2013-07

2013年7月。



○アレグラがジェネリックになった。
今月からジェネリックが処方されました。
フェキソフェナジン塩酸塩・・・何だか怖そう(苦笑)
ただ服薬の注意点なる項目に眠気、口渇の文字が。
口渇?
・・・今悩んでいるのですよね、唾液が少ない。
食事には問題ないけれど、口の中が乾燥している。
水分を摂ってもその感じは変わらない。
ちょうどと言うか今月はコレステロールの検査月。
糖尿病とシェーグレン症候群なども調べてもらうことに。
・・・来月の検査結果がちょっと恐ろしい。




○あめくなってない。
「めざましテレビ」の前に北海道ローカルで放送中の「早起きTV」。
気の毒なくらいにお金の掛かっていない番組で、
他局に見劣りすることこの上ない番組をポケーと見ていたら、
突然出てきた"あめくなってない"。
・・・私は初耳なのですが、立派な(?)北海道弁だそうで、
"(食べ物が)傷んでいない"という意味らしい。
母曰く"あめる"("め"にアクセントが来る)の"あめ"は飴。
"傷んだ食べ物が水飴のように粘りが出る"ことらしいのだけれど、
私は初耳。
まあ、北海道弁も地域で違うけれど。




○カネボウ化粧品白斑問題。
ご承知のとおりカネボウは花王の子会社。
キュレルは大丈夫・・・と思いつつ、
商品リストを確かめるまで気が気じゃなかったです。
何年名前の茶のしずくの時もですが、
問題が発生してからの対応が遅いですよね。

問題の商品はまだ15000個が消費者の手元にあるらしい。




○フォーンちゃん。
いつもお世話になっているえいさんのラムの大通り
フォーンちゃんが7月18日に永遠の眠りについたそうです。
記事を読んだ私がショックなくらいですからして、
えいさんたちの悲しみはどれほどのものか・・・。

2004年の初登場からしばらく、
フォーンちゃんはえいさんのことを"うちのアニキ"と呼んでいたのね。

ところで2007年に我が家の三毛猫は旅立ったのですが、
四十九日を過ぎたらお別れと母が言う中で、
超内弁慶の人見知りの彼女がそんな場所に行かないといけないの?と
私はブククサと言っていました。
あれから丸六年経過しましたが今も彼女は家にいます。
床に座って新聞を広げているとするりと気配を感じるんです。
黒猫は押入れで熟睡しているので・・・彼女しかいない。
そういうことが度々あります。
母も私も割りと霊感がある方なので。

ちなみに今年の初め・・・かな?
ご近所さんが雪かきしている家の前に
夏に亡くなったシュナイザーが座っているのをお見掛けしました。
飼い主であるご近所さん本人は気付いていないんですけれど。

フォーンちゃんはどうするのかな?
もう痛いことも苦しいこともないのだから、
安心して家にいていいのだけれど。

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア