2016-05

2016年5月。
○七飯の七歳男児置き去り
31日、13時現在行方不明。
"家族で山菜採りをしていてはぐれた"という時は
北海道のローカルニュースでしたが実は・・・。

5分後に引き返して・・・という言葉どおりだとしても
しつけとしては度が過ぎているとは思います。
まだ、寒いですよ、北海道。
朝晩は特に。

ただ親が叱った原因が人や車に小石をぶつけたので云々。
・・・小石?

とにかく無事を祈りたい。
親元に帰すのが良いかどうかは別として。




○「切り絵作家 アグネータ・フロックの世界展」
平成28年4月29日(金・祝)~5月22日(日)まで開催された
○「切り絵作家 アグネータ・フロックの世界展」。
新聞広告を見て気になっていたのですが、
すっかり出不精になり遠くなってしまった(苦笑)札幌。
北大の経過観察の後に観てこようと思っていました。
要精密検査などとなるとそんなことは言ってはいられませんが、
幸い現状維持。

プラニスホールに行ったのは初めてです。
エスタの上の方という認識しかなかったもので、
エレベーターの扉が開くと途中の賑やかさは嘘のような別世界。

新聞広告がモノクロだったので実物の色の豊富さが驚きでした。
ビビットではなくちょっと彩度を抑えた色使い。
テーブルをはさんで食事するモチーフはキツネとネコの2パターン。
・・・ある意味無限大。

なんとなく左右対称をイメージしていたのは
日本の紙切りが頭にあったからかもしれません。
そのせいか途中からはリトグラフを鑑賞している感覚に。
テキスタイルを学ばれていた方らしく、
このまま生地にできる・・・という作品もありました。

作品とは別にケースに入っていた手製の紙の着せ替え人形は
女の子は懐かしく感じる方も多かったと思います。
良く取ってあったものです(苦笑)。

ただ一番驚いたのはDVDで流れていた作者の作品の作成過程。
白い紙をフリーハンドではさみで切る。
細かいところもカッターではなくはさみ一本。
そしてそれから彩色・・・道理で色合いが豊かなはず。

気分転換をさせていただきました。
光のアトリエ 北欧切り絵―アグネータ・フロックの世界光のアトリエ 北欧切り絵―アグネータ・フロックの世界
アグネータ フロック Agneta Flock
日本放送出版協会
by G-Tools





○みちのく未来基金とふなっしー。
東日本大震災で親を失くした子どもたちが高校卒業後に、
大学・短大・専門学校へ進学するとき、
学費の全額(年間上限300万円)を返済不要で支援している基金。
雇用情勢が変わる中で奨学金の返済に苦しめられるという
本末転倒な事態になっている中、
家族を失った子どもたちの進学の希望を支える基金。

参加する企業の覚悟を感じます。
そしてここにあのふなっしーが寄付を続けているのだそうです。

以前「SWITCHインタビュー 達人達」(NHK・Eテレ)での
阿川佐和子とのやり取りでも感じたことですがふなっしー(の中の人)。
只者ではない。

みちのく未来基金




○『ねこの兵士がゆく』
NHK「みんなのうた」の4月・5月の歌。
右手を濡らしてコップの水を飲む子なのですが、
ご主人の留守中はというと、

♪ねこの兵士がゆく
さあ進めよ進め
ベランダ キッチン 寝室 トイレ 向かうところ敵なし♪

観葉植物で爪をとぐイタズラぶり。
ねこの兵士がゆく2
"あなた(飼い主の女性)は帰ってきて驚いた顔よ
楽しみ"と言いながら

"あなたに構って欲しいのよ。
このままじゃずっと悪い子みたいじゃない”

傍若無猫で何を言う(苦笑)。

"本当は良い子にできるのよ。
だからぎゅっと抱き上げてみて。
ほら良い子になったでしょう”

良い子はほんの一時。

"ねこの兵士は行く
さあ壊せよ、壊せ
本棚 下駄箱 冷蔵庫 洗濯機!
向かうところ敵なし♪
ねこの兵士がゆくR
猫好きにはタマリマセンワ。
これぞツンデレ。
NHK みんなのうた 2016年 4月・5月 [雑誌] (NHKテキスト)NHK みんなのうた 2016年 4月・5月 [雑誌] (NHKテキスト)
NHK出版 日本放送協会
NHK出版
by G-Tools
ねこの兵士がゆくねこの兵士がゆく
森 楓
BLOSSOM
by G-Tools

テーマ : 徒然なるままに…
ジャンル : ブログ

tag : アグネータ・フロック みちのく未来基金 ふなっしー みんなのうた ねこの兵士がゆく

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア