「私」的今年を振り返る2012〜『本』編

2012年『本』カテのまとめです。


2012年のレビューは19本。
毎年のことながら新旧取り混ぜ硬軟入り混じり、
ミステリーにエッセイ、ノンフィクションと相も変わらぬ乱読ぶり。

『震える岩』
『天狗風』
『アイスクリン強し』
『細川ガラシャ夫人』
『北緯43度の雪』
『猫は銀幕にデビューする』
『女の悩みはいつもマトリョーシカ』
『長い長い殺人』
『マークスの山』
『緩やかな反転』
『北海道ルール』
『へんでないかい!?北海道』
『無菌病棟より愛をこめて』
『チヨ子』
『戦争を取材する』
『ばんば憑き』
『きょうも猫日和』
『黄金を抱いて翔べ』
『本所深川ふしぎ草紙』
(・・・リンクしていません)


一貫性がない中で再読も含め宮部みゆきが6点。
さすがに初期の作品は荒い印象ですが基本的に好きな方。
2013年も彼女の作品がメインになると思います。
読みっ放しになっている本もあるし、それ以前に積読が(=_=;。
とにかく当面はゆっくり読書出来るように・・・雪降らないで!!

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア