「ムーラン・ルージュ」(アメリカ 2001年)

1899年、ボヘミアン・ムーブメントが吹き荒れるパリ。
『輝くダイヤモンド』と謳われるパリで最も有名な高級娼婦と
貧乏な青年詩人の悲恋。
映画レビューはネタバレしません。
B000A0K58Mムーラン・ルージュ
ニコール・キッドマン バズ・ラーマン ユアン・マクレガー
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2005-07-07

by G-Tools


1899年、パリ。
ナイトクラブ『ムーラン・ルージュ』のショーは人々を魅了したが、
セットに金をかけすぎて火の車の経営状態。
オーナーのジドラーは新しいショーの主役サティーンを
資産家の公爵にあてがい投資を引き出そうと考えていた。
本格的な女優を目指していたサティーンもパトロンを必要としており
ジドラーの申し出に不満はない。
しかしサティーンは青年舞台作家クリスチャンを公爵と勘違いしてしまい、
それがきっかけで二人は愛し合うようになってしまう・・・。


オペラ「椿姫」を土台にしているそうで(?)
かなりクラシックなラブストーリー。
出だしからサティーンの死がクリスチャン自身から語られる。
つまりふたりの叶わぬ愛の結末よりも強引&ド派手なプレゼンなど(笑)
過程が映画の柱。
ムーラン・ルージュのスターであってもサティーンは娼婦、
オーナーのジドラーの手の中。
だから彼女は夢見る・・・女優になる、ここを出て明るい世界へ。
そこに芽生えたクリスチャンとの愛は決して許されないもの。
華やかなムーラン・ルージュのショーと背中合わせの影。
煌びやかなスターの地位と綱渡りの隠しきれない愛。

そしてこの映画のもう一方の柱が音楽。
次から次へと聞き覚えのある曲が♪
かなりアレンジしてあるしワンフレーズで繋いだメドレーもあるので
この曲ナンだっけ?・・・と考えているヒマがない。
タンゴにアレンジされた「ロクサーヌ」。
退廃的で妖艶な・・・このシーンが実は一番印象に残っています、
ニコール・キッドマンの美しさよりも。
もう一曲男だけのフレンチカンカンは一見の価値アリ!の
「ライク・ア・ヴァージン」。
マドンナのMVを知っているとより楽しめます。
ニコール・キッドマンもユアン・マクレガーも歌、上手いですよ!
(フィギュアスケート中野友加里選手のショートプログラムで
使われたのは『クロージング・クレジッツ“ボレロ”』。
パート2に入っています。)
ムーラン・ルージュムーラン・ルージュ
サントラ デヴィッド・ボウイ クリスティーナ・アギレラ
ユニバーサルインターナショナル 2005-10-05

by G-Tools

B000060N95ミュージック・フロム・ムーラン・ルージュ2
サントラ ニコール・キッドマン ジム・ブロードベント
ユニバーサルインターナショナル 2002-03-21

by G-Tools



*このような事情で
トラックバックやコメントが
受け付けられない設定になっていました。
ご不快な思いをさせてしまい大変失礼致しました。

コメント

219.38.240.42
こんばんわ。
『ムーラン・ルージュ』はとても大好きな映画で、サントラもDVDも持っています。
曲名は忘れたけれど「come what may〜」の歌が好きです。
画面がうるさいと言われて見ればそんな気もするけれど、
なんせ「ムーラン・ルージュ」ですからね(笑)
ストーリー云々というよりも、
主役の二人、音楽、ミュージカルのノリが好きなのかも。

60.36.235.208
sannkenekoさん、私この映画好きなんです!
実は我が家にDVDあり…
コーラさんが書いてらっしゃるように、あのノリや、
色々な曲のアレンジが、楽しかったです。
悲恋の話なんですが。。。
ユアン・マクレガー&ニコール・キッドマンは、
本当に歌が上手で感心!
「ライク・ア・ヴァージン」は、可笑しいですよね〜〜〜
マドンナのMVは、チラチラとしか知らないけど、
マドンナのを見てみたくなりました。

218.47.222.140
コーラさん、
お忙しいのにありがとうございます。
多分好み・・・だとは思っていましたが大当たり!(笑)
>画面がうるさいと言われて見ればそんな気もするけれど、
 なんせ「ムーラン・ルージュ」ですからね(笑)
確かに賑やかですけど、「オペラ座の怪人」とは違いますし。
このテンポの良さは大好きです!

218.47.222.140
pandaさん、
pandaさんもお好きでしたか!
>ユアン・マクレガー&ニコール・キッドマンは、
 本当に歌が上手で感心!
ふたりの歌声だけでも聴き応えがありますね。
>「ライク・ア・ヴァージン」は、可笑しいですよね〜〜〜
大事な場面なんですけど笑ってしまって(笑)。
ジドラーも歌って踊れるオーナーだったし(笑)。

sannkenekoさん、こんにちは♪
お好きでしたか♪
私にとっては苦手ミュージカルを克服させてくれた映画でした。
ドラマチックで映像も音楽も素晴らしかったですよね。
ユアンの歌はこれまで聴ける映画も少しありましたが、二オールの上手さには本当に感心しました♪

fizz♪さん、
聞き覚えのある音楽ばかりで楽しい映画でした。
>ユアンの歌はこれまで聴ける映画も少しありましたが、二オールの上手さには本当に感心しました♪
私は主役ふたりの歌は初めて聞きました。
(その以前にユアン・マクレガーは初見です。)
ふたりの歌の上手さはもちろんですが、アレンジと映像の勝利ですね。
Secret

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア