「それでも、愛してる」

ウォルター・ブラック。
うつ病を患う彼と家族の物語。
それでも、愛してる [DVD]それでも、愛してる [DVD]
ジョディ・フォスター メル・ギブソン
by G-Tools



原題は「The Beaver」。
シアターキノA館にて。

玩具会社・ジェリー社の2代目社長のウォルター・ブラック。
プール付きの郊外住宅に結婚20年の妻でエンジニアのメレディスと
17歳のポーターと7歳のヘンリーと暮らす彼はうつ病になってしまう。
カウンセリングも薬も音楽療法も催眠療法も効果がなく、
ウォルターは自分の殻に閉じこもり今は一日中寝て過ごしている。
そんな父の病状に影響されたのか、ヘンリーは小学校で孤立、
高校生のポーターは父と似ている部分を付箋に書き出して壁に貼り、
距離を置いている。
夫の回復を願ったメレディスももはや打つ手がなくなり、
ウォルーターは一時的に家を出る。
買い込んだ酒瓶を車で運ぼうとウォルターは
トランクのガラクタをゴミ箱に持っていき、
捨てられていたビーバーのぬいぐるみが気になり持ち帰る。
死のうとしたが失敗し気を失ったウォルターは、
翌朝ビーバーに呼び起こされる。


ビーバーってずいぶん渋い声なのねぇ。
まあ、本人が喋っているのだけれど、
それにしても(一番上にあったとはいえ)ゴミ箱から拾ってきて、
汚いったら・・・と思っていたら、
一緒にシャワーを浴びてドライヤーで乾かして(苦笑)。

ウォルターがうつ病を発症したのが2年前。
CEOになったのが2年前ですから、
病気になった大きな原因がこれなのは間違いないでしょうね。
自分より副社長の方が社長に相応しいというようなことや、
社員の自由裁量に任せて・・・はやりたかったけれど、
自信が無かったウォルターの本音。
ビーバーのパペットの姿と言葉を借りることで、
彼は飲み込んでいた思いを伝えていく。
だからといってベッドでもビーバーと川の字で・・・。
メレディスはあずましくないわねぇ(苦笑)。

ところでポーターとノラ。
一高校生の過去がネットで調べられてしまうってちょっと怖い。
ただ、それとは別に卒業スピーチの代筆を頼まれるまで、
ノラと付き合いも無かったポーターが、
彼女の過去に踏み込んでくる無神経さにちょっと苛立ちました。

「ツレがウツになりまして。」でも描かれていましたが、
"躁鬱"とワンセットでいうくらいうつ病という病気は
精神的なアップダウンが激しい。
結婚20周年を祝う高級レストランでのやりとりに、
ポーターとノラのタギング(壁にスプレーで絵や文字などを書く)の一件。
メレディスは息子たちと家を出るしかなく、
残されたウォルターはうつ状態に戻ってしまう。
写真を見せられたウォルターが怯えビーバーが怒るのは、
以前の会話にあった"お祖父さんが悲しくて死んでしまった"から?

ビーバーに出会う前のひとりで悶々としていた、
気持ちが内に内に向いていた時と違い、
ビーバーの・・・もちろんこれはウォルター自身ですが、
言葉はウォルターを追い詰めていく。
どんどん凶悪に見えてくるビーバーの顔は、
死に追い込まれるウォルターの脅迫概念の象徴なのでしょうね。

ビーバーと別れるための手段は荒っぽいものだったけれど、
ウォルターは肩の荷を降ろしたような顔をしている。
ノラが途中から自分の言葉で語り始めたスピーチに、
走り出したポーター。

自分自身も相手のことも、
ありのままを受け入れること、認めることは案外難しい。
そして許し合うことも。

地味な作品ですがウォルター、メレディス、ポーター、ノラと
みんなに感情移入してしまいました。
邦題は平凡ですがでもうつ病もビーバーはあくまでツール。
「それでも、愛してる」というタイトルは
もう一度家族になった一家の希望が感じられるような気がします。

"ビーバーの木工セット"・・・お世辞にも可愛くなかったなぁ。

「問題は"直りたいか"だ。」
「誰もひとりじゃない。」
The Beaver Original Motion Picture Score (Amazon Disc On Demand)The Beaver Original Motion Picture Score (Amazon Disc On Demand)
Marcelo Zarvos
eOne Music
by G-Tools

ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]ツレがうつになりまして。 スタンダード・エディション [DVD]
宮崎あおい 堺雅人
キングレコード
by G-Tools

「ツレがうつになりまして。」レビューです。「ツレがうつになりまして。」

コメント

ビーバーのようなパペットがあったら、私でも、相手に言いにくいことを言えそうな気がしてきました。
(危険かな?)
誰しも、人には言えない思いを胸の底に溜め込んでいるもの。それが膨れ上がってパンクしないうちの対処が大切なのかも知れませんね。
今作中、妻メレディスは結局ウォルターがどうあれ、あまり親身に派なれないように見受けられました。愛していない、というよりは彼女は自分の方が大切なのではないかな?
いえ、そういうのも本当だと思います。
もしかすると、私自身に似てるかな?と思ったりして。
>あずましくないわねぇ
まさしく(^_^;)

たんぽぽさん、
何せタギング騒ぎの時のノラたちへの挨拶がアレですし、
メレディスは子どもを守ることの方にウエイトを置くしかなかったんじゃないでしょうか。
ただレストランでのやり取りや、
ウォルターの電話を無視しなかったことといい、彼女はウォルターが良くなること、
元通りの生活を遅れることを望んでいたんだと思います。
>誰しも、人には言えない思いを胸の底に溜め込んでいるもの。
相手やシチュエーションにも依りますが、
言いたいことが言える状況は案外ないですよね。
・・・まあ、全然気にしない方もいらっしゃるでしょうけれど^^;、
大概の方は言いたくても言えないでしょうから。
・・・ストレス溜まりますねぇ。
>>あずましくないわねぇ
>まさしく(^_^;)
お邪魔虫じゃなくてお邪魔ビーバー。
ホントあずましくない(゚ペ)
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

それでも、愛してる

202.217.72.80ビーバーはウォルターの“枠”を壊す特効薬ではあったけれど・・・                           * * * * * * * * * ジョディ・フォスター監督作品にして、出演作でもあります。玩具会社社長のウォルターは、妻と息...

それでも、愛してる(2009)▲▽▲▽THE BEAVER

202.217.72.80 うつであっても、大丈夫。夫婦と家族、これからも ずっと いっしょに。好き度:=70点何と原題はビーバー(笑)ビーバーが登場するからでしょうね。これは邦題の方がマッチしているかも、、、、。京都シネマにて鑑賞。何年ぶりに見るメル・ギブソンがまったく...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア