「純愛中毒」(韓国 2002年)

切なさと哀しみと悲しみと・・・『狂気の愛』と。
純愛中毒 オリジナルサウンドトラック純愛中毒 オリジナルサウンドトラック
チョン・ジェヒョン
3Dシステム 2004-04-28
by G-Tools



今年映画館で観たのは「ブラザーフッド」とコレだけですから。

家具アーティストのホジンは
コンサート・プランナーのウンスと結婚した後、
カーレーサーの弟テジンと一緒に一軒家で暮らしていた。
ある日、弟テジンがレース会場で事故に遭った同時刻、
ホジンも交通事故に巻き込まれ二人とも昏睡状態になる。
1年後、奇跡的に目覚めた弟テジンは
自分はテジンではなくホジンだと言い出し・・・。


ラブストーリーですがだんだん苦しくなってきます。
兄の魂を伝えるため甦った弟テジンと、
幸福から失意と悲しみのどん底へ突き落とされるウンス。
残酷な真実、禁断の愛・・・そして希望・・・。
官能的なラブシーンよりもふたりの心理描写が印象的です。

ところでこの映画については、観てすぐの頃に
makibeさんのところにコメントさせて頂いています。
ここでは今思うことを書きます。

・「帰依」と言い出したのはお医者さま。
・「兄弟が同じ日同じ時間に事故にあう。」と本人の傍らで
 会話する医者2名。
 こんな調子で多分、医者は看護士とも
 また看護士同士も話していたでしょう。
 意識は戻らないけれど、脳波その他は正常のテジンのそばで。
・催眠療法のシーン。
 事故の瞬間を思い出すときのテジンの頭に浮かんだのは
 後ろから見た風景
 当然車内で見た画像にならなければいけないのに。

例のネックレスはテジンが作ったような気がしてきました。
ホジンの死後、兄の仕事を受け継ぎ同じ評価を受けているテジン。
「ウンスのネックレス、チェーンが切れて」なんて
見せそうじゃないですか、あのホジンなら。
ウジンが全く疑う余地もないような、完璧なそしてそっくりなものを・・・。

『狂気の愛』
純愛中毒純愛中毒
パク・ヨンフン イ・ビョンホン イ・ミヨン
エスピーオー 2004-09-03
by G-Tools

コメント

sannkenekoさん、こんばんは。
『狂気の愛』・・・すごくしっくりと来ます。
でもそんな愛し方に、切なくて胸が痛んできます。
この映画のコピーは、
「愛する人を守るために、弟の体に兄の魂が宿る・・・」だったのですが、
やはり私も、違うんでないかい?(←北海道弁口調)
…と言いつつ、ホントに憑依?と思わせるところもあり、
テジンはいつも兄をこうやって見てたのね〜という感じでした。
>「兄弟が同じ日同じ時間に事故にあう。」と本人の傍らで 会話する医者2名。
なるほどーー
ここで読んでから、見直してみました。
テジンが目覚める直前、医者の話と共に事故の映像が…
最初見た時は、ただの回想シーンとも思えるシーンですが、
会話からテジンの想像したものだったのでしょうね。
催眠療法の時に浮かんだイメージと同じでした。

pandaさん、
映画のコピーは信用しない方がいいですって(苦笑)。
コピーやCMに惑わされると時間を無駄にしてしまいます。
(話のタネにはなりますが)。
いつもウンスの姿を追いウンスが愛するホジンと見つめ・・・。
>違うんでないかい?(←北海道弁口調)
・・・でないかい(←アクセントお分かりですよね(^-^) )
一年間眠り続けていテジンがしっかりと立ち上がった姿に
かなりクールに、現実的に見ていました。
テジンが何をどう言おうが嘘だと。
催眠療法のあのイメージが何よりの証拠だと。
ただそこまでしてもウンスの愛が欲しかった、
自分の人生もキャリアも全て投げ打って・・・。
愛と言うには痛々しい・・・。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「純愛中毒」 謎解きそしてやはりイ・ビョンホン

210.160.15.74 イ・ビョンホンを単なる韓国のアイドルととらえている人がいたら、ぜひ撤回して欲し

[映画]純愛中毒 【ネタばれ】

この映画は日本版発売後時間が経っているので、ネタばれ全開でいきますが、これから本編を見る方はネタばれを見ずに映画本編をご覧になることを強くおすすめします ^^純愛中毒出演 イ・ビョンホン、イ・ミヨン、イ・オル、パク・ソニョン監督:パク・ヨンフン (2002年 韓国)---Story---ウンス(イ・ミヨン)とホジン(イ・オル)は結婚3年目の若夫婦。ホジンの弟でカーレーサーのテジン(イ・ビョンホン)と共に、幸せに暮らしていた。しかしある時、ホジンとテジンは同じ日・同じ時間に別々の場所で事故に遭い、2人とも意

純愛中毒 (2002年/韓国)

133.205.94.3正直言って、「純愛」には違和感が。。。でもやっぱり、これも「純愛」なのかな?北海道では、先日の夜中に放送されましたが、この機会に、以前、友人からいただいたDVDをようやく見ました。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア