちょっとだる〜くなっちゃいました。3つ☆

オーケストラ!

202.217.72.80すばらしいい!!本当に音楽っていいもんですよねえ。

「オーケストラ!」

208.71.105.142映画観賞記録、1行でも書いておかないと、脳内在庫が山積みになってしまう。(苦笑)

■映画『オーケストラ!』

203.80.25.110ストーリーは荒いし、描写は大味だし、演技はフランス映画っぽく大げさだし…、でも、ラストには何故か感動して涙してしまう映画『オーケストラ!』。なんというか、“音楽の力”というものを実感しました。クラシックにはまったく明るくない私ですが、最後のコンサートでの
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア