「レ・ミゼラブル」

囚人番号24601。
銀の燭台。
女性の忘れ形見。
レ・ミゼラブル~サウンドトラックレ・ミゼラブル~サウンドトラック
サントラ
ユニバーサル インターナショナル
by G-Tools



・・・「レ・ミゼラブル」って「ああ無情」でしょう?
どうしてミュージカルになるの?と前々から不思議だったのですが、
私が知っている「ああ無情」は子ども向けに書かれた本を
「無情」の意味も判らない子ども時分に読んだもの。
おぼろげでささやかな記憶を一度リセットし、
予告編を観た自分の直感を信じることにしました。
ユナイテッド・シネマ札幌6番スクリーンにて。

1812年のフランス。
ジャン・バルジャンはパンを盗んだ罪で投獄され重労働を課せられた。
19年後に仮出所し自由の身になったものの、
身元を証明するものは『仮出獄許可証』しかなく、
仕事もなく飢えは激しくなるばかり。
一夜の食事と宿を世話してくれた教会から、
銀の食器を盗んだバルジャンは憲兵に捕まるが
司教は銀食器は彼にあげたものだと告げて放免させた上に
銀の燭台を2本持たせてくれた。
司教の真心に触れ衝撃を受けたバルジャンは
『仮出獄許可証』を破り捨て人生を生き直すことを決意する。
1823年。
実業家として成功、人望から市長を務めるまでになった彼の前に
牢獄にいた時代からバルジャンを知るジャベール警部が
警察署の署長となって現れる。
バルジャンの経営する工場で働くファンティーヌは、
私生児の娘がいることが他の女工たちにばれ騒ぎになる。
バルジャンに騒ぎを沈めるように命じられた工場長は、
ファンテーヌが自分に靡かなかったこともあり彼女を解雇する。
時が経ち娼婦に堕ちたファンティーヌは、
あるいざこざでジャベールに逮捕されそうになるところを
バルジャンに助けられる。
ところがジャン・バルジャン逮捕の知らせを耳にしたバルジャンは、
ジャン・バルジャンに間違われた囚人を助けるために、
法廷で自分の正体を明かしてしまう。
ファンテーヌの死に際に娘・コゼットを託されたバルジャンだが、
再びジャベール警部に追われることになってしまう・・・。


瀕死の状態で歌なんか歌えるはずがない。
眠っている隣で大声で歌い上げるなんて・・・とツッコミながらも、
アフレコではなく全編俳優たちの生歌、
ピアノも彼らの横で弾いて撮影したというその歌の巧さに驚きました。
まあ、この作品の台詞はほとんど歌詞の状態、
俳優たちは演技しつつ物語を歌声で紡いでいくので、
本人たちが歌えないことには話にならないのだけれど。

「夢やぶれて」ではファンティーヌの絶望と後悔、
それでもコゼットのために・・・という必死さが伝わってくる。
ただ、私はファンティーヌ以上にエポニーヌが可哀相で可哀相で。
あの両親の娘だから意地悪で・・・と思いきや、
マリウスに想いを寄せる彼女はけな気で一生懸命で。
コゼットの家に案内したマリウスが
コゼットと互いの想いを確かめ合う姿を見ながら、
届かぬ想いと切なさを噛みしめるエポニーヌ。
雨に打たれながらの「オン・マイ・オウン」は可哀相で可哀相で。

これはビクトル・ユーゴー原作の映画化ではなく、
ロンドンで初演されたミュージカルの映画化(故に全編英語。)
原作は長編なのだそうで(当然未読^^;)この映画も160分弱、
舞台も一幕と二幕の間に休憩が入るそうで(当然未見^^;)。
舞台の映画も結構な長尺ですが、
それでも原作から割愛され脚色されているのだとは思います。
ただ根底にあるのはキリスト教と、
フランス革命後もまだ続く混乱の中の貧しさ。
たくさんの人々が文字通り食うや食わずの暮らしをしている。
テナルディエ夫婦のエゲツナサはもう呆れるしかなかったんですが、
窃盗団になってから(宿屋時代も似たり寄ったりなれど)は
もう笑うしかない厚かましさ(逞しさ?)。
でもそれも貧しさの裏返しで生きるためなんですよね。

テナルディエ夫人に尻尾を切られた猫ちゃんは可哀相。

愛と献身、無償の愛。
人としての生き様。
人を想い、愛すること。
祈り、そして希望。

司教に助けれれ生まれ変わったとはいえ、
逃亡者であり名前を変えなければならなかったバルジャンが
成功を収めたのは彼の生まれながらの才覚もあったのでしょう。
その意味では一人の男の一代記なのですが、
それ以上にこれはこの時代に生を受けた人々の物語。
再登場したファンティーヌの微笑みに大きく息をついたところで
「民衆の歌(The People's Song)」。
思わず涙ぐんでしまいました。
もう一度観たい&聴きたい・・・もちろんスクリーンで。
レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート- [DVD]レ・ミゼラブル -1995年10周年記念コンサート- [DVD]
ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団
東宝
by G-Tools

Original 1985 London Cast RecordingOriginal 1985 London Cast Recording
Les Miserables
by G-Tools

レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [DVD]レ・ミゼラブル 25周年記念コンサート [DVD]
ジェネオン・ユニバーサル
by G-Tools

ピンポイント座席指定可能 ユナイテッド・シネマ「U-ONLINE」

コメント

今までのミュージカル映画は口パクが多かったのでしょうけど、
今作はまさに生歌で…
台詞までもがミュージカル調でしたが、
それらが功を奏し、観客を魅了する感じの作品でしたね♪
そうそう、テナルディエ夫人に尻尾を切られた猫…
思わず、心の中で痛っ!て叫んでしまいました。

私もすっかり魅了されてしまいました。
エポニーヌ。
>あの両親の娘だから意地悪で・・・と思いきや、マリウスに想いを寄せる彼女はけな気で一生懸命で。
本当にそのとおりでした。私もはじめは人の恋路を邪魔する、嫌な女かと思っていたのですが。あの両親から生まれたとは思えない。掃き溜めにツルでしたね。
当時未婚で子を産む、ということ自体が罪だったのでしょうね。今ではとても考えられませんが。
私はやはり、ファンテーヌの魂の叫びのような歌に涙、また涙でした。

BROOKさん、
猫・・・痛かったでしょうねぇ(=ΦェΦ=)
舞台の映像化とはいえここまでミュージカル色が強いとは思いませんでした。
ただ、それぞれの胸の内が歌声からダイレクトに感じられましたね。

たんぽぽさん、
うろ覚えですけれどフランスってカトリックでしたよね?
カトリックで未婚の母は堕落した女性のように
見られていたのではなかったでしょうか。
彼女が工女たちに責めたてられたのも工場を追われたのも、
それがあったはずです。
ただそれでもファンテーヌには落ち度はなかったわけで。
同性としてはやり切れませんね。
エポニーヌ?・・・どこかで・・・と思ったらあの宿屋の娘。
コゼットとマリウスを見つめるしかない彼女が
痛々しかったです。

突然で申しわけありません。現在2012年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票は1/17(木)締切です。ふるってご参加いただくようよろしくお願いいたします。
なお、twitterも開設しましたので、フォローいただければ最新情報等配信する予定です。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『レ・ミゼラブル(2012)』('12初鑑賞96・劇場)

49.129.4.228☆☆☆☆☆ (10段階評価で 10)12月22日(土) 109シネマズHAT神戸 シアター9にて 14:55の回を鑑賞。

レ・ミゼラブル / Les Misérables

202.217.72.80傑作ミュージカル『レ・ミゼラブル』の映画化。映画化したのは、ミュージカル版レ・ミゼラブルであり、ヴィクトル・ユゴーの小説版レ・ミゼラブルでは無いことに注意。ミュージカル版と小説版では、ストーリーに若干に違いがあるらしいです。“お昼休み”の番組のメインMC...

レ・ミゼラブル(2012)

203.189.110.193レ・ミゼラブル(2012 イギリス)原題   LES MISERABLES監督   トム・フーパー原作   ヴィクトル・ユゴー(小説)      アラン・ブーブリル クロード=ミシェル・シェーンベルク(ミュージカル)脚本   ウィリアム・ニコルソン アラン・ブーブリル       クロード=ミシェル・シェーンベルク ハーバート・クレッツマー撮影   ダニー・コーエン作詞   ハーバート・クレッツマー 作曲   クロード=ミシェル・シェーンベルク 音楽   アラン・ブーブリル 

劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」

208.71.104.74どんな時にも、希望は残る…詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201212210004/レ・ミゼラブル~サウンドトラックサントラ ユニバーサル インターナショナル 2...

劇場鑑賞「レ・ミゼラブル」

172.28.84.2202.72.52.54「レ・ミゼラブル」を鑑賞してきました日本を含む世界中で愛され続ける空前の大ヒット・ミュージカルを、豪華キャストを起用し圧倒的なスケールでスクリーンへと昇華させたミュージ...

レ・ミゼラブル

202.217.72.80【LES MISERABLES】 2012/12/21公開 イギリス 158分監督:トム・フーパー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、エディ・レッドメイン、ヘレナ・ボナム=カーター、サシャ・バロン・コーエン、サマンサ・バークス、...

レ・ミゼラブル

180.235.98.68★ネタバレ注意★ トム・フーパー監督のイギリス映画です。 言わずと知れた超有名ミュージカルの映画化作品。 キャストは、主人公ジャン・バルジャンにヒュー・ジャックマン、執拗にバルジャンにつきまとうジャベール警部にラッセル・クロウ、娼婦に身を落とした悲劇の女工ファンテーヌにアン・ハサウェイ、その娘コゼットにアマンダ・セイフライド、コゼットの運命の相手マリウスにエディ・レッドメイン、コゼットの養親となったテナルディエ夫妻にサシャ・バロン・コーエンとヘレナ・ボナム=カーター、その娘エポニ

映画『レ・ミゼラブル』観てきたよ〜〜(ノω≦。)…ジーン…

208.71.104.71映画観終わって数時間経っているのに、まだ歌声が耳に残っていて、どっぷりと余韻にひたっています。映画館でハンカチを何度も使うくらい、どんだけ泣いてるのとつっこまれてもおかしくないほど涙...

レ・ミゼラブル

202.217.72.80アン・ハサウェイに泣かされて            * * * * * * * * * ビクトル・ユーゴー原作、大ヒットミュージカルの映画化です。ミュージカルでなくても、これまでも何度も映画化されているこの作品。なので、たいていの方はおぼろげな...

レ・ミゼラブル

208.71.104.7019世紀フランス。 パンを盗んだ罪で19年間服役したジャン・バルジャン(ヒュー・ジャックマン)は、仮出獄後に再び盗みを働いてしまうが、罪を見逃してくれた司教に感銘を受けて改心する。 マドレーヌと...

レ・ミゼラブル

202.217.72.80今年の大本命、『レ・ミゼラブルを観てきました。★★★★★★がいくつ有っても足りない。泣き過ぎて方針状態でエンドロールを眺めていました。ミュージカル版の完全映画化と言うことで、キャスティングに全てがかかっていたのですが、これについては予告編を初めて観た時...

レ・ミゼラブル

202.217.72.80愛とは、生きる力。原題 LES MISERABLES製作年度 2012年製作国・地域 イギリス 上映時間 158分原作 ヴィクトル・ユゴー(原作小説)脚本 ウィリアム・ニコルソン/アラン・ブーブリル/クロード=ミシェル・シェーンベルク/ハーバート・クレッツマー監督 トム・...

レ・ミゼラブル

203.189.110.182原題:Les Miserables監督:トム・フーバー出演:ヒュー・ジャックマン、ラッセル・クロウ、アン・ハサウェイ、アマンダ・セイフライド、サマンサ・バークス、ヘレナ・ボナム・カーター・・・

[映画][☆☆☆★★]「レ・ミゼラブル」感想

59.106.108.66  1862年の発表以来、様々な形で映像・舞台化。日本でも「噫無情」(ああむじょう)の名で知られる、ヴィクトル・ユーゴー不朽の名作を、アラン・ブーブリル&クロード・ミシェル・シェーンベルク脚本によるミュージカルを基に、「英国王のスピーチ」のトム・フーパー監

「レ・ミゼラブル(2012)」 与える、与えられる

202.248.175.140昨年末より公開され、映画ブロガーさんの間でも昨年のランキングの中で評価が高かった

映画「レ・ミゼラブル」感想

208.71.104.72福祉は大切だと思った。母子家庭の不幸、小さな子供が虐待される不幸、非衛生的な環境で次々に倒れていく人々。貧富の差の生み出す社会構造、何よりも飢え、仕事もなく、仕事はあっても搾取されるのみ...

レ・ミゼラブル  監督/トム・フーパー

202.217.72.80【出演】 ヒュー・ジャックマン ラッセル・クロウ アン・ハサウェイ【ストーリー】19年の服役後、仮釈放となったジャン・バルジャン。彼は宿を借りた司教の家の銀器を盗むが、司教はバルジャンを許し、バルジャンは実も心も生まれ変わることを決意する。8年後、...

『レ・ミゼラブル』

210.172.144.114 いわずとしれた世界文学の名作の一つで、映画化も今までに何度もされた作品です。  とはいうものの、ついこのあいだ同じ原作の映画を観て感銘を受けたばかりと思い、記録を調べてみたところ、ビレ・アウグスト監督版でしたが、公開されたのはすでに15年も前とのことでした。...

映画:レ・ミゼラブル

49.129.4.225 ミュージカルが好きなので映画版レ・ミゼラブルも絶対観たい。でもこれほど予告でやって、テレビCMやテレビでの特集とかが放送されると、なんかもうおなかいっぱいになっちゃいます。それでも見に行かねば!ということでレ・ミゼラブルの記事です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア