「ST赤と白の捜査ファイル」

護送車の事故。
焼死したハッカー。
許しがたいこと。
ST赤と白の捜査ファイル DVD-BOXST赤と白の捜査ファイル DVD-BOX
藤原竜也 岡田将生
バップ
by G-Tools

北大病院の帰り、久しぶりの札幌なのでどうしても大きなスクリーンで何か見たくて。
原作未読。
テレビのレギュラーシリーズは見ていました。
ユナイテッドシネマ札幌にて。

江南区の交差点で囚人の護送車が追突事故に遭い、
3人の囚人たちは近くにコンビニに立てこもるが、
まもなく警察により身柄は確保される。
しかし、何者かにより事故の映像、コンビニ内の画像がインターネットに流れ、
警察は批判を浴びる。
科捜研から集められた優秀な研究員を要するSTにより、
囚人の脱獄を仕組んだのは天才ハッカー・鏑木徹と判明。
しかしSTのリーダー・赤城左門は警察に別の住所を指示、
身柄確保に向かった筒井たちは空振りに終わる。
一方、ひとり鏑木の部屋に向かった赤城は
燃え盛る室内で鏑木の焼死体を前にしながら、
移動を二日後に控えたキャップ・百合根友久の電話を受けていた。


ドラマの最終回に引き続いての話なので
池田管理官が三角巾で左手を吊った姿だったり、
マスター・三枝は参事官として登場。

法医学のスペシャリストで科学捜査のすべてに精通する赤城左門。
プロファイリングのエキスパート・青山翔。
絶対音感と超人的な聴覚を持つ結城翠。
科学の専門家で武道・武術の達人・黒崎勇治。
薬物や毒物の知識に長けた科学者であり僧侶でもある山吹才蔵。
そしてSTキャップで良い意味で常識人、(良い意味で)凡人の百合根友久。
ドラマを見ていないとこういう設定が判らないのは当然ですが、
松戸理事官、池田管理官、三枝参事官とそれぞれ見せ場があって、
こういう面は「相棒」に見習って欲しいなぁと妙なことを考えたり。

菊川の出番がこういう形とは思いませんでしたが、
警視庁人事課・・・"暇か?"(苦笑)

追われているのにサングラスも帽子もなしで素顔を曝していたり、
全員がピストルを扱えたるエキストラさんたち(苦笑)。

赤城の単独行動はいつもの事ながら、
百合根も赤城ウィルスに感染しまったようで・・・池田も大変(汗)。
赤城と百合根の台詞の応酬はドラマそのまま。
演出のテンポの良さもドラマそのまま。
そしてふたりとSTメンバーの関係も。
原作シリーズはどのようになっているのは存じませんが、
藤原竜也・岡田将生コンビはこれで完結(の方がgood)。
実は私、おふたりとも苦手なんですが、楽しませて頂きました。

やっぱり大きなスクリーンで見る映画は良いわぁ。

「無傷でキャップを送り出す。
それが俺たちの恩返しだ。
キャップの人生を誰にも邪魔させるな。」
日本テレビ系 水曜ドラマ ST 赤と白の捜査ファイル オリジナル・サウンドトラック日本テレビ系 水曜ドラマ ST 赤と白の捜査ファイル オリジナル・サウンドトラック
木村秀彬
バップ
by G-Tools

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : ST赤と白の捜査ファイル 藤原竜也 岡田将生 ユナイテッドシネマ札幌

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

映画 ST 赤と白の捜査ファイル

映画 ST 赤と白の捜査ファイル@日テレホール

『ST赤と白の捜査ファイル』

□作品オフィシャルサイト 「ST赤と白の捜査ファイル」□監督 佐藤東弥□脚本 渡辺雄介□原作 今野 敏□キャスト 藤原竜也、岡田将生、志田未来、芦名 星、窪田正孝       ユースケ・サンタマリア、安達祐実■鑑賞日 1月11日(日)■劇場 TOHOシネマ...

ST赤と白の捜査ファイル ★★★★

今野敏の小説「ST 警視庁科学特捜班」シリーズを基にしたテレビドラマの劇場版。個性あふれるメンバーが集う警視庁科学特捜班が、殺人容疑者となって逃亡するリーダーを追跡しつつ、事件の思わぬ真実を暴き出す。監督は、テレビ版も手掛けた『ガッチャマン』などの佐藤東...

ST 赤と白の捜査ファイル

一番の出世頭は・・・・・・

映画 ST赤と白の捜査ファイル (2015)

藤原竜也と岡田将生の共演に加え(なんて華がある!)、今や主役級の志田未来に窪田正孝ですから、なにげに豪華~~っ実に個性的な特殊能力者の活躍もまた見もので、事件もきわめて現代的。目の保養しながら、ユーモラス、かつスリリングに、人気者達を楽しめるエンタメとして、予想以上にヨカッタです。それにしても、ユースケ・サンタマリア、すっかり曲者もお手の物ですね。ちょっとした、お得感な作品でした。    (...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア