「超高速!参勤交代」

「5日以内に参勤せよ」
超高速!参勤交代 (らくらく本)超高速!参勤交代 (らくらく本)
土橋 章宏
講談社
by G-Tools


母の入院以降、映画もドラマもシリアス&重たいものは
全部拒絶反応がある状態。
で、TVでの予告の感じでこれをチョイス。
・・・実は〔徳川美術展〕の後(7月末)に観たのですが、
FC2移転後のここのレイアウトったらないなーと呆れ、
それを忘れて〔ねこライオン展〕をアップする自分に呆れ、
そうこうしているうちに札幌での上映終了・・・移転後初のレビューなのに。
ユナイテッドシネマ札幌にて。

徳川吉宗の治世の享保20年(1735年)
磐城国の湯長谷(ゆながや)藩は石高1万5000石。
藩主・内藤政醇(ないとうまさあつ)は一年間の江戸での勤めを終えて帰国した。
ところが間もなく江戸屋敷に居るはずの江戸家老・瀬川が現れる。
老中・松平信祝に再び五日以内に参勤交代をするようにと命じられたという。
湯長谷の金山を手中に入れようとする信祝の策略によるものだった。

湯長谷藩は四年前の飢饉の影響もあって蓄えがなく、
参勤するための費用がない。
また通常八日かかる参勤交代を五日という日程は到底不可能。
家臣たちはあまりの無理難題に憤るが、
政醇は家臣と領民を守るためにあえて理不尽な参勤を受け入れることに決め、
家臣一の智恵者である家老・相馬兼嗣に対策を講じさせる。
相馬は藩の少人数のみで山中を近道して駆け抜けていき、
幕府の役人の監視のある宿場のみ渡り中間を雇い、
大名行列を組むという案を挙げ準備に取り掛かる。
その夜、現れた一匹狼の忍び・雲隠段蔵を案内人にすえ、
政醇以下の湯長谷藩総勢七名は翌朝、段蔵の先導の元で江戸に向けて出発した。
一方、政醇が参勤することを知った信祝は配下の隠密を刺客として差し向けた。


期待通りのエンターテイメント。
何せこの参勤交代では殿様自ら走るのだから(苦笑)。

授業で習った参勤交代。
諸大名は一年おきに江戸と国元を往復することが義務となり、
道中の宿泊費や移動費、国元の居城と江戸藩邸の両方の維持費など、
大きな負担を強いることで諸藩の国力低下に繋がるという制度。
NHKの「歴史秘話ヒストリア」
『参勤交代はつらいよ 加賀百万石 お殿様の遥(はる)かな旅
』に拠ると
日程が一日延びると費用がまた膨れ上がるので、
洪水などに備え川に橋を架けるなど街道整備などもしていたそうで、
各藩ともインフラ整備のお金も莫大なものであったはず。
予算の調達から他大名との間に宿場の重複がないかなど、
準備に半年以上も費やしていたそうです。
それなのに帰国直後の参勤交代・・・無理。

・・・とシチュエーションはシリアスなのですが、
いわゆるスラップコメディーとは違って、
人々の思いや日々の暮らしが描かれていました。
帰国後に道具を天日干しする光景など初めて見ました。
・・・まあ、そうしなければ仕舞えませんが。
大真面目な群像劇で内藤政醇も藩士たちも本当にいい人たち。

何度か登場する同じ台詞。
飢饉で米を分け与えたとか、閉所恐怖症のエピソード。
これがちゃんと生きている。

借金があるお咲を連れ出せるの?とか突っ込みどころは多々あれど、
大江戸捜査網の名台詞「死して屍拾うものなし。」が登場したり、
「相棒」の亀山・米沢の懐かしの顔合わせに、
和田聰宏は「妻は、くの一」のお庭番に続いてまた忍び役。
菊千代の真剣白刃取り・・・お見事。
そして西村雅彦の落ち武者のはまりっぷり(爆笑)。

それにしても超非常時の大変忙しい最中に
飯盛り女によろめいてしまう内藤政醇は実は剣の達人。
吐きそうになっていたお咲にあら、政醇っていつの間にしっかりちゃっかり、
・・・と思ったら単なる籠酔い(苦笑)。
その(どこの馬の骨ともわからない)お咲をあっさり受け入れ、
お国様にして送り出す琴姫の懐の深さ(苦笑)。

ところで歴史に疎い私。
徳川吉宗や松平信祝はともかくとして、
湯長谷藩も内藤政醇も実在したのですね、磐城平藩も内藤政樹も。
そして飢饉も。

寛保元年(1741年)9月、内藤政醇は帰国直後に死去。
享年31。
吉宗が湯長谷藩にこれだけの無茶をやらせた挙句に
帰りも自腹なんて無茶をさせるから(?)。

「政(まつりごと)を疎かにして磐木の土を汚してはならぬ。
この後永久にな。」
参勤交代 (講談社現代新書)参勤交代 (講談社現代新書)
山本 博文
講談社
by G-Tools

江戸の時代 本当にあったウソのような話―知れば知るほど面白い (KAWADE夢文庫)江戸の時代 本当にあったウソのような話―知れば知るほど面白い (KAWADE夢文庫)
歴史の謎を探る会
河出書房新社
by G-Tools

歴史秘話ヒストリア オリジナル・サウンドトラック3歴史秘話ヒストリア オリジナル・サウンドトラック3
TVサントラ Kalafina
SME
by G-Tools

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

tag : 超高速!参勤交代 佐々木蔵之介 深田恭子 伊原剛志 ユナイテッドシネマ札幌

コメント

役者のキャラが~

sannkenkeoさん、こんにちは^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

発想の面白さと、それぞれの役者のキャラが
うまく融合した映画だったと思います。
もちろん、ツッコミどころも満載でしたが、
テンポのある映画なのでスルーして観ていました(笑)

こんにちは。

お久しぶりです。
コメントとTB、ありがとうございました。


“参勤交代”をコミカルなエピソードにし、
終始笑いの絶えない作品に仕上がっていたと思います♪
さらにはアクションシーンもふんだんで、
殺陣は見事でしたよね。


>湯長谷藩も内藤政醇も実在したのですね

私もてっきり架空の藩と人物だと思っていました。
こういった光の当たらないキャラを主人公にしたのも良かったです。

cyazさんへ。

ご無沙汰しております。

原作(というかオリジナルの脚本)の素晴らしさはもちろんですが、
キャスティングが見事に決まったように感じました。
佐々木蔵之介の立ち回りは綺麗でスッキリ!

>もちろん、ツッコミどころも満載でしたが、
>テンポのある映画なのでスルーして観ていました(笑)
テンポがいいって大事ですよね(笑)。
これもポイントが高くなりますね。

BROOKさんへ。

こちらこそお久しぶりです。

「下に~下に」の参勤交代のイメージが少し変わりましたね。
>終始笑いの絶えない作品に仕上がっていたと思います♪
ちょっとほのぼのさせながらも現代に通じる部分もあって、
エンターテイメント時代劇になっていました。

>>湯長谷藩も内藤政醇も実在したのですね
>私もてっきり架空の藩と人物だと思っていました。
史実に拠ると内藤政醇の逝去後、磐城平藩も大変なことになったようですが、
それはそれ。
こういう形の福島へのエールもアリですね。

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

超高速!参勤交代

このミッション、 インポッシブル(不可能)です! 製作年度 2014年 上映時間 119分 原作:脚本 土橋章宏 監督 本木克英 音楽 周防義和 主題歌 塩ノ谷早耶香『Like a flower』 出演 佐々木蔵之介/深田恭子/伊原剛志/寺脇康文/上地雄輔/知念侑李/柄本時生/六角精児/市川猿...

『超高速!参勤交代』

□作品オフィシャルサイト 「超高速!参勤交代」 □監督 本木克英□脚本 土橋章宏□キャスト 佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、寺脇康文、上地雄輔■鑑賞日 6月22日(日)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想>  一...

劇場鑑賞「超高速!参勤交代」

貧乏でも、幸せな藩… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201406220000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】「超高速!参勤交代」オリジナルサウンドトラック [ 周防...価格:2,500円(税込、送料込) 【楽天ブックスならいつでも送料無料】超高速!参勤交代 [ 土橋...

超高速!参勤交代 ★★★★

通常でも8日かかる参勤交代を5日で行うよう幕府から無理難題を押し付けられた小藩が、奇想天外な作戦の数々でピンチを切り抜けようとする時代劇。第37回城戸賞の入選作を、『鴨川ホルモー』などの本木克英監督が映画化した。資金も人数もない中、藩と領民を守るため奮闘す...

超高速!参勤交代

田舎侍の意地と根性を見よ!! * * * * * * * * * * 江戸幕府から無理難題をつきつけられた弱小藩のストーリーです。 第8代将軍吉宗の時代。 福島県磐城、1万5000石の小藩である湯長谷藩。 藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)が ようやく長い江戸詰め...

『超高速!参勤交代』('14初鑑賞48・劇場)

☆☆☆★- (10段階評価で 7) 6月21日(土) OSシネマズ神戸ハーバーランド スクリーン7にて 12:40の回を鑑賞。

超高速!参勤交代

監督は本木克英。 出演は佐々木蔵之介、深田恭子、伊原剛志、 西村雅彦、寺脇康文、柄本時生、 六角精児、陣内孝則、市川猿之助等。 東北の小藩・湯長谷の藩主、 内藤政醇(佐々木蔵之介)は、 江戸幕府から、突然、 通常では、8日間かかる参勤交代を 5日間で成し遂...

超高速!参勤交代

リフレさんの試写会で観せていただきました。会場は超!満員wwいつも素敵な商品が当たる抽選会があるんだけど、毎度のごとくな〜んも当たりません。お友達同士で当たってらっしゃる方もいるのにね〜。最強の2人やね。羨ましい〜。参勤交代を終え、磐城国に戻った湯長谷藩...

『超高速!参勤交代』

元文元年春、磐城国の湯長谷藩は徳川八代将軍吉宗の治める江戸幕府から、通常8日かかる道のりにも関わらず突然5日以内に参勤交代をするよう命じられる。湯長谷の金山を手中に入れようとする老中・松平信祝(陣内孝則)の策略によるものだった。わずか1万5千石の小藩にとっ...

「超高速!参勤交代」藩の存続を掛けて参勤した先にみたこれまでの支援が自分の身を助けた決死の参勤交代

「超高速!参勤交代」は江戸時代徳川吉宗の時代に参勤交代を終えた大名が突然金山の不正を疑われ、5日で参勤交代しなければならなくなり金のない中江戸を目指すストーリーである ...

映画・超高速!参勤交代

2014年 日本 享保20年、磐城国の小藩・湯長谷藩の藩士たちは1年にわたる江戸への参勤から故郷へ戻ったばかり お人好しだが民からも藩士からも慕われている藩主・内藤政醇(佐々木蔵之介)は久々の故郷でゆっくり出来ると思っていたところ江戸屋敷から、家老・瀬...

『超高速!参勤交代』(2014)

八代将軍・徳川吉宗の治世。磐城国の小藩・湯長谷の藩主である内藤政醇はようやく江戸勤めを終えて国元へと戻ってきた。そこへ江戸より「五日以内に参勤せよ」との寝耳に水の報せがもたらされる。全ては老中・松平信祝の陰謀だったが、この命に背けば藩のお取り潰しは必定。通常でも八日はかかる道程だが、準備をする時間も、そして藩の蓄えもない。だが小藩の意地を賭け、奇策を用いて一行は江戸を目指して出立する。しかし...

『超高速!参勤交代』 ナイスタイトル

超高速!これだけでそそるじゃないですか~o(≧∇≦)o超あっと言う間の2時間でした♪『青天の霹靂』リベンジ。今度こそ、大笑いしたくて観に行ったんですが… 後ろのカップルが大ウケのバカ笑いでした。シ~ンとしてるよりいいか(笑)あんなに大きな笑い声で「最高~!」って叫ぶ

超高速!参勤交代

発想が斬新な楽しい、時代劇コメディでした原作は、「のぼうの城」等、秀逸なオリジナル脚本を輩出する城戸賞を2011年受賞作品、なのだそうお人よしだが民に愛されるトラウマ持ちの殿を佐々木蔵之介ってところからして、画期的、ですよね。宿場町で出会う宿屋の女に深田恭子他、なかなか、キャスティング的にも好みで、楽しく見ることができました。予想外のスマッシュヒットとなり、ブルーリボン作品賞を筆頭に、日本ア...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア