2013-08

2013年8月。



○コレステロール
・・・高い。
歯槽膿漏の治療をすると低くなると聞いていたので、
今回の検査は実はちょっと楽しみでさえあったのだけれど、
数値に多少の誤差があるにせよ前回より高いってどうよ・・・。
父も診て頂いていた、そして母もお世話になっている先生なので、
我が家の体質的、家系的なものはご存知なのだけれど、
血液検査の結果を見るたびに"高いよなぁ・・・"とおっしゃる。
悪玉が善玉の2倍なら完全にアウトなのだそうだ。




○からあげくん。
お盆の頃の「みのもんたの朝ズバッ!」。
暑いのでコンビニの揚げ物が売れているとかいう話題で
スタジオのコメンテーターがからあげくんを食していました。
お箸で食べている姿もちょっと不思議でしたが、
それより何より皆さん初めて食されたらしく、
おいしいと驚いている姿にこちらが驚いた。




○お盆を過ぎると。
北海道はお盆が過ぎると朝晩涼しくなるのですが、
この何年かは全然そうはならないパターンなのですが、
2013年は違いました。
というか真夏日はお盆と同時に終了。
猛暑で大変な地域が圧倒的に多い中で極端過ぎです。
おかげで(?)夏バテも超あっさり。
パジャマは長袖じゃないと寒いし、
朝夕は羽織るものが欲しい・・・去年何着ていましたっけ?




○帯状疱疹
遅番の水曜日に「あまちゃん」に続けて見た「あさイチ」は
帯状疱疹の特集でした。
リポーターはこの春まで札幌放送局にいた寺門亜衣子アナウンサー。
『NHK札幌放送局アナウンサー・キャスターブログ』寺門亜衣子

8月28日放送の帯状疱疹
30代のある日、耳の後ろ側から首にかけてとにかくかゆい。
とにかく半端でないかゆさでどうしようもなく、
勤め先の近所の皮膚科を訪ねました。
何せ掻きまくっていたもので何で被れたのか原因がわからず、
先生も看護師さんも首を傾げていたのですが、
あーでないこーでないといっているうちに、
そういえば二週間くらい前(もっと?)から
頭痛で薬を飲んでいて・・・で"これ、帯状疱疹だわ"と。
・・・何?それ?だったのですが、
とにかく言われるままに抗生物質を飲んでいました。
それから十○年後、何だか知らないけれどイライラしまくり、
不機嫌そのものの母。
耳の後ろに薬をつけようとしているので何処?見せて?
「・・・これ帯状疱疹。
皮膚科でも外科でもいいから抗生物質出してもらいなさい。」
・・・全く何が役に立つか判らない(=_=;

この番組の何日か前の北海道ローカルでの帯状疱疹の特集では、
まずペインクリニックに行きなさいと言うもの。
札幌市内ならともかく地方にペインクリニックがあるわけないし、
後遺症で神経痛というのは知っていましたがちょっと大袈裟・・・と。
でも耳に出来ると顔面まひになることがある。
目の周りなら視力障害の恐れも。
そして帯状疱疹後神経痛・・・これはペインクリニックじゃないと。
「あさイチ」の特集を見ていて思ったのは、
私も母も本当に軽く済んだのね、
ある意味運が良かったのね・・・ということ。
母娘で左右の違いはありますがほとんど同じ場所に出来たのは
偶然なのか遺伝なのか。

水ぼうそうウイルスが神経節といわれる所に潜伏している以上、
ウィルスへの免疫力が下がるとまた発症・・・というケースも。
帯状疱疹は一生に一度・・・ではないそうで。

3人に1人が発症!帯状疱疹(ほうしん)

帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本―正しい予防と治療帯状疱疹・単純ヘルペスがわかる本―正しい予防と治療
本田まりこ(東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 皮膚科教授)
法研
by G-Tools





○CM。
除雪機、ストーブに続いて冬タイヤのCMが始まった。
季節は変わるのねぇ。否応なく。

コメント

Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア