「裏切りのサーカス」

二重スパイの正体。
プレゼントのライター。
裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]裏切りのサーカス コレクターズ・エディション [DVD]
ゲイリー・オールドマン コリン・ファース
Happinet(SB)(D)
by G-Tools


意味不明な邦題ですが「サーカス」はMI6の通称。
シアターキノでは昨年5月末から上映されていました。
DVDにて。

東西冷戦下。
イギリス諜報機関・MI6(通称サーカス)のリーダーのコントロールは
組織幹部の中にいるソ連の二重スパイ「もぐら」の存在の情報を掴む。
ハンガリーの将軍が「もぐら」の名前と引き換えに亡命を要求、
コントロールは独断で工作員ジム・プリドーをブダペストに送り込むが、
ジムが撃たれて作戦は失敗する。
コントロールと彼の右腕のジョージ・スマイリーは引退を余儀なくされ、
ほどなくコントロールは死去する。
ほぼ同時期に実働部隊であるリッキー・ターの前に
「もぐら」の情報を持つKGBの女イリーナが現れる。
ターはイリーナをイギリスに亡命させるためサーカスに連絡するが、
翌日彼女はKGBに発見され連れ去られてしまう。
「もぐら」の存在を思い知らされたターはイギリスへ戻り、
政府の情報機関監視役であるオリバー・レイコン次官に連絡、
「もぐら」探しを命じられたのはスマイリーだった。
スマイリーはターの上司で左遷されたピーター・ギラム、
警視庁保安部の元警部メンデルとともに調査を始める。


私がDVDで観る映画はロードショーで見損なったものがほとんど、
あー、これはスクリーンで観たかった・・・と言うものもあれば、
これはDVDで正解だったのねぇという作品も。
で、この「裏切りのサーカス」はと言えば後者。
DVDで十分・・・ではなく、DVDじゃないと判らない(=_=;

人間関係とその力関係の複雑さ。
そこにスマイリーの回想シーンが織り込まれてとにかくややこしい。
へぇ・・・諜報機関でもクリスマスパーティーがあるのねぇ、と
変な感心をしていたら・・・ただこれが何度も登場するし。
突然小学校(中学校?)が出てきたと思ったら・・・あれ?
結局公式サイトで復習した上で最初から見直す羽目になりました。
本当にDVDで良かった。

これは「もぐら」探しの物語であり、ジョージ・スマイリーの物語。
結末が判っていても面白い。
カーラは結局姿を見せず仕舞い。
でも・・・だからこそか、結末が判ったからこそ、
張り巡らされた伏線の意味が見えてくる。
全体に抑えた・・・くすんだ色彩の中で繰り広げられる神経戦は
目を凝らしまた集中力がいるけれど見応え十分。
スパイ映画としてもミステリーとしても一級品です。

「誰も信じるな、ジム。特に主流にいる連中は。」
ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ〔新訳版〕 (ハヤカワ文庫NV)
ジョン ル・カレ 村上 博基
早川書房
by G-Tools

コメント

こんばんは〜。
私は今作、ロードショーで寝てしまって、ストーリーも何もわからないのに、結末だけわかってしまった、という大失態を犯しました。それでDVDを見てリベンジ。
でもまだ実のところ、本当にわかったのかどうか、あまり自信がないのです。情けないですが、こういう作品は向かないのだなあ・・・と自覚した次第。

たんぽぽさんへ、
映像も音楽も派手さがない上に伏線だらけ。
気を緩めると?になっていてちょっと戻ったり。
DVDで良かったです(苦笑)。
>でもまだ実のところ、本当にわかったのかどうか、あまり自信がないのです。
・・・私も実は(=_=;
原作を読んでいたならまた理解度が違うのかもしれません。
ただ映像化でこの複雑さ。
原作はどれほど難解なのか・・・。
Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

裏切りのサーカス

202.217.72.80【TINKER TAILOR SOLDIER SPY】 2012/04/21公開 イギリス/フランス/ドイツ R15+ 128分監督:トーマス・アルフレッドソン出演:ゲイリー・オールドマン、コリン・ファース、トム・ハーディ、トビー・ジョーンズ、マーク・ストロング、ジョン・ハート一度目、あなたを...

『裏切りのサーカス』

202.217.72.80東西冷戦下、英国情報局秘密情報部MI6とソ連国家保安委員会KGBは熾烈な情報戦を繰り広げていた。そんな中、英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロール(ジョン・ハート)は、組織幹部の中に長年にわたり潜り込んでいるソ連の二重スパイ<もぐら>の存在の情報を掴む。...

『裏切りのサーカス』

202.217.72.80(英題:Tinker Tailor Soldier Spy)----やっとジョン・ル・カレ『裏切りのサーカス』だ。この映画、よく「一度観ただけじゃ分からない」と言われているようだし、えいもお手上げだったのかと…。「う〜ん。ある意味、そう取られても仕方ないのかな。お話としては...

映画『裏切りのサーカス』を観て

202.217.72.8012-38.裏切りのサーカス■原題:Tinker Tailor Soldier Spy■製作国、年:イギリス・フランス・ドイツ、2011年■上映時間:128分■字幕:松浦美奈■観賞日:5月14日、TOHOシネマズシャンテ□監督:トーマス・アルフレッドソン□原作:ジョン・ル・カレ◆ゲイリー・オ...

12-320「裏切りのサーカス」(イギリス・フランス・ドイツ)

49.129.4.227諜報部の欲しがる最重要機密を与えよう  英国のMI6とソ連のKGBが熾烈な情報戦を繰り広げていた東西冷戦時代。 英国諜報部<サーカス>のリーダー、コントロールは、長年組織に潜んでいるソ連の二重スパイ“もぐら”の情報を掴むも独断で作戦を実行して失敗、責任をとってサーカスを去る。 コントロールの右腕で彼とともに引退した老スパイ、スマイリー。 ある日、英国政府のレイコン次官から“もぐら”を突き止めろという極秘の指令が下る。ターゲットとなるのは、コードネーム“ティンカー”、“テイラ...

裏切りのサーカス    評価★★★

202.217.72.80ジョン・ル・カレの小説『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』を、「ぼくのエリ 200歳の少女」のトーマス・アルフレッドソン監督が映画化。英国諜報組織に潜むソ連の二重スパイを捜し出すために、引退生活から呼び戻されたベテランスパイの姿を描く。出演は「赤...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア