「私」的今年を振り返る2012〜「映画」編

2012年「映画」カテのまとめです。


2012年は映画・DVDが20本(洋画13本・邦画7本)レビューでした。

何せ異常気象の2012年。
超&メガ&ドカ雪に猛暑&酷暑。
冬は除雪に追われ夏はバテなくり。
とても出かけるところではなくスクリーンが遠い遠い・・・。
DVDを観る気持ちの余裕も読書する気力もなく。

2012年ベストは「サラの鍵」「灼熱の魂」「タイタニック IMAX3D」と
なぜか全部洋画になりました。
午前十時の映画祭で観た「ロミオとジュリエット」も素晴らしかった。
物語を追うだけで精一杯だった「レ・ミゼラブル」も見応え満点。
そして聴き応え満点♪
ただ革命そっちのけでコゼットとの恋に走る勢いだったのに、
彼女が遠くに行くと知るや、じゃあ、革命。
生き残ってコゼットと結婚!はいいけれど、
新生活はお金持ちの実家で・・・。
原作未読、舞台未見なのですが、
マリウスにとっての革命の意味は何だったの?と
引っかかったままなのも確か。
でもやっぱりもう1回観たいなぁ・・・もちろんスクリーンで♪

「オペラ座の怪人」も3D化しないかしら。

コメント

こんばんわー。お久しぶりです〜。
お引越ししたら、こちらにもトラバが飛ばなくなってしまった…と思ったら、今日は飛んだ^^
「サラの鍵」は良かったですよね。
私も、大変感銘受けた映画でした。
その後でDVDで見た「黄色い星の子どもたち」と併せて忘れられない1本になりました。
なかなかコメントまで入れられない無精者ですが、どうぞ来年もよろしくです〜(^^)/

くうさんへ、
トラバありがとうございます(=^・・^=)
>「サラの鍵」は良かったですよね。
色々な意味で凄い話でしたね。
埋もれている近代史というのはまだあるのだと驚きました。
ただ"ヴェルディブ事件"自体があまりに残酷で、
「黄色い星-」に手を伸ばせない部分もあります。
それにしても何故だかseeseaにトラバが反映しなくて(=_=;
2013年一発目で「レ・ミゼ」に飛ばしてみましたが、
・・・年が明けてもダメみたいですねぇ(-_-#)
こちらこそ今年もよろしくお願い致します。
くうさんにとってこの巳年が良い年になりますように(∩_∩)
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

【日本インターネット映画大賞】外国語映画部門・2012年映画ランキング

59.106.28.1332012年の映画総評(外国語映画部門)です。 今年も「日本インターネット映画大賞」さんの投票テンプレを使わせていただいてランキングさせていただきます。ランキングと言っても、映画の出来がうんぬんとかではなく、あくまでも1個人ブログとしての好みのランキングですので…

2012年ベストシネマ15(邦画編)

202.217.72.802012年ベストシネマ15(邦画編)    昨年は年間105本(邦画59本、洋画46本)の映画を劇場で鑑賞しました   ひさしぶりに100本超でした   今年は両親のことで後半戦はバタバタしていたわりには、100本を超え、   なかなか計画的に観る...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア