「私」的今年を振り返る2011

201年最後のエントリーです。
今年観た映画、読んだ本、そして私自身について。



2011年は映画・DVDが29本(洋画12本・邦画17本)、
本は24本のレビューでした。




○映画
昨年はギックリ腰でロードショーどころではありませんでしたが、
今年は気管支炎が完全に喘息と化してしまい、体力も気力もダウン。
スクリーンで観たのは辛うじて10本。
(洋画5本・邦画5本)。

数少ない中のベストは
洋画は「オーケストラ!」と「瞳の奥の秘密」。
邦画は「阪急電車 片道15分の奇跡」と「その街のこども 劇場版」。

・・・2012年はもう少しスクリーンで観たいなぁ。




○本
レビュー出来ないまま、
早い話が読みっ放しになっている本が二桁ありまして(-。-;
喘息の薬を常用している間は読書は出来るんですが、
作文作業が出来ないことを発見しました。
映画が素敵だった『阪急電車』は眠れない時の愛読書と化しました。
テレビドラマをきっかけに読み直した『火車』。
法律的な部分は今とは違うでしょうけれど、
逃げるしかなく、追い込まれ、そして戦うしかなかった喬子が哀れ。
ただ今年のベストは読みっ放しの中の一冊。




ちなみに・・・2011年ドラマの感想は
「私」的今年を振り返る2011〜ドラマ編


2012年も目標は家内安全。
とにかく穏やかに何より健康で過ごしたいと願っております。
いつの間にか・・・9年目に入ったこのブログに、
お付き合い頂きありがとうございました。
ご訪問頂いた皆様には感謝の思いで一杯です。
どうか良いお年をお迎えくださいませ。
私は明日仕事で5時起きですのでこれにて o(_ _)oペコッ♪

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア