「この世界の片隅に」

18才のすずは呉にお嫁に行った。
「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック「この世界の片隅に」オリジナルサウンドトラック
コトリンゴ
フライングドッグ
by G-Tools

何故だが気になっていた一作。
ここで観ないと後悔する気がして出かけてきました。
ユナイテッドシネマ札幌にて。

広島市江波の海苔梳きの家に育った浦野すずに突然縁談がもちあがる。
良いも悪いも決められないまま話は進み、
1944(昭和19)年2月、すずは呉の北條家に嫁ぐ。
海軍勤務の文官・北條周作の妻となり一家の主婦となったすず。
のんびりおっとりした性格で絵を描くことが好きなすずは
次第に物資が乏しくなる生活に先行きの不安を感じつつも、
日々の食卓を作り出すために工夫を凝らす。
1945(昭和20)年3月。
呉は空を埋め尽くすほどの数の艦載機による空襲にさらされる。


「夕凪の街 桜の国」のこうの史代原作作品なので
"戦争と広島"がテーマだと勝手に思い込んで観たのですが、
最初は面食らいました。
何せばけもん登場で??

恥ずかしながら呉の空襲については全く知りませんでした。
軍港として栄えた呉(だからこそ標的になったのですが)。
日本海軍の根拠地の呉で男たちは海軍関連の仕事に就き、
遊郭も栄えていく。
しかしだんだんと色々なものが配給になりその量も減っていく。
あらゆるものが欠乏していく。

義両親の優しさやご近所付き合い。
夫の死後、嫁ぎ先と折り合いが悪くなり、
娘の晴美を連れて出戻りすずに厳しく当たる義姉の徑子。
知らない土地に嫁いだすずが少しずつ町に溶け込んでいく。
黒村家の家族になっていく。
これは"戦争の時代"に生きた市井の女性の物語。

妹のすみからお祭りの日に帰ってくるよう誘われたすず。
8月6日は絶対に駄目でしょう!
出かける支度を済ませながらも自宅にいたすずに
心底ほっとした私がいました。
20キロ離れた呉で感じた閃光と轟音。
広島方面からあがる巨大な雲。

・・・良かった?
何が良かった?

・・・何も良くなかった。
すずの知っている広島の街はない。
すずの母は広島市内にいて亡くなった(らしい)。
母を捜しにすみと一緒に広島に出かけた父は三ヵ月後に亡くなった。
そのすみはめまいで寝込んでいる。
これが何を意味するのか後世の私たちは知っている。

我が家にもたれかかって死んでいた青年。
それが我が子と判らなかったと話す母。
悲しみ・・・怒り・・・申し訳なさ・・・やりきれなさ・・・。

戦争は終わった。
でも戦争に奪われたものは戻ってこない。
戦争がどれだけ残酷で無慈悲で悲劇的なものであるかを
静かに雄弁に語る物語。
それでも日々の営みを続けていく人の強さ・・・しなやかさと。

「すぐ目の前にやってくるか思っていた戦争じゃけど、
今はどこでどうしとるんじゃろう」
「ありがとう。
この世界の片隅でうちを見つけてくれて。」
「この世界の片隅に」公式アートブック「この世界の片隅に」公式アートブック
『このマンガがすごい!』編集部
宝島社
by G-Tools

夕凪の街 桜の国 [DVD]夕凪の街 桜の国 [DVD]
田中麗奈 麻生久美子
東北新社
by G-Tools

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

tag : この世界の片隅に こうの史代 広島 コトリンゴ 夕凪の街桜の国

コメント

Secret

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「この世界の片隅に」普通の視点から見た先に知る戦争の中での普通は生き抜く事であり残された者たちは普通への一歩を歩んでいく

「この世界の片隅に」はこうの史代原作の漫画をアニメ映画化した作品で第2次世界大戦時に少女が軍港の呉に嫁ぐ事になりそこで一般人として普通の生活を送るも戦争の影が次第に呉 ...

この世界の片隅に

日常と隣り合わせの戦争 * * * * * * * * * * 冒頭の方で、私のような世代には懐かしい「悲しくてやりきれない」の曲が、 柔らかなコトリンゴさんの歌声で流れます。 淡い色使いのアニメで表された昭和、 それも戦前の時代へ、私はスーッと引きこ...

この世界の片隅に  監督/片渕 須直

【声の出演】  のん   (北條/浦野すず)  細谷 佳正 (北條周作)  稲葉 菜月 (黒村晴美) 【ストーリー】 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてば...

映画「この世界の片隅に」

映画「この世界の片隅に」を鑑賞しました。

この世界の片隅に・・・・・評価額1800+円

どっこい、私は生きている。 「夕凪の街 桜の国」で知られる、こうの史代の名作コミックを、「マイマイ新子と千年の魔法」の片渕須直監督が、6年越しのプロジェクトとして長編アニメーション映画化。 戦時中の広島県呉市を舞台に、ある一家に嫁いだ少女の目を通した、市井の人々の戦時下の“日常”の物語だ。 同じ時代の広島を描いた「夕凪の街 桜の国」のアナザーストリーとも言える作品で、どこにでもある...

負の遺産。『この世界の片隅に 』

広島で育って呉に嫁いだ少女の物語。昭和の初めから戦争直後までを描いたアニメ映画です。

『この世界の片隅に』映画@見取り八段

監督: 片渕須直 キャスト: のん、細谷佳正、稲葉菜月、尾身美詞、小野大輔、潘めぐみ、岩井七世、牛山茂、新谷真弓、渋谷天外…

この世界の片隅に

さて、こちら評価が高かった映画で見てみたかった作品です 原作者は「夕凪の街 桜の国」は漫画を読んだことがあります こちらは原作未読で戦争ものぐらいの認識で見ました なるほどこういう作品だったんですね あらすじ 1944年広島。18歳のすずは、顔も見たことのない若者と結婚し、生まれ育った江波から20キロメートル離れた呉へとやって来る。それまで得意な絵を描いてばかりだった彼女は...

この世界の片隅に

今年、観るべき映画と言い切っても過言ではないっ!  

「この世界の片隅に」

すごく評判がいいようだけど…。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

フリーエリア