「アンフェア the end」

正義と復讐と信じることと。
アンフェア DVD-BOXアンフェア DVD-BOX
篠原涼子 瑛太 香川照之
ポニーキャニオン
by G-Tools

ドラマを夢中になって観てきたものとして完結編は見届けなくては!
ユナイテッドシネマ札幌にて。

ネイルガン連続殺人事件から4年。
有能な刑事だった父親の死の真相を突き止めるため、
警視庁捜査一課の刑事になった雪平夏見は、
国家を裏で操る権力組織から機密データを手に入れ、
組織と闘う術を模索していた。
男性が背後から首を絞められて転落死するという事件現場に、
彼女は「アンフェアなのは誰か?」という一枚の栞を見つける。
やがて亡くなったのがネイルガン連続殺人事件の首謀者・村上克明検事と判明、
しかもその父で元検事総長の村上成明も自宅マンションで殺されており、
そこでも栞が見つかっていた。
10年前の「推理小説事件」から始まる一連の事件で使用されていた文言の栞。
しかも犯人たちを結びつけていた「バツサイト」も復活していた。

雪平は最高検察庁監察指導部検察官の建部将臣に呼び出され、
村上父子が不正な組織に属していた疑いがあると情報提供を求められる。
死んだはずの元恋人・一条道孝が現れると村上父子の犯人が判ったら教えて欲しい、
見返りは雪平を守ることと一条は言うが彼女は拒絶する。

村上のマンションの防犯カメラから男が警視庁に拘束されるが、
容疑をかけられた津島直紀は雪平を取調官に指名する。
システムエンジニアの仕事先で偶然「闇の組織」の不正のデータを発見した事で
村上検事らの殺害事件の容疑者にでっち上げられたのだと主張する津島は、
警察で唯一信用出来る人間として雪平を呼び出したと言い、
またネイルガン事件以降、雪平は監視されていると告げる。

三上に防犯カメラの映像の解析を、
山路に津島の病歴の照会を頼んだ雪平は
防犯カメラの映像は捏造だと言う対馬の言葉を確かめようとするが、
数時間前に引き払われた後だった。


OPのピアノのメロディーであっさり「アンフェア」の世界に。
ドラマを夢中になって観た者としては
どうしても気になるのは永山絢斗(苦笑)。
"警察の闇を告発しようとして無実の罪に嵌められた云々"が
何だか胡散臭いというか・・・。

それにしてもあの美央ちゃんがこんなに大きくなったのねぇと
すっかり親戚モード。
そりゃあ、10年だものねぇ。

「雪平さんって無駄に美人ですね。」
「馬鹿か、お前は。」
・・・なんて懐かしい!!

警察病院から連れ出した津島がサングラスもせずにうろうろしているし、
雪平の車で移動しているのにNシステムも使わない警視庁。
あれだけ派手に撃ち合っているのに警備員がいない大使館etc.。
ツッコミどころはもうご愛嬌。

山路さん!と飛び込んできた小久保の笑顔の可愛かったこと♪

それにつけても惜しむらくはキャスティングミス。
主要キャストに名を連ねるのなら棒読みは止めて欲しい。

雪平の父を手にかけたのは彼だった。
言葉をぶつけながら、泣きながらでも引き金は引けない。
裏切られても裏切られても信じることを止めない雪平。
そんな彼女を愛していたんでしょうね、
佐藤も安藤も安本も三上も一条も・・・彼らなりの愛し方で。
エンディングでの懐かしい映像も合わせて、
ドラマからのファンとしては納得できる決着でした。

「何度人に裏切られてもお前は人を信じた。」
「信じてる。最後まで信じてる。」
アンフェア the answer DVDスタンダード・エディションアンフェア the answer DVDスタンダード・エディション
篠原涼子 佐藤浩市 山田孝之
ポニーキャニオン
by G-Tools

アンフェア the movie [DVD]アンフェア the movie [DVD]
篠原涼子 江口洋介 阿部サダヲ
ポニーキャニオン
by G-Tools

アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]アンフェア the special 「コード・ブレーキング ~暗号解読」 [DVD]
篠原涼子 瑛太 江口洋介
ポニーキャニオン
by G-Tools

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : アンフェア 篠原涼子 阿部サダヲ 加藤雅也 寺島進 香川照之 ユナイテッドシネマ札幌

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

アンフェア the end/篠原涼子

TVドラマから劇場版へと引き継がれついに完結編となった劇場版第3作。さすがに前作とも間が空き過ぎて結局何が謎のままなのか内容忘れかけてますけど、それは制作サイドもふまえて ...

「アンフェア the end」雪平の信念と正義を貫いた先にみた犯人の正体を知った先の事件の真実と全ての悪事を暴くために選んだ2度と戻る事ができない究極の結論

「アンフェア the end」は2006年1月期に連続ドラマで放送されたアンフェアの劇場版で今回は最終章となる。警察の悪事に関わる極秘情報を手に入れた雪平がある事件でその決定的 ...

『アンフェア the end』

□作品オフィシャルサイト 「アンフェア the end」□監督・脚本 佐藤嗣麻子□原作 秦 建日子□キャスト 篠原涼子、永山絢斗、阿部サダヲ、加藤雅也、佐藤浩市、       AKIRA、阿部サダヲ、寺島 進、吉田鋼太郎■鑑賞日 9月6日(日)■劇場  TOHOシネマ...

アンフェア the end ★★★

秦建日子のベストセラー小説を基にした、人気テレビドラマの劇場版第3弾にしてシリーズ完結編。国家の陰で暗躍する一団に関する機密を手にした警視庁捜査一課の女性刑事・雪平が、壮絶な戦いに身を投じていく。前作『アンフェア the answer』に引き続き、佐藤嗣麻子が監督...

「アンフェア the end」 裏切られても・・・

前作の「the answer」から本作までずいぶん間が空いていたため、いろんなこ

アンフェア the end

さすが人気シリーズ作品。初心に帰り、おさらい、みたいな部分もあり、個人的には「やっと終わらせてもらい、ヨカッタね」と感じてしまったのでした。 出演者達は、アンフェア・ファン感謝デーの感。 でも、今回パートナーを組んだり、宿敵の黒幕だったりする永山絢斗とEXILEのAKIRA、なかなか奮闘してはいましたし、新鮮でしたが、やや存在感が弱かったかなぁ、との念も、少々 だけど、最後...
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア