「殺人の追憶」(韓国 2003年)

『この映画は1986年から1991年の間軍事政権の元
民主化運動に揺れる韓国において、
実際に起きた未解決連続殺人事件をもとにした
フィクションです。』
殺人の追憶殺人の追憶
ソン・ガンホ, キム・サンギョン, キム・レハ, ポン・ジュノ
アミューズソフトエンタテインメント 2005-08-03
by G-Tools



 昨年末に北海道ローカルの地上波で放送されたものです。
 ようやく見る時間が取れました。

1986年、ソウル近郊の農村で、若い女性の変死体が発見された。
地元警察のパク刑事とソウル市警から派遣されたソ刑事は、
この難事件に挑むもののなんの手がかりも得られないうちに、
新たな犠牲者が出てしまう。
性格も捜査方法も異なる二人は衝突を繰り返し失敗を重ねながら、
ついに有力な容疑者を捕らえるのだが・・・。


女性としては腹立たしいことこの上ない事件。
捜査の現場といえば殺人現場を子どもたちが走り回るし、
犯人のものと思われる靴跡の上を耕運機が通っていく。
これじゃあ、捕まりっこない!

パク刑事たちが容疑者を攻め立てて、自白を強要する様子は
「二重スパイ」を思い出させました。
・・・「二重スパイ」にドロップ・キックはなかったけど(笑)。
スパイ容疑の取調べのような肉体的、精神的な拷問を一般の人に・・・。
チョン・ドゥファン軍事政権下では珍しくなかったんでしょうか・・・。
一方、書類は嘘をつかないが口癖のソ刑事はとにかく書類を検討、
分析して事件の糸口を探していく。

パク・トゥマン刑事はソン・ガンホ。
勘と経験を頼りに証拠を捏造して犯人を仕立て上げるイコール冤罪
恐ろしいことなんですが、本人は一生懸命。
占いにまで頼った彼が中盤から苦悩の表情になっていく・・・。
ソウルから派遣されたソ・テユン刑事はキム・サンギョン。
ソン・ガンホに全くひけをとらない演技に驚きました。
見過ごされていた3人目の被害者を見つけ出した若手刑事。
でも出口の見えない展開にだんだんと事件に飲み込まれていく・・・。
登場した段階から怪しい(笑)パク・ヒョンギュ役はパク・ヘイル。
「菊花の香り」ではどうもピンとこなかったんですが(笑)、
こういう一癖ある役の方が合うような気がします。

6年間で10人の女性が殺害された韓国で有名な未解決事件を素材に
1996年に初演された演劇を脚色したミステリー犯罪実話劇です。
実話と同様にこの映画では真犯人はわからないし逮捕されない。
この映画が描くのは事件を追う刑事たちの情熱と葛藤と焦りと挫折。
サスペンスというよりは人間ドラマ。

顔見知りの中学生の無残な死を前にして怒りを抑えられず、
刑事としての自分の支えである証拠に否定されて
我を忘れて狂いかけるソ刑事。
理性を失いかけた彼を止めたのは、
対立しながらも彼に刑事の姿を教えられたパク刑事。
トンネル手前でのシーンは圧巻でした。

そして2003年3月。
警察を辞めて家庭を持って新しい暮らしを始めたパク・トゥマンが
第一現場の用水路を訪れるラストシーン。
少女の言葉・・・怖さと不気味さは後からやってくる。

1988年9月に起きた8番目の事件は犯人が捕まったそうですが、
後は未解決のまま。
韓国の殺人の時効は15年だそうです。
華城(ファソン)事件は終わっていない~担当刑事が綴る「殺人の追憶」~華城(ファソン)事件は終わっていない~担当刑事が綴る「殺人の追憶」~
宮本 尚寛
辰巳出版 2004-03-26
by G-Tools

Memories Of Murder [ NON-USA FORMAT, PAL, Reg.2 Import - Denmark ]Memories Of Murder [ NON-USA FORMAT, PAL, Reg.2 Import - Denmark ]
Kang-ho Song Sang-kyung Kim Roe-ha Kim

by G-Tools

コメント

221.23.72.175
はじめまして(以前別の映画のレビューにお邪魔したことがあるのですが…)。
sannkenekoさんのドラマのレビューをいつも楽しませてもらっているのですが、『殺人の追憶』のレビュー書きますとあったので心待ちにしていました。
一昨年なんの予備知識もなくBSで観て
とてもショックを受けた映画です。
検死解剖や中学生が暗がりを歩いていくシーンも怖かったのですが、
一番残っているのはやはりトンネル前でのソ刑事と
用水路を覗くパク元刑事のシーンです。
本当に重たい重たい一本でした。

59.141.253.154
初めまして。
ラストの少女の言葉、ソン・ガンホの表情・・これは今起きている数々の犯罪に通じるものがありとても恐ろしかったです。
犯人がつかまっていないのがやるせなく、怒りが込み上げますね。
Tbさせていただきますm(__)m

58.94.187.233
とま民さん、
のどかな田舎の風景での残忍な事件。
実話と言うのがやりきれないですね。
>一番残っているのはやはりトンネル前でのソ刑事と
 用水路を覗くパク元刑事のシーンです。
ヒョンギュは手錠のままで・・・とは思いますが、
下手をすると人として外れた道に進みかけたソ刑事の姿は
印象的でした。
最後の少女の言葉はさりげないだけに怖かったです。

58.94.187.233
rainさん、
はじめまして。
TBとコメントを頂きありがとうございます。
>ラストの少女の言葉、ソン・ガンホの表情
あの言葉は衝撃でした。
>犯人がつかまっていないのがやるせなく、
 怒りが込み上げますね。
どこかで生活しているんですよね、当たり前のように・・・。

59.146.197.203
sannkenekoさんの感想を読んでいて、
思い出してまた怖くなって来ましたよー!
女学生とインテリ刑事の関係はとっても残酷で
居た堪れませんでしたね・・・(=_=)
ラストシーンは本当にゾッとしました。
私は「復讐者に憐れみを」という映画を見た時、
この映画で受けた衝撃を思い出しました・・・。

220.220.151.182
blue-ryanさん、
>女学生とインテリ刑事の関係はとっても残酷で
 居た堪れませんでしたね・・・(=_=)
この子がこういう風に絡んでくるとは思っていなかったので
正直なところかなりショックでした。
>私は「復讐者に憐れみを」という映画を見た時、
 この映画で受けた衝撃を思い出しました・・・。
ラストシーンでの私の感覚は「カル」でした。
「復讐者に憐れみを」は見たいんですが、
クムジャさんでパク・チャヌク作品を体験して、
私にはちょっと厳しい&難しいかな?とも思っています。
ソン・ガンホ、シン・ハギュン、ペ・ドゥナ・・・。
観たいキャスティングなんですが。

sannkennekoさん、こんにちは〜
こんな凄い作品を今頃観る迂闊者です(笑)
あのラストは衝撃でしたよね。
観る側に問いかけるガンホ氏のアップは後を引きました。
TBさせて頂きました。

fizz♪さん、
>こんな凄い作品を今頃観る迂闊者です(笑)
今見ても古く感じられなかったでしょう?
この重厚な作りはやはり凄いですよね。
呆然とした・・・そして恐怖を浮かべたソン・ガンホの表情。
ラストシーンは圧巻でした。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「殺人の追憶」

あけましておめでとうございます今年も 韓流大好き! よろしくお願い申し上げます殺人の追憶年末に深夜枠で放送されていましたが これを見るのは2回目試写会で以前は見ています未解決の連続殺人事件と追う刑事の話なのですが これがノンフィクションってところがコワイ・・・私は事件が起こったことだけベースにしているのかと思ったら 公式ホームページ(いまだに存在するんですね)を見たらそうでもなく まんまみたいですしかも演劇にまでなってるっていうので びっくりしましたきっともう時効になっているんでしょうけど 犯人はまだ生き

殺人の追憶

なぜか、お正月って映画鑑賞にもってこいの季節。最近、映画ばかり観ている中で、印象に残ったものを。レンタルしよかな〜?って思ってた矢先に、この前、TVで深夜放送。なんてラッキー♪だったのは、昨日、劇場鑑賞した実話に基づく「ロード・オブ・ウォー」に引き....

映画「殺人の追憶」

タイトル: 殺人の追憶 1986年から91年にかけて、ソウルから南に約50km離れた華城(ファソン)という田舎で起きた10件の連続強姦殺人事件をモチーフに作られたフィクション映画。  監督は「ほえる犬は噛まない」(5月2日紹介)のポン・ジュノ

「殺人の追憶」

韓国映画の底力発揮。実際にあった未解決猟奇殺人事件を描いたものだが、ありがちな犯人との知恵比べで、刑事が活躍、という展開ではない。事件を捜査する刑事達の人間性、犯人の人権、科学的捜査なんて無縁の時代背景(地方であることも一因だろうが)を描ききっている。ソン・ガンホ演じる刑事が田舎の刑事らしく素朴で荒っぽくしかし、捜査に熱心でだからこそ自分達の無力さに途方にくれる姿が悲しい。「シュリ」の特務機関員との落差を思うと彼の演技力の確かさが分かる。地味そうに見えながら、犯人探しの緊迫感もあり気がつくと物語りに引き込

『殺人の追憶』  タイトルに込められた意味・・傑作社会派サスペンス

アミューズソフトエンタテインメント 殺人の追憶出演■ソン・ガンホ、キム・サンギュン、パク・ヘイル監督■ポン・ジュノ<ストーリー>1986年ソウル近郊の農村で起こった女性の猟奇的殺人事件。特別捜査本部のトゥマン刑事はソウル市警から来たテユン刑事

≪映画≫『殺人の追憶』

殺人の追憶 / アミューズソフトエンタテインメント1986??1991年の間に韓国ソウル郊外の農村で実際に起きた未解決連続殺人事件を基にしたサスペンス映画。1986年、ソウル郊外の農村で女性の変死体が発見される。その事件を皮切りに同じ手口による殺人事件が相次ぎ、トゥマン刑事(ソン・ガンホ)を中心とする警察は連続殺人事件として捜査を進めて行く。ソウルから派遣されたテユン刑事(キム・サンギョン)も加わるが、田舎流のやり方を貫く頑固なトゥマンと都会派テユンの捜査方針は悉く食い違い、捜査は難航する。怖がりなくせに

殺人の追憶

『殺人の追憶』あらすじ『1986年ソウル近郊の農村で起こった女性の猟奇的殺人事件。特別捜査本部のパク刑事はソウル市警から来たテユン刑事と組んで事件に挑むが、捜査方法の異なるふたりは対立し、何度も失敗をする。しかし、ある出来事がきっかけとなり有力...

殺人の追憶

60.43.63.32003年発韓国映画の驚異を2008年に観た。 この映画は「1986年から1991年の間、軍事政権のもと民主化運動に揺れる韓国において実際に起きた未解決連続殺人事件をもとにしたフィクションです」の白い文字が黒背景に浮き出て始まる。大きく方向転換しよ...

映画「殺人の追憶」

203.80.26.39監督:ポン・ジュノ(彼の画作り、大好きです)出演:ソン・ガンホ(やっぱいい!素晴らしい)キム・サンギョン(こちらも好演)出演:パク・ヘイル キム・レハ ソン・ジェホ ビョン・ヒボン ソウル近郊の小さな村で、女性の変死体が発見される。地元刑事とソウル

殺人の追憶

203.80.25.110この作品は噂には聞いてたけれど、韓流があまり好きではなかったので敬遠してました。でもこの監督の「母なる証明 」がかなりツボだったので観てみることにしました。1986年10月23日、ソウル近郊の小さな農村で手足を縛られた女性の変死体が発見される。地元刑
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア